蛇果─hebiichigo─

是我有病。

| CALENDAR  ENTRY  COMMENT  CATEGORY
ARCHIVE  LINK  PROFILE  OTHERS  RECOMMEND
玫瑰花的甜蜜的日子。
一位好的演员会释放一种特别的存在感,
即使没有台词也一样有张力,
刘烨做到了!



6月11日に開幕した第19回上海国際映画祭が、昨日19日を以て閉幕しました。
曹保平監督、劉主演の『追凶者也』がコンペティションに出品され、劉さんが最優秀男優賞を受賞しました。


704_1946548_446094.jpg704_1946549_759936.jpg704_1946550_862318.jpg


2001年に『藍宇』で金馬奨。
2004年に『美人草』で金鶏奨。
それぞれ最優秀男優賞を獲り、劉さんは若くして「影帝」と呼ばれました。今回はそこから12年を隔てての受賞。2009年に私が彼を知ってからこっち、こうした大きな映画祭での受賞ははじめてのことです。

大きな映画祭に於いて華々しく賞レースを競うことがすなわち役者にとっての究極の目標、では勿論ありません。
ですが、「自分が成した仕事について第三者から公に認められる」というひとつのくっきりとした実績によって、すごく大きな手応えと自信を得ることができるというのは、間違い無いことだと思います。
たいそう頭がよくて勁くてあかるいやつだし、だからきっとあんまし泣き言とか言わないんでしょうけど、23歳で背負わされてしまった「影帝」という称号は、彼にとって、それはそれは重たいものだったのだろうと思います。映画賞なんて輝かしいものであればあるだけ影も濃くなるわけで、称号の重さに負けてだめになるひとも、重さを笠に着たあげくにだめになるひとも、いるでしょう。

華やかな賞とは縁遠かったこの12年。
しかし彼はだめになることがありませんでした。
作品の質はどうあれひとつひとつの仕事を手堅くきっちりこなし、結婚し、家庭を持ち、まだまだこいぬながらも(笑)ふたりの子どものおとうさんだって一生懸命やってきました。
2009年からこっち、私はそういう彼をずっと見ていました。
だからいま、ものすごく嬉しいです。
私はこの受賞をまっすぐに喜んでいいし、だれ憚ること無く喜べるだけの時間を彼とのあいだに積み重ねてきた、それを誇りに思っていいんだ、と思います。


もうひとつ嬉しいこと。
劉さんが男優賞を受賞した映画祭の閉幕作品が、胡軍さん主演の『上海王』だったということ。

『上海王』という映画があって胡軍さんと余男さんが主演しているらしい、ということは2年前に知りました。しかし2年経っても一向に公開される兆しが無く、これはもうお蔵入りってやつなのかしらとほとんど絶望してめそめそしていたものでした。劉さん主演作がコンペに出された映画祭のクロージングに胡軍さん主演作を持ってくるという粋な企みが水面下でひたひたと進行していようなどとは知る由も無いわしでした。ここに及んで漸く海報と、スチルもいくつかでました。



104529.83369143-2.jpg131143.42906070-2.jpg


常力雄(胡軍さん)入浴海報の下半分あたりがなにやらびみょうにあやういことになっていやしまいかと、はらはらドキドキです。胸から腹にかけて施された刺青は龍と鳳凰ですね。なにかと穿ち甲斐のある意匠だ。どうもありがとうございますです。


そして本日夕刻には、ぬけぬけと微博でラブメッセージを交わしやがっていたおふたりでした。


スクリーンショット 2016-06-20 17.55.43.jpg


昨年のいま時分は『爸爸去哪儿』第三季まつり開幕シーズンで、6月16日には西双版納(シーサンパンナ)空港でおふたりのあいだに虹が架かったりなどしていたわけですが。



スクリーンショット 2016-06-16 13.37.03.jpg


アイスブレイクして一年経っても、つづいていく運命でした。
一年経てば一年ごとに、嬉しいことがあったりして。
そして手を振った君はなんか、大人になってしまうのねえ。
さようならずっと好きです。
明日は明日の風の中を飛んでください。
手を携えて。

| 23:38 | blanc et noir | comments(4) | - |
Comment








胡のつくあんつぁま(まだ言ってるw)の下半身!
思わず凝視しましたとも、ええ、じっくりと!(笑)
なんか、もう1匹獣がいそうな風に見えます(爆)

そんで、アニキが「また、帰ってきたら、1杯でもやろうぜ」言ってるのに、
ニコちゃん絵文字だけで返すんですね!?
それだけで十分伝わると!?
何も言わずともアニキには通じてる(笑)

あ!「明日はあ〜したの風のなかを〜飛ぼうと決^めた〜♪」んですか、レッドさんが!?(違)
「手を振ったきみーがなんか大人になってしまうんだ〜♪さよなら〜ずっと好き」は続くんですよね、彼らは!←未来永劫にw
posted by パブロ・あいまーる | 2016/06/21 12:53 AM |
>パブロ・あいまーるさん

画像をギリギリ拡大してみたのだが(するな)下半分がいかがなことになっているかはちょっとわかりませんでした。
映画ではぜんぶみせていただけるのかな……。

この絵文字、GIFアイコンで動いてるとめっちゃかわいいんで、スクショではリウイエさんのおにいさまへのラブがあんまり伝わらなくて残念なんですが。
去年の8月に諾一が体調崩してしまって、胡軍さんからやさしく励ましてもらったときはうるうるアイコンを使ってかわいこぶりをアピールしていましたよ。

本記事はタイトルも「バラ色の日々」からかっぱらっておりますが。
“バラ色”と“プライマル。”ばっかリピートしながら泣きながら書いてました。
手を携えて風の中を飛ぶ=三度目の共演を、アツくお待ち申し上げております。イエロー・モンキーだって再結成したんだからね!!
posted by レッド | 2016/06/21 10:01 AM |
ものすごく出遅れましてすびばせん〜!!!(滝汗)
あらためましてリウイエさん、影帝おめでとうございます♪

>ひとつひとつの仕事を手堅くきっちりこなし
とか
>一生懸命やってきました
という言葉がリウイエさんを表わすのにとってもしっくりくるなあと思いました(^^)

そして、受賞の言葉(“ば”に載せてくだった方がおりました〜♪大感謝です)で、嫁ちゃんとおかーさんに
『常に私をとても心地良い落ち着いている状態にさせて、私の仕事と生活にとても良いバランスを保てて、私にとても良い心理状態を維持させてくれます』的な感謝を述べておられますね♪

2、3年くらい前だったでしょうか。
レッドさんのところでご紹介してくださった、リウイエさん特集動画。(内容はご本人のインタビューや番組司会者のナレーションが混在でした)
とちうで力尽きた(苦笑)カエル訳メモがありまして、それ読みかえしてみました〜(カエル訳なんでほぼ(涙)あてになりませんが・汗)
それ読むと、いかに金馬賞最年少影帝というものが重かったか。

受賞後の大騒ぎが治まってきた頃、リウイエさんは不安になったそうで(存在を忘れられてしまうのではないかというような意味だと思われます)
『一刻も休まず進む』ように働くことで自分の心を安定させていたとか。ご本人いわく'07年くらいからようやく安定してきたそーで…(-_-;)'07年て…
…にしても。一番すごいとき('03年)で、5本の映画を撮り4本のテレビドラマに出演した…って!(滝汗)

でも、それで心の安定は得られたけど…今度は'04年頃から重度の不眠症…(涙)
『まともな休息を維持し自分を助けるためには睡眠薬とアルコールに頼るほかなかった』なんて、ひとつまちがえば…考えるだけでおそろしい…(;_;)←でもこのあたり訳してるとき、なんでにいさんに頼らん?!(涙)ってツッコミいれてましたが(こらこら)

リウイエさんが、嫁ちゃん(とおかーさん)が常に自分を心安らぐ状態にしてくれることをほんとうにありがたく思っているのだなあと思いました。
ほんとに誠実なひとなんだなあ♪リウイエさん♪
受賞後におうちに帰ってきたら、嫁ちゃん、諾一くん、にーなちゃんから祝福されとってほんとシアワセ〜♪な様子がうれしいですぅ(>▽<)

で。
あちらの迷の方が
リウイエさん、胡軍さんと絡んだ(え・笑)年や翌年に大きな賞をもらってますね♪的なことを、微博だったか“ば”だったかで書かれていたのを見かけました(笑)。
『藍宇』はいうまでもなく、
『画魂』が2003年→2004年の金鶏賞
『ぱぱどこ3』が2015年→2016年の金爵賞
…おお(笑)確かに。


軍《ば》でこれまた迷の方が、にいさんの『酒呑みうんぬん』てのは、あれは金爵賞のトロフィー(爵)で酒飲もうぜっていう意味なんぢゃないか的なことを(たぶん)書かれていたみたいです(笑)。
そんなら!
コメントに込められたほんとうの意味は…
『おまえの酌(爵)で酒が呑みたい…』
なのかーーーっっっっ!!(大爆)
…ってそれ日本語のシャレだし(笑)
どうもすみません。そんなしょーもないことを考え、にやにやしてしまうラブメッセージでございます…(笑)

でー!!!!
し ゃ ん は い お ぉ お ぉ おーーーーー!!!
思わずひらがなになってしまいました(笑)
ていうか、最初にこの海報観たのは会社の昼休み、麺を食しながらふん♪ふん♪と観ていたらばこれですもの(笑)。
あやうく麺を噴き出し机の上とPCがあわや大惨事になるとこでした(滝汗)あぶなかった…。
この海報にいさん、なんか…短パン穿いてるように見えてしょーがないんですが(笑)
…ていうか刺青は背中ぢゃないのね…あのひろーい背中のほうが刺青しがい?がありそうなんだけど…ってまさかおフランス在住こいぬ刺青師が!!ってそんなわきゃないんだが(笑)
…そんなわきゃないんだが(笑)辮髪にいさんに眼光するどく見据えられながら、しっぽが足のあいだにはさまってるこいぬ刺青師…
…と、一瞬にして頭にうかぶばかものですみません…(笑)

て、こんなにバカ文垂れ流しで申し訳ございません〜m(_ _;)m
posted by カエル | 2016/06/26 12:40 AM |
>カエルさん

名古屋から帰参つかまつりましたー。
おいしいものを食べて大好きな音楽を聴いてふたたびの伊勢参り。きょうから仕事てんこ盛りですが、リフレッシュさせていただきましたー。

なんであれ、あんまり若い頃に高い評価をもらってしまうと、そのあとの人生がきついだろうなあという気がします。
若い頃に高い評価をもらった直後に夭折とかならば「伝説」になりますが、その後も役者として生きてゆかなければならず、そして役者自身がどんなに努力し、素晴らしい仕事をしたところで、脚本や監督がだめだったら全体として残念な結果になってしまう。興収や授賞といったわかりやすい形でのリターンも得られない。そんな中で「影帝」という栄光だけがずっとついてまわる。

リウイエさんは不眠症で酒に走ったけど、それも相当しんどかったろうと思いますが、たとえば悪いお薬に手を出してしまったり、犯罪行為に手を染めてしまったり、といった形で跳ね返ってくる人もいるでしょう。陰陽は拮抗しつつバランスをとるので、光の力が強ければそのぶん、闇へ揺り戻す作用もでかくなる。
いろんな意味で本人自身が強くなければ、真の意味で才能豊かでなければ、そして己自身に恃むところが無ければ、やってられない仕事だろうなと思います。

ナイーヴがある意味「売り」であり、それで評価もされ持て囃されもした20代を過ぎて、役柄的に幅が出てくるいっぽうで役者としては難しい時代が30代、という気がします。『美人草』の26歳からの12年のあいだ、彼自身も試行錯誤と模索を続けていたことでしょうね。『天堂口』『コネクテッド』での悪役への挑戦もそうでしょうし、でも俯瞰してみて自分的にいちばんエポックって気がするのはやっぱり『硬漢』と『王的盛宴』で、賞を獲るってんならこのどっちかで獲ってほしかった。老三と劉邦が評価を得られなかったのは非常にくちおしいことでした(『王的盛宴』ではノミネートはされたけど)。

以前お会いしたときにも話したけど『追凶者也』は最近作のなかでは詳細もわからぬうちからむやみと期待していた作品で、それで受賞というのは自分の野性の勘を褒めてやりたいきもちがします(笑)。嘗て影帝と呼ばれた藍宇や劉思蒙からはものすごい飛距離のある役柄のようですが、いろいろあった12年を経た、38歳の彼のリアルな着地点を早く観たくてたまりません。

早く観たくてたまりませんといえば『上海王』もですが。
微博でフォローいただいてる例のファンミのスタッフやってた方が下半分だけ露出をあげた画像をアップしていて→http://img-cdn.jg.jugem.jp/77a/1412326/20160630_2043389.jpg
やらかすやつはどこにでもいることよなあ、とおもいました(笑)。
(でもコメントで「下品!」と怒られていました)
posted by レッド | 2016/06/30 12:42 PM |
<< NEW | TOP | OLD>>