蛇果─hebiichigo─

是我有病。

| CALENDAR  ENTRY  COMMENT  CATEGORY
ARCHIVE  LINK  PROFILE  OTHERS  RECOMMEND
羅杰。
芳紀二十三歳の砌に胡軍さんが主演なすった『ゴドーを待ちながら』の舞台について先日書きました
『ゴドー』の2年のちに出演された、同じく孟京輝氏演出によるジャン・ジュネ『バルコン(阳台)』。
2年まえに微博で分けていただいたお写真から(詳細はこちら→)、当時の舞台の映像が何処かに残っているらしいとは思っていましたが、見つけることができずにいました。
それがついこの3月25日にビリ動に上がっていたのを教えていただき。


【胡军】1993年孟京辉话剧【阳台】片段





たった12分強ではありますが、芳紀二十五歳の砌のはしたない大胸筋を堪能させていただきました。

『バルコン』は、岩波文庫にある言葉を借りれば「権力と幻想の表象ゲームが、『幻想館』の客と娼婦の性的演戯に変換され、革命を挫折させる」物語。叛乱軍が暴動を起こし、銃声響き渡る不穏な空気のなか、とある娼館で、さまざまな役柄に扮した客と娼婦のコスプレごっこが展開されていきます。
胡軍さんが演じたのは、水道工事屋でアンドロメダ地区の委員会(叛乱軍側)の男「ロジェ(羅杰)」。惚れた娼婦シャンタルを娼館から足抜けさせたものの、革命のアイコンとしてシャンタルを王宮のバルコンに立たせて歌わせようと考える叛乱軍に、「道路工事の女百人と引き換えに」彼女を引き渡してしまう。ダイアローグのはしばしから想像するに、上の映像はその場面を描く第6景のもののようです。
そしてこれよりも随分と短くなりますが、別の場面の映像もありました。


阳台片断





「軍臨天下・内部資料」(「軍臨天下」というのは胡軍さんのファンサイト的なもの)などとものものしく謳っているとこをみますと、もしかしてこれ外に出してはいけなかった映像なのかしら。たしかに、男どもによってたかってお洋服を脱がされて、白のデカパンいっちょうで“リパブリック讃歌”を朗々とおうたいになる胡軍さんは、あんまりおおっぴらに御開帳したくないかんじもします。『ゴドー』のときにつづいてここでもあしもとはおぼこい白ソックス。白ソックスに白デカパン、そんな居た堪れ無い衣装を裏切って何処までも如何わしい芳紀二十五歳の砌の肉体。
ちなみに『バルコン』終幕において、ロジェは自らの手で自らを去勢します。そうした場面がこの先に待っているのだとおもふと、金に糸目はつけねえから完整版を観てみたいというきもちにも、なろうというものじゃ無いですか。



スクリーンショット 2016-03-28 19.37.14.jpg


『バルコン』というお話は「演ずること」「役者であること」がテーマにもなっていて、ずきずきするような台詞が彼方此方に鏤められています。ご興味おありの向きはぜひ、お読みになってみてください。
個人的に胡軍さんの声で聞いて耳の穴を濡らしてなにかとちがう作品のふたりなんかに思い馳せてみたいロジェの台詞を、以下ちょっとだけ抜き書き。



愛しているよ、君の体、君の髪の毛、君の乳房、君の腹、腸(はらわた)も、体液も、君の匂いも、君のすべてを。
君は俺のものだ。


俺はシャンタルを引き離したのだ──引き離したのだ、墓穴から。ところがもう俺から逃げ出し、天に昇ろうという


お前を盗み出したのはな、一角獣や双頭の鷲にするためじゃなかった。
一角獣とじゃ、セックスはできないだろうが?


もう一分だけ。愛してる。俺の命より大事だ。まだ、夜は明けちゃいない。
俺には我慢できない、君なしでいることが。


君の優しさ、君の情愛はあまりにも強く、君を学校の授業のように厳しく、飢えのように辛く、氷の塊のように不屈のものにしている。
君は俺を包み込み、俺は君を体のなかに抱いている。


俺は、俺の選んだ役を、その運命のぎりぎりの突端まで、導く権利があるはずだ……いや、この俺の運命をだ……やつの運命と俺の運命とを、一つに合体させる権利が




【参考】
女中たち/バルコン
ジャン・ジュネ作 渡辺守章訳(岩波文庫刊)


41EmEKVTQsL._SL500_AA300_.jpg


| 12:42 | Hu Jun(胡軍/フー・ジュン) | comments(2) | - |
Comment








ひゃー!
大胸筋番長(笑)ご覧になりましたか(笑)!
私も翌日もっかい観たら、今度はスムーズに拝めました♪
やはり言霊さまはいらっしゃるのでせうか♪ビリ動に上げてくださったお方に大感謝です♪

…いやあ…あれはやっぱり犯罪の域ですよね(笑)。
若き日の胡軍さん(髪型も相まって・笑)まるでしなやかな若い牡の獅子のよう♪(今は堂々たる貫禄の獅子の王♪…ときどき腹出してごろんごろんしてそうですが←当然、そばにでかいこいぬがヘソ天ですぴすぴ寝てます・笑)
あ、載せてくださった胡軍さんのお写真。
額の、ほつれ髪かと思ってたのはメイクだったんですね(汗)。血のような赤とともに。ああなんてすてきんぐ(うっとり)。

で!
ええええ!!別の場面の動画ーーー!!
ご紹介ありがとうございますーーー!!
きゃー!!男どもに…よってたかって…脱がされるって!!
…で、白ソックスに…白デカパン…て(汗)。
これがまんがいち、白ソックスに白ブリだった日ひゃあ!!(笑・こらこらこらっ!)

>ちなみに『バルコン』終幕において、ロジェは自らの手で自らを去勢します。
…えええええええーっ!!なんですってえええええっ!!
そりゃもうぜひ完整版観たいですよっ!!なぜにこれがDVD化されとらんのでしょう…いや、DVD化なんてぜいたくは申しません。ど、動画…完整版の動画はないんでせうか…(涙)。

うわあ…(ごっくん)
抜き書きしてくださったロジェの台詞…
……うふふふ腐(笑)これは…たしかに、ちがう作品のふたりに思いをはせてみたくなります…
posted by カエル | 2016/03/31 1:25 AM |
>カエルさん

タレコミどうもありがとうございました!
私が検索したときは見つからなかったのですが、ほんとについ最近アップされたんですね。
この動画の存在は、迷の間では昔から有名だったのかも知れませんね。

ジュネの戯曲ではロジェが出てくるのは第6景と第9景のみで、お芝居全体からみるとごく僅かなのです。だからもし完整版があったとして、一度は通して観たとしても、そのあとは胡軍さんが出るとこ以外はガンガン早送りで観るということになりそうです(『金鶏』みたいに)。
逆にいえばごく僅かしか登場しないロジェという人物に敢えてキャスティングされるあたりが、『藍宇』同様、演出家に愛されている役者なんだなあという気がします(笑)。

前にも書いたけどロジェそのひとは「四十がらみの、ずんぐりした」男というふうに描写されています。
でも『バルコン』のテーマである「演じる」「めかす」ということを思うと、そういう中年男が板に乗れば芳紀二十五歳のセクシーダイナマイツとして在るということ、つまりロジェが胡軍さんというゴージャスな役者の姿を借りて観客の前にあらわれるということが、劇場という、その外にある革命をよそに築かれる一種の娼館に於いて演じられているひとつの演劇にほかならない──みたいなふうにも解釈できるんじゃないかと。
二重三重の面白味のある物語だなあと思います。

こうなると、この5年後に演じられ、リウイエさんがその肉体美にぽおっとなっちゃった『鋼鉄はいかに鍛えられたか』が観たくなる!
書評を拾い読みすると、主人公パーヴェル・コルチャーギン(=胡軍さん)が革命を通して生死を彷徨う怪我をしたり生死を彷徨う病気になったり体が不自由になって失明してしまったりという踏んだり蹴ったりを経て、鋼鉄のような人間に成長していく、というお話らしいです。
ああモノスゴク観たいなア……。
posted by レッド | 2016/04/01 9:04 PM |
<< NEW | TOP | OLD>>