蛇果─hebiichigo─

是我有病。

| CALENDAR  ENTRY  COMMENT  CATEGORY
ARCHIVE  LINK  PROFILE  OTHERS  RECOMMEND
blanc et noir・vingt-troisiième──白雪公主。
一年三百六十五日オールタイム胡軍さんにウットリしている私ですが、ちょうど4年前のきょうも、こんな記事を書いて胡軍さんにウットリしていました。
この、もふもふしたお帽子を被ったスカーフェイスの胡軍さん。
単体でもなにがしか陰陽のくっきりとした物語を背負っているようで、眺めるたびにいやおうなしに由無し心を擽られてしまうお写真なのですがそいつをたとえばこんなふうに写真集『捉影刘烨』の、26歳の砌の劉さんのもふもふした女装写真とならべてみたりなどしますと由無し心は彌増に擽られるわけでございます。(クリックすると、おっきくなります)





先祖代々敵対してきたふたつの部族、黒もふ族と白もふ族。
しかし、突如出現した共通の敵(めっちゃ強いなんとか帝国的なやつ)に立ち向かうべく、両者は積年の確執を捨て、和解を図ることに。
そのしるしとして、黒もふ族の族長(胡軍さん)のもとに白もふ族の姫(劉さん)が嫁いでくる。
シベリアンハスキーとアラスカンマラミュートとサモエドのこいぬ20頭が「おれはやるぜおれはやるぜ」とばかりに意気軒昂に引く橇を操り、こいぬのありあまるやる気のせいでしばしば引き綱がからまって立ち往生したりもしつつ、雪原をやってくる白もふ族の姫。
じつは姫には、お誕生祝いの席に招かれなかったことを恨んだ魔女によって、日没から夜明けまでのあいだ柴犬のこいぬの姿に変えられてしまうという呪いがかけられていたのであった。
そんな事情は露程も知らず迎え撃つ(え)黒もふ族族長(既婚・大酒飲み)、その大胸筋の発達した胸に去来するものは──。
はたしてふたりは手に手を取って困難を乗り越え、敵(めっちゃ強いなんとか帝国的なやつ)を撃破し、戦の無い世を築くことができるのであろうか。
つ づ く。(梅雀の声で)



などという大河ファンタジー的なものがほのぼのと萌してしまったりもしました。

そしてこうしてならべてみますと、やっぱりこの白くてもふもふした劉さんはひじょうにうつくしい。
iPhoneを買ったばかりのとき、カメラアプリってのを弄るのが愉しくて、劉さんをデコりまくっていました
蜷川実花さん謹製の壁紙も綺麗だけど、これアナログでやってみたいな。
そんな野望をずっと抱いていましたが、17年年末から18年年始にかけてはお部屋の掃除も年跨ぎの仕事もわりあいするすると片付いてしまって奇蹟のように自由な時間ができたので、ようやく叶いました。以前、閻ちゃんこと閻孝国先生をデコデコさしていただいたことがありましたが、やっぱりこういうなんの稼ぎにもならぬことをちまちまやってんのがほんとにいちばん愉しいわ。とぞ思ふ。
御年賀代わりに、御笑覧くださいませ。(クリックすると、おっきくなります)







花も雪も 払へば清き袂かな。
ほんに昔のむかしのことよ。
わが待つ人もわれを待ちけむ。




今年もこんな調子でまいります。
よろしくお付き合いのほどを。

| 11:56 | blanc et noir | comments(4) | - |
Comment








ぶふっ!うわあ(笑)なんかすごいタイミングです私的に(笑)
今日いやすでに昨日たまたま見たEテレの…たしか地球ドラマチックとかいう番組だったかな?それで犬と人間のかかわり的なハナシをやってたんですがあ。

雪のなか、犬ぞりの場面がでてきて、「あ。白もふ姫の嫁入り」って、ソッコーで浮かぶのはレッドさんのおかげです(笑)
(番組で見た犬ぞりのわんこズ、たしかに「おれはやるぜおれはやるぜ」感満載でした・笑)

レッドさんから以前うかがった、黒もふ族族長にいさんと白もふ族の姫こいぬの大河ふぁんたじー(笑)が、記事になっておめにかかれるとはうれしゅうございます(感涙)
うむ。梅雀さんの声でナレーション聞こえますぞ〜!(笑)

そして。
おおおおお!美しい!デコデコされた白もふ姫♪
黒もふ族族長にいさん、ほれなおしまちがいなし(笑)
ぜひこの姫をただしくお姫さまだっこしてほしーです!!(笑)
…ってこれアナログで?(@_@;)
羽はもしかして描かれてます??綺麗〜♪
そして目元くちびるにほのかな紅〜♪
ぜひ今度、見せてくださ〜い♪
posted by カエル | 2018/01/07 3:06 AM |
>カエルさん

いぬぞりといえば脊髄反射で「おれはやるぜ」。
もふもふした北方そだちのこいぬだけで競うレース、ぜひ観たい!
黒もふvs白もふの物語(というほどできてない)はカエルさんからいただいたアイディアにもかなり触発されておりますが、やっぱりはずせない最愛の『レディホーク』。
ああいい映画だったなァ……。
『直虎』を経たいま、フィリップ(マシュー・ブロデリック)は菅田将暉に演らせたいです(笑)。

羽は手描きではなく、こちらの便箋を切り抜いて貼っています。丹頂鶴の羽をデザインしたものです。
http://www.midori-japan.co.jp/catalog/product/4902805858731
白もふ姫をデコりたいと思ってシールとかこつこつ集めていましたが、この便箋に出逢って一気に形になりました。
このほかにもミドリさんの「紙シリーズ」には美しい文様がいっぱいで、あれもこれも欲しくなります(高いけど)。
次回お逢いするときにはリアル姫を見てやってくださいまし。
posted by レッド | 2018/01/08 10:19 AM |
だいぶ遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

この年末年始は、親戚に囲まれて過ごしていたため、TV・DVDに触れることもできませんでした。

そのため、もっぱら読書を。

レッドさんに教えていただいた『キャロル』と『真夜中の相棒』読了しました。

『キャロル』は、正直かなり終盤になるまで、感情移入することができず、登場人物の全員にイライラしながら読むという状況で。アビーさんにも。
それが、ラストの場面まで読んで初めて読んで良かったなあと思えました。(笑)『藍宇』とは違う未来が見えそうな結末で。

で、『真夜中の結末』ですが、第三部の冒頭の「目が覚めたか白雪姫さん。」というセリフ。
ああ、このセリフを黒もふ様に言っていただきたいものです。と、私も想像してしまいます。
不安で孤独で不器用な男たちの物語を、このお二人が演じたらどのようなものになるか、ぞくぞくします。
posted by スノウ | 2018/01/08 1:23 PM |
>スノウさん

お運びありがとうございます。
こちらこそお返事がだいぶ遅くなってしまって恐縮ですが、今年もどうぞよろしくお付き合いくださいませ。

『キャロル』と『真夜中の相棒』、お読みいただいて嬉しいです。
『キャロル』は、ちょっと癖のあるお話かも知れません。人物もその関係性も、自分が読む前に想像していたものとはずいぶんちがっていました。私にとっても、全面的に、諸手を挙げてしんそこ共感いたします!というお話ではないです。『藍宇』に通ずる点は多々あれど、男性と男性、女性と女性とでは、立っている世界もそこから見える景色も異なる気がします。
しかしやはり「ひとりとひとりがふたりになる」ところから始まる物語というものが私は好きですし、ふたりがそのうちひとりになっても(「明日あなたが居なくなってもあたしは生きてくわ」)、そうした「ふたり」の行く末を見届けたい。そうした「ふたり」であれたことこそが自分にとって最上のハッピーエンディングである、ってことなのかなと思います。

『真夜中の相棒』第三部のマックのその科白、ご指摘いただいて改めて気づいて、びっくりしました。この記事のタイトルに「白雪姫」を持ってきたのは『真夜中の相棒』を意識してのことじゃ全然なかったのですが。いやしかし胡軍さんの声で再生してみますとなんかこうひじょうにテレますね(笑)。

>不安で孤独で不器用な男たちの物語を、このお二人が演じたらどのようなものになるか

胡軍さんが50歳、そしてリウイエさんも今年ついに不惑(!)を迎えることですし、その年齢になればこその「いろいろあった」ふたりというものを見せていただきたいなあと。
昨年東京フィルメックスで『氷の下』という黄渤さん主演の映画を観たのですが、中国東北部からロシアにかけての雪と氷ばかりの寒々しく殺伐とした世界のなかで、胡軍さんリウイエさんにノワールな道行させてみたい、と強く思いました。似合うでしょうねえ……。
posted by レッド | 2018/01/11 1:06 AM |
<< NEW | TOP | OLD>>