蛇果─hebiichigo─

是我有病。

| CALENDAR  ENTRY  COMMENT  CATEGORY
ARCHIVE  LINK  PROFILE  OTHERS  RECOMMEND
月待者。──『藍宇』其の是拾鹿
先月のことになりますが、レコードチャイナにこんな記事が載っていました。

衝撃的だったゲイ映画「藍宇 〜情熱の嵐〜」が公開15周年、プロデューサーが語る裏話


「香港で『藍宇』が公開された日、『藍宇』というレジェンドがはじまったその日が、2001年11月22日」
ということは一昨年のきょう、書きました。
2016年11月22日を以て、まる15年が経過したということなのです。





2016年の冬至は昨日、12月21日だったのですが、上記のような事情で敢えてきょう、「22日」に記事を書いております。柚子湯につかって『北京故事』を読んで、

新居で最初に愛し合った場所は浴室だ。

というとこらへんでほんのりするという09年12月22日以来の恒例行事は無論昨夜敢行致しました。


周年はどうして「五」の倍数で表していくのだろう。
きりの良い数字だからと言うけれど、じゃあなんできりの良い数字を考えるときに「五」が出てくるのだろう。

という疑問を抱えて徜徉していたところ、日本が十進法を採用しているため、十の半分の五も一定の区切りと捉えられること、さらに人間の手の指が5本であること(無論、すべての人がそう、というわけではありません)から数を数える基本の単位が「五」なのである、ということが回答として挙げられていました。
ローマ数字においても「五」(V)が基本的計数単位であり、それもやはり、手の形からきているということです。
拙ブログでも5周年のときには「五黄」について書いたりしましたが、中国においては「五」はやはり「五行」との関係が深いようです。
また、「三」が生、「五」が死をあらわし、三五をかけた「十五」は月が盈ちて闕ける時間=15日に為るのである、とも。


マジカル。
2001年に生まれた『藍宇』という月は、今年で望(満月)を迎えたということにもなるわけです。
この15年でなにがしか、盈つることがあった。
だからこそ『藍宇』主演俳優のおふたりは、揃って今年、ふたたび影帝になった。
そういうことじゃないかなあ、なんて思っています。
「月満つれば則ち虧く」が理ならば、これより15年をかけて朔(新月)へと向かうことになりますが、まさに冬至というものが太陽にとってそうであるように、それは再生のために通過する死。無明というものには屹度意味がある筈、と考えます。


『藍宇』という月相。
その変化が照らすかれらの変化。
そして私たちの変化。
みつめるためにまた、漕ぎ出します。


ファイル 2016-12-22 8 45 25.jpg


●茫茫人海。──『藍宇』其の拾九
●待宵。──『藍宇』其の燦拾壱
●ひらく夢などあるじゃなし。──『藍宇』其の燦拾互
●聖馬利亜。──『藍宇』其の燦拾穹
●夢の曲。──『藍宇』其の是拾澯


| 09:39 | 藍迷。 | comments(2) | - |
Comment








そか、胡軍さんリウイエさんのおふたりさんは、藍宇15周年の今年にそろって影帝さんになったのですねえ…しみぢみ…

来年あたり、影帝どうしでいっしょに映画に出てくださってもよろしくてよ?!(号泣)

それにしても。
>『藍宇』という月
…っていいなあ(笑)。
posted by カエル | 2016/12/24 2:57 AM |
>カエルさん

聖誕節快楽!
今年最後となる12月14日の満月は、愛媛県松山市の、道後のあたりで眺めました。
額田王の歌「熟田津に船乗りせむと月待てば潮もかなひぬ今は漕ぎ出でな」に詠まれた熟田津があったと言われているところで、ちょっと不思議な縁を感じました。
ちなみに「月待者(つきまてば)」は道後の蔵元さんで出しているお酒の名前になっていたりもします(笑)。

「十五」という区切りの数字だけ考えれば、盈ちたなあ、というかんじですが、生生は常に流転してゆくものだから、『藍宇』という作品にも主演のおふたりにも、これからもいろんなことが待っているのでしょうね。
posted by レッド | 2016/12/25 9:15 AM |
<< NEW | TOP | OLD>>