蛇果─hebiichigo─

是我有病。

| CALENDAR  ENTRY  COMMENT  CATEGORY
ARCHIVE  LINK  PROFILE  OTHERS  RECOMMEND
上海王征服了二都。
胡軍さん主演の『上海王』が金鹤奖2部門にノミネート(最佳导演:胡雪樺、最具潜力演员:李夢)されているのをみて、これは「2017東京/沖縄・中国映画週間」で上映される可能性が高いのではないか、と思っていました。
9月26日に上映決定のお知らせをいただいて随喜の涙を流し喜びの舞を舞いつつも、しかしなんで原題の『上海王』じゃあなくって『上海キング』というカップやきそばみたいな邦題で公開されることになったのだろうか、という件についてずっと考えてきました。
神奈川県横須賀市に「上海王」という名前の中華料理店が存在しています。念のため特許情報プラットフォーム「商標を探す」で検索してみましたが、「上海王」という名称は商標登録されていませんから、そういう権利問題がひっかかったわけでも無いようだ。胡軍さん主演映画なのか横須賀の中華料理店なのか、検索したひとが混乱するから原題はやめときましょう、ということなのでしょうか。
そんなとこで躓いていても埒があかないので『上海キング』という呼称も(しぶしぶ)使っていますが、私のなかではやはり本作の表題は『上海王』。
そして胡軍さんこそが、正しくその表題を体現する上海王そのひと、なのであります。

「2017東京/沖縄・中国映画週間」で上映決定のお知らせをいただいた二日後。
京都ヒストリカ国際映画祭でも『上海王』が上映されることを知りました。
盆と正月です。
2009年にこのブログを始めて最初に映画祭というもので観た胡軍さんの作品がTIFF2009の『カンフー・サイボーグ/机器侠』、次が2010年東京中国映画週間での『ボディガード&アサシンズ』(日本公開時に『孫文の義士団』と改題)でした。
『上海王』は以来七年ぶりの、私がセミだったら生まれて羽化して死んでいるぐらいぶりの、「映画祭で逢う胡軍さん」だったりもします。七年待たせてくれやがったあげく、いきなり東京と京都で上映という大盤振る舞い。同じ年の十月に三度も胡軍さんとランデブーできちゃうという緊急事態。おめでたいありがたい。ブログ開設八年、しぶとくこつこつ極東の極北から胡軍さんへのらぶーを叫んできた自分への、これは褒美ではなかろうかという気もします。
むろんのこと、二都すべての上映日に上海王に逢いにゆきますよ!

日本公開記念に、スチルと海報まとめ。(クリックすると、おっきくなります)






【開催概要】

●2017東京/沖縄・中国映画週間

会期:2017年10月20日(金)〜26日(木)

『上海キング/Lord of Shanghai』
10月20日 (金) 12時15分開映
10月24日 (火) 18時10分開映
会場:TOHOシネマズ シャンテ スクリーン1


10月24日は上映後、舞台挨拶あり。
ゲスト:胡雪樺(シャーウッド・フー)監督、李夢(リー・モン)

チケットはこちらの上映スケジュールより購入できます。舞台挨拶のある24日は残席半分とのことですが20日はまだまだ余裕あり! ていうか売れてナイ!(号泣


●京都ヒストリカ国際映画祭
会期:2017年10月28日(土)〜11月5日(日)

『上海キング/Lord of Shanghai』
10月31日(火)18時30分開映
会場:京都文化博物館 フィルムシアター


上映後、舞台挨拶あり。
ゲスト:胡雪樺(シャーウッド・フー)監督

整理番号付きチケットはチケットぴあから購入できます。こっちもまだまだ余裕あり! ていうか売れてナ(ry





【『上海王』関連記事まとめ】
驍驍牡馬。(2014.03.18)
不分明的側面。(2015.06.16)
玫瑰花的甜蜜的日子。(2016.06.20)
提名。(2016.12.05)
獲奨。(2016.12.16)
三一八今天是您的生日。(2017.03.18)
| 09:26 | 電影瑣聞。 | comments(6) | - |
Comment








「お・や・ぶ・ん」(笑)
まさかの「Load」→「おやぶん」さんでした(笑)
いや、もうほんとお色気ボンバー(byレッドさん・笑)にも程があります胡軍さん@チャン親分(笑)
こういうにいさんが観たかった〜〜!!です(むせび泣き)

>胡軍さんこそが、正しくその表題を体現する上海王そのひと、なのであります
…ほんとうに。
胡軍さんのもつ雰囲気が『王』以外のなにものでもないですよね。あの男振り。あの色気。
もーお願いですからふだんからこの姿で歩いてて下さい胡軍さん!!(笑)

・手に咬みついた月桂を「うん?」て上目遣いで見るにいさんがあ〜
・月桂の肩を抱いて豪快にわらったにいさんがあああ〜
・救出された月桂を両手を広げて抱きしめるにいさんがあああああ〜
…って書きだしてたらきりがないですが(笑)ほんとたまりません〜〜

思ってた以上に映画として面白かったし(カントクすびばせん…)一般上映していただけないものでしょーかねーー(涙)
一般上映してくれたら、こちとら映画館のひとに顔を覚えられるくらい通う準備はとうにできていますのよ?!(爆・笑)
せめて日本版ブルーレイかDVDををを…!!!!お願いしますううう!!(号泣)

カントクさんと李夢ちゃんの舞台挨拶。
ほんと、カントクさんが胡軍さんを起用した理由とか、杯の儀式?のこととか聞いてみたかったですねーーーーあのぢいさまのせいでーーーーっ!(涙)
というか、カントクさんがアツく語りすぎというか(笑)。

ところで。
あの大胸筋番長の分厚い胸板(笑)なんですもの、あんなへなちょこ弾丸ごとき弾きとばせそうですよね?(笑)

そして。
「親分!てえへんだ!てえへんだああああ!!」つって、豆助@リウイエさんが息せき切って駆け込んできて
「おぅ、まめ公、おめえの"てえへんだ”はてえへんだったためしがねえ」親分@胡軍さんのストーリーがぐるぐるしてますどおしましょう…
posted by カエル | 2017/10/29 3:48 AM |
>カエルさん

お返事が遅くなっちゃってあいすみません。

先日お話ししたように、京都でも監督は「上映前舞台挨拶」どころかひとりティーチインと言ってもよいくらい、20分にわたってそりゃあアツく語っておられました(笑)。
でも、監督ご自身の言葉で映画を語ってもらえる機会なんてこういう映画祭で取り上げられない限り日本では望めないので、東京に続き、貴重な経験だったと思います。

しかし今後の一般公開&日本版DVDリリースは、本作の場合はまず無いのでは、という気がします。スタッフ・キャストともに日本では知名度が低いもしくはほぼ無い=興収は望めないってことですし、ましてや二部作という変則的な形となりますと、普通のハコでは扱いが難しいでしょう。
自分が私費投じて好きな映画しか上映しないミニシアター持てるんだったら買うんだけどなあ。それは宝くじでも当たらぬ限りまず無理なお話でございますし。
ですが東京二回、京都一回、上海王との三度の逢瀬を持てて、つまり「裏を返して馴染みになった」ということだと勝手に思っておりますので、たいそう幸せでございます(笑)。

とりいそぎ、ネットではこちらでご覧になれますよ。簡体字幕付きなのでありがたい。
https://v.qq.com/x/cover/w8hd7wa4ayvw71z/y0023pmg2s3.html

「サンヤァ」って聞こえてたのは、「常爺」のたぶん上海語発音なんですね。

で、DVDもしくはブルーレイは出ていないものの、この際なんでもいいからブツがほしいなと思って検索していたところ、虹影さんによる原作小説のほかに、監督編集の電影メイキングブック的なものが出てるじゃありませんか昨年の3月にすでに。ぜんぜん知らなんだ(盆暗)。即刻お取り寄せをお願いしてみました。スチルもたくさん収録されているようなので、到着が楽しみです。
posted by レッド | 2017/11/06 9:00 PM |
はじめまして。
ごく最近、すごっく遅れて『藍宇』に巡り遭った者です。
この映画の存在は、以前より知っていたものの、同性愛を描いた、天安門事件を背景とした・・・云々ということから避けていた映画でした。

YouTubeでたまたま、『藍宇』を見つけ、面白半分に中国語字幕を頼りに眺めていたら、嵌ってしまいました。
それから、『藍宇』についてネットを徘徊してこちらにたどり着きました。

もう十年早くこの映画を知っていたらと悔やまれますが、中古しかDVDを手に入れることができないので、中古のDVDの到着を待っているところです。

そして、こちらのブログも初めから読ませていただいています。今、2011年12月まで来ました。
あの頃、自分が何をしていたか振り返りながら読むのも楽しいものです。

今週末は寒さが厳しくなるようです。レッド様、ご自愛くださいませ。


posted by スノウ | 2017/11/16 9:28 AM |
>スノウさん

いらっしゃいませ、はじめまして!
こんな辺境までお運びいただき、どうもありがとうございます。
どえらい長文ばかりなのに最初から記事をお読みくださっているとのこと、感謝に堪えません。

私が好きな言葉に「映画は待ってくれる」というものがあります。
芝山幹郎さんの著書のタイトルですが、『藍宇』を観たときにこの言葉が浮かびました。

「私が見るのを、私が感じるのを、私が読むのを、映画は待ってくれるのだ。こちらとしては、その厚意に言葉で報いるしかない」

と、芝山さんはあとがきで書いていらっしゃいます。まったく同じことを『藍宇』に対して感じ、なんとか言葉で報いたいとこのブログを作りました。
私も09年という、日本で『藍宇』をめぐるムーヴメントが起きたときからずいぶんあとになってこの映画を知った者で、リアルタイムで出逢っていたら……と悔やまないこともありません。しかし、映画と出逢うのに「遅い」ということはないのだ、その映画と出逢う準備が整ったときに出逢う、そういうしくみになっているのだと、『藍宇』についてはとりわけそんなふうに感じます。

『藍宇』DVD。版元さんでも恐らく廃盤で、再版の予定は無いのだろうと思うと残念でなりません。中古も一時期はとんでも無い高価格で出ていましたが、昨今は私が購入した頃(09年)と同じくらいまで下がっているようです。
収録されているメイキング『藍色宇宙』も本編と双璧を為す素晴らしさです。
これからの季節、特に冬至から新年にかけては『藍宇』にとても似合う季節かと思います。再会の夜、ふたりの上に降っていた雪を思いながら観るのも一興かと。
ご堪能くださいませ。
posted by レッド | 2017/11/17 9:46 AM |
急に寒くなって参りましたが、お元気にお過ごしでしょうか。
私は、寒さに震えて、降る雪を眺めながら『藍宇』のDVDを見続けています。
何度も見ているうちに、気になる人物が。

こちらでは、以前部下のリウさんが気になると書かれていたように思いますが、私はターニンさん!(妹の旦那)
「老婆心だが引き際を云々。」のセリフですが、最初は事業についての忠告だけかと思っていたけど、実は藍宇のような青年との交際についても、言いたかったのかも。学生たちへの制圧についてわざわざ警告しに来たときも、たばこの火を貰うとき、ハントンの手をさりげなく触っているし。

ターニンさん、よく見ると中々長身で若いころは筋肉ももっとあってマッチョなお方だったはず。ハントンとの出会いは妻となる妹より早い時期だったのではと妄想いたします。

私も幸せ者になってしまったようです。

また、ぜひ『藍宇』についての記事もお願いします。お待ちしております。




posted by スノウ | 2017/12/13 9:27 AM |
>スノウさん

急ぎ仕事などでばたばたしていてお返事遅くなってしまい、すみません。
こちら横浜ではまだ雪の気配もありませんが、冬至が近づくにつれ、着実に寒さが増しています。

大寧を演じた張永寧さんは『藍宇』のプロデューサーでもあり、キャスティングが難航していたとき、いっそ自分が捍東を演じようかとも思ったそうです。
結果的に胡軍さんに決まってほんとによかったなあと思いますが(笑)、張永寧さんもゲイである、という話を聞いた記憶があります。
天安門事件の日、捍東のオフィスでのふたりのやり取りに感じる馴れ合いめいた空気は、そういうところからも来ているのかなという気がします。

ただ、劉征のふるまいにはひじょうにたくらみめいたものを感じるのですが、大寧にはそれがあまり感じられません。
劉征にしろ大寧にしろ、映画では描かれていないけれども、捍東と浅からぬ因縁があるのはまちがいないと思います。
捍東への対し方に、彼らそれぞれの捍東への「思い」の違いがあらわれているような気がします。

昨年の2月に『藍宇』と『キャロル』の相似についての記事を書いたのですが。
『キャロル』には、キャロルの親友であり、かつて彼女と性的な関係にあったアビーという女性が登場します。『藍宇』でいうなら劉征であり大寧であるような人物。それがアビーです。
パトリシア・ハイスミスの原作“The Price of Salt”は1952年に出版されたもので、『北京故事』の作者はこれを読んで、その上で『北京故事』を書いたのじゃないかしらと勘繰りたくなるくらい、陳捍東・藍宇・劉征/大寧の関係は、キャロル・テレーズ・アビーのそれと重なります。
でも、それもこうした物語の普遍というものなのかも知れませんね。
posted by レッド | 2017/12/16 10:21 PM |
<< NEW | TOP | OLD>>