蛇果─hebiichigo─

是我有病。

| CALENDAR  ENTRY  COMMENT  CATEGORY
ARCHIVE  LINK  PROFILE  OTHERS  RECOMMEND
歓迎光臨〜分享幸福・芳紀二十三歳之砌篇。
本日2016年3月18日をもちまして、胡軍さんがめでたく48歳におなりあそばしました。
ハッピイバースデイ胡軍さん!
今夜はちょっと高いビールをのんでお祝いさせていただきますですよ。
そして、折角ですからこの佳き日に、遡ること25年前、1991年の胡軍さんを偲んで見とう御座います。前回にひきつづきSさんからのいただきものシリーズ其の弐。



等待戈多

En Attendant Godot/Waiting For Godot
Samuel Beckett


等待戈多1142-1.jpg等待戈多1143-1.jpg等待戈多1144-1.jpg


孟京輝氏演出によるサミュエル・ベケット『ゴドーを待ちながら』。
中央戯劇学院で公演されたその舞台を収録したものです。
とてもとても有名な戯曲なのですが恥を忍んでうちあけますとこれまで読んだことが無く、上演舞台を観たこともありません。なのでずーっとふたり芝居だとばっか思っていました。そうでは無く、ざっくりこういうお話です。

田舎道。一本の木。夕暮れ。エストラゴンとヴラジーミルという二人組のホームレスが、救済者ゴドーを待ちながら、ひまつぶしに興じている。そこにやってきたのは……暴君ポッツォとその召使いラッキー、そして伝言をたずさえた男の子!
不条理演劇の最高傑作として名高い、ノーベル文学賞作家ベケットを代表する傑作戯曲。

『ゴドーを待ちながら』サミュエル・ベケット(白水社)

胡軍さんがヴラジーミルを、郭涛さんがエストラゴンを演じています。
胡軍さんはハロルド・ピンター『料理昇降機』(90年)、ウジェーヌ・イヨネスコ『禿の女歌手』(90年)につづく三度目の孟京輝演出作品。この2年後にジャン・ジュネの『バルコン』で四度目のタッグとなることは以前にも書きました。主演男優を舞台で脱がすことがたいへんおすきらしい孟京輝氏ですが、『ゴドー』においては胡軍さんは脱がされていません。なんだよちぇー。なんだよちぇーなかんじではありますが「素肌に直接ジャケット」というわしの大好物な出で立ちをしてくださっているのでもんくなどあるものか。もちろんお馴染みのはしたない大胸筋アンド胸毛もちらちらと小出しにサービスしてくださっています。あしもとが白いソックスというのもたまりませんね。


IMG_4584.JPGIMG_4583.JPG

1991年、胡軍さんは23歳。さすがにまだほっぺのあたりがういういしかったり(どうかするとちょっとせがれ康康の面影もよぎったり)おぐしがうねうね(笑)していたりしますが、表情や声の調子などはすでに「胡軍」として仕上がりかかっています。ああこのひとがのちに『東宮西宮』に出て、そしてそれから『藍宇』に出て、『無間序曲』に出て、『レッドクリフ』に出るわけなんだよなあ。そんな未来が待っているなんてことは、知る由も無いヤング胡軍さんであった──てな陳腐な言い回しはわしのプライドが許さんのであーる。そしてこちらが、ちょっとまえに微博で拾った『ゴドー』出演者の集合写真です。


499276efjw1esov7weklkj21zk1p1tpr.jpg

胡軍さんのうしろのひとの中戯ロゴTがいいかんじじゃ無いですか! 郭涛さん(ツーブロック)もほんとうにお若い。下は、24年を経た昨年6月、第18回上海国際映画祭で『烈日灼心』が最佳男演員奨(超、郭涛、段奕宏)を受賞した際のヴラジーミルとエストラゴン之図であります。


704_1662029_657765-1.jpg704_1662030_743913 (1).jpg


エストラゴンの蝶タイをなおしてあげているっぽいヴラジーミル(やさしい
となりの超さんの(おっさんふたりで睦み合ってて居た堪れない俺です)みたいなびみょうなおかおも合わせておたのしみください。



このたびSさんにお譲りいただいたのは『孟京輝先锋戏剧作品』という4枚組のVCDボックスです。VCDゆえに画質もあまりよろしくはない。後半でいきなり画面が灰色の線で4分割されたりする。それも含めての天晴れ不条理劇か。しかし往事の胡軍さんを偲ぶには十分すぎるほどです。こちらはすでに入手がなかなか困難ではなかろうかと思いますが、『ゴドー』の動画はネットで視聴できます。こちら→
知ってるひとは疾うに知っているかも。すみません。知りませんでした。ついこないだまで。どうせ映像なんか残ってねえべーとか思って検索すらしてこなかったこの数年。ばかばかわたしの盆暗野郎。胡軍さんのお誕生日を機に心をいれかえ、清新なきもちでこれからも迷街道を邁進してまいる所存!


| 19:12 | Hu Jun(胡軍/フー・ジュン) | comments(2) | - |
Comment








うえええん!すいませえん!!胡軍さんの48歳のお誕生日に出遅れていまいましたああ(号泣)!
…1日遅れましたがあらためまして、胡軍さん、48歳のお誕生日おめでとうございます♪
おとこざかり絶好調継続中♪のうえ、昨今では「萌えるおぢさま」カテゴリに入れられているご様子ですが(笑)イヤーオブザモンキーな今年、更なるご活躍をお祈りしておりますう〜♪

んで。
うわああ!!
Sさまからのいただきものシリーズ其の弐…!!
ええええええ?!『ゴドーを待ちながら』のVCD?!
わあああああ!!そんな超レアなものがこの世に存在するなんてびっくり!!

んで。
ご紹介してくださった動画を観ましたっ!ありがとうございますっ!!
…きゃあ!お写真でしか知らなかったカットがちゃんと動いてる!(爆)手帳?ひらいてふたりで見てるとことかハーモニカ?吹いてるとことか!
…でもごめんなさいm(_ _;)m正直に言います…とちうから寝落ちして…気が付いたら画面が4分割されてました…その後しばらくしたらなぜか観れなくなってしまいましたあ(;_;)
が!若々しい胡軍さんが走り回ったりとか、一瞬でしたけどタップダンス的な動作をしていたりとか(かっこよかったー♪)郭涛さんとなんだかいちゃついていたりとか(笑)んまあ、すてきんぐ♪
で、レッドさんもおっしゃってますが、なんかどっか康康くんぽく見えたりもしました〜♪

23歳当時の胡軍さん、すらりとして堂々としてお声もよくて、生で観たらすっげえかっこよかったんだろうなあ…。みっちりいる観客は中戯の生徒さんたちなのでしょうか。生徒さんのなかにも胡軍ファンはたくさんいたのぢゃないかしらとか思いました♪
やあ、素肌にジャケット、白靴下(笑)おぐしうねうね(笑)しかも後ろでしばってる!…なんて、ありがたいものを拝ませていただきました♪ありがとうございます!

で。胡軍さんが当時23歳ならば、リウイエさんは13歳!!ですか…(妄想ちう・笑)まあだ、田舎でこいぬこいぬしてた頃(なんだそれは・笑)なんですねえ…あああああ。

んが。
これがあるなら、以前教えていただいた、はしたない大胸筋番長(笑)胡軍さんの『バルコン』映像とか、あの『東宮西宮』の舞台版映像はないものかーーー!!なんてちょっと、ないものねだりすぎでしょうか…(苦笑)。
posted by カエル | 2016/03/19 11:34 PM |
>カエルさん

ネットで『ゴドーを待ちながら』の舞台写真ぽいものを以前からちらちら目にしていて、これのソースはどこなんだろうと思っていたのですが。
まさかこんなボックスがリリースされていたとは思いませんでした。
ちなみに、VCD本体で鑑賞しても灰色の四分割はばっちり現れてしまいます……。
なのでいちばん素敵な表情をみせる後半部分がスクショできねえ……。
ただ、リーフリ再生機で観た場合とMacで観た場合、どうも灰色四分割が現れる場所が異なるようで。その都度きまぐれに現れるのだろうか?

とはいえ拝見できるだけでとんでも無い幸運。
本当にSさんには足を向けて寝られません。
『バルコン』『東宮西宮』舞台映像もどっかに無いものかと思って検索してみましたが、残念ながらこちらはいまのところみつかりません。なので3月18日は、『ゴドー』のあとに『東宮西宮』を鑑賞してウットリしながらバースデイを祝いました(笑)。
『ゴドー』はやっぱり、VCD化されていたからこそ、25年後のいまもこうして観ることができるというわけなんですよね。

>田舎でこいぬこいぬしてた頃

わんわんいいながら転がるように虹をつかまえに走ってみたけどつかまえられずに耳もひげもしょんぼり、だった時代なんですね(違
もちろんこの公演のときにはまだここにいる筈も無いんだけれど、客席が映るたびにリウイエさんを探してしまいましたよ。
当時はさしずめ、こんな紅顔の美少年だったのかなあ。
http://img-cdn.jg.jugem.jp/77a/1412326/20160320_1927155.jpg

かえすがえすも大胸筋番長とツーショでみてみたかった……。
posted by レッド | 2016/03/20 8:37 PM |
<< NEW | TOP | OLD>>