蛇果─hebiichigo─

是我有病。

| CALENDAR  ENTRY  COMMENT  CATEGORY
ARCHIVE  LINK  PROFILE  OTHERS  RECOMMEND
歓迎光臨〜偶然相逢、理所当然。
まったくべつべつの経路から手に入れた品なのに、呼応するかの如くに同じ日に私の手許に届くという不思議が起きたのが昨日のことでした。
しかしそれはこと『藍宇』、あるいは胡軍と劉というふたりについて言えばもはや、「不思議」では無いのかも知れないです。
もはや「不思議」では片づけられぬような事件が、この春あたりから彼らのあいだに、立て続けに起きているもんですから。
矯めに矯めてきたぶんの反動も加味されたなにがしかの力が、どうもなんだかばかでかくなりつつあるのじゃあなかろうかという気も、けっこうまじめにしています。

とあるところで手に入れることができました。
いまから11年前。
2004年7月、『藍宇』が新宿武蔵野館で公開されたときのちらしです。



lanyu-flyer10852.jpg
lanyu-flyer2086 (1).jpg


画像そのものは知っていて、5年前のこの記事で使わせていただいたりしていますが、現物を前にしますと言葉なんか容易く失われます。
映画のちらしです。ただ一枚の、さして上質でも無い紙にすぎません。
ただ一枚の紙にすぎぬものがこんなにも美しいなんて。
こんなにも力があるだなんて、ねえ。

11年前にこのちらしを目に留めて、そしておもわず手にとったあなた。
あなたは、『藍宇』を観るために、劇場に足を運んだのでしょうか。
いまはどこでどうしているのでしょう。
どこのどなたかもわからぬ、きっと一生逢うことも無いまま死んでゆくあなたと私が、ただ一枚の紙にすぎぬこの儚さでつながる、ような気がする。
それこそが不思議。


もうひとつは6月あたまのこちらの記事で書きました、
『畫魂 導演關錦鵬 影記』
浦川とめさんが管理人をされていたファンページの「胡軍ニュース」2004年1月13日にあった、

「北京で開幕した図書見本市で、「画魂」の写真集が三角形という風変わりな版型で異彩を放つ。5千冊を印刷し、定価は1冊百元以上。
http://www.bjt.net.cn/news.asp?newsid=48851
(注:リンク切れ)


というやつ。
どうやらお取り寄せでまだ手に入るらしい、ということを教えていただきまして。
駄目元で発注してみてほとんど忘れてましたな体でいたところ、ひと月ちょっと経った昨日、届けていただいたという次第です。
6月の記事に転載させていただいたお写真を撮った方はどうも劉さんのファンみたいで、胡軍さんについては完全にスルーしてやがったけど、現物をみてみたら胡軍さん@藩贊化をとらえたショットのほうが寧ろ多いです以下列挙。


paintingsoul103.jpg
paintingsoul101.jpg
paintingsoul100.jpg
paintingsoul097.jpg
paintingsoul096.jpg
paintingsoul095.jpg
paintingsoul094.jpg
paintingsoul091.jpg
paintingsoul090.jpg
paintingsoul089.jpg
paintingsoul088.jpg
paintingsoul087.jpg


送料込みで7389円という、クオリティから考えればかなりそれなりのお値段でしたし(定価は118元)、三角形という判型でたいへん扱いづらい書籍ではありますが、手に入れたいという方は東方書店さんの「本を探す」の検索ボックスに

画魂導演關錦鵬影記

と入れて検索なさってみてください。
2004年1月初版、限定5000部の書籍が、11年経った日本で入手できるという。
これもまた大いなる不思議。
| 22:45 | 藍迷。 | comments(8) | - |
Comment








おお〜〜!!意外と早く届いたようで何よりです(^^)レッドさんの引き寄せの力の強さでしょうか?私は届くまでに2ヶ月ほどかかりました。

11年も前に発行された限定5千冊の本が、今頃日本で取り寄せられるとは…さほど深堀りせずに東方書店さんのサイトに行き当たった時は驚きました。

『藍宇』のチラシといい、『畫魂 導演關錦鵬 影記』といい、まさにレッドさんが持つにふさわしい物だと思います。行くべき人のところに行くべき物や情報は必ず届きます。まさにこれが縁というものですね。いろんな不思議が呼応するのはひとえにレッドさんの『藍宇・劉燁・胡軍』への想いの強さの賜でしょう。その強さをとてもうらやましく思います。
と同時に、細くぼんやりとしたものではありますが、私の彼らとの縁もまだ切れていないとは信じたいなーと思う今日この頃です。
posted by みつむし | 2015/10/11 1:23 AM |
>みつむしさん

このたびは情報をどうもありがとうございました!
注文してひと月ちょっとで届いたのは、たぶんみつむしさんが先にご注文なさったので、書店さんのほうでお取り寄せルートの準備ができてたせいじゃないでしょうか。
6月頭に記事に書いた本が、藍宇の台詞じゃないけど「四箇月」経ってから手許に届くというのも数奇なことですし、お届け日がお誘い合わせで同日(諾一生日前日)というのも、ちょっとびっくり致しました。
昨今は微博を見ていても『爸爸去哪儿』からの新しいファンの方が増えているようで、
「え、それ疾うに持ってるんすけど?」
みたいな画像なんかが「レア!」な扱いで持て囃されているのにもちょっとびっくりしたり。
09年時点で完全に出遅れファンであった自分ですが、新規の方からみればそれなりの歴になるのかなあ、としみじみ(笑)。

「モノ」には固執しないたちですが、ほそぼそとした縁によって手許に集まってくる『藍宇』ゆかりのものたちは、そのひとつひとつが、かつて所有した誰かの思いを其処は彼と無く纏っているような気がします。
想いの強さというか、ぼんやりと漂っている集合的な無意識に時として「モノ」自体が共鳴し、動く──みたいなところがあったりするのかも知れない。
これは『藍宇』に限らずですが。
こうした奇妙な暗合に遭遇するたびに、そんなふうに思います。
posted by レッド | 2015/10/11 8:17 PM |
おおー♪
これでしたか!メールでおっしゃっていたのは。
別々にたのんだのに同じ日に届くってすごい!!
それも『藍宇』と『画魂』って!!

なんかもう、胡軍さんとリウイエさんのことに関しては「不思議なことなどなにもないのだよ」なんでしょうか(笑)。

>なにがしかの力が、どうもなんだかばかでかくなりつつあるのじゃあなかろうかという気も

…なんだかそんな気がしてなりませんね(笑)。
いよいよ?いよいよ?!…なのか?(笑)

で。
ちらし。これほんとすてきんぐー♪
おふたりのこの赤味がかったショットはもちろんのこと、バックの青地のなかのうねうねとした花の感じといい…このデザイン、ものすごく好きですう〜!!!
しかも。
よくよく見たら、邦題である「情熱の嵐」の文字がちっちゃくて(笑)「藍宇」の文字が赤くばーんとメイン扱いだったのですね(笑)。いまごろ気づきました(汗)。
…ああ。11年前にはこのちらしが映画館に積んであったのかと思うと…(涙)。
11年前なにやってた自分ー!!!とおのれを呪いたくなります(涙)。

そして『画魂』写真集。
ご紹介ありがとうございます。
ああ…胡軍さんの横顔がすてき…(ぽー)。
もっちろん!リウイエさんの横顔もだいすき!!ですけども(笑)。
もしも横顔選手権(なんだそれw)があったらどおしたらよいのだあああああっ!!(苦笑)
…手に。手に入るんですね。これ(いろいろ算段ちう・笑)
posted by カエル | 2015/10/12 2:00 AM |
>カエルさん

メールお送りしたとき、『画魂』本が手に入りましたのお知らせは、じつはまだいただいてなかったんですよ。
ちらしゲットできただけでもそうとう気持ちが上がっておりましたが、そのあと書店さんから「明日お届けします」のメールが来て、9日午前中にお届け→おおよろこび→9日夕方にちらしがポスト投函→狂喜乱舞 みたいな次第でございました(笑)。

以前密林に出てた『藍宇』VHSの画像もこのちらし画像と同じやつでしたが、実際の商品のジャケ写には使用されておらなくてガックリ……。
藍色につつまれるようなふたりのビジュアルがだいすきなので(日本オリジナルか?)、今回ちらしで手に入れることができてほんとに嬉しうございます。
裏面を見ると、整理券制で朝10時と夜21時5分からの2回上映。21時5分の回は、終映後2丁目方面に消えてゆく男性どうしのカップルも多かったのかしら……とか、いろんなことを考えてしまいますよ(笑)。
初日2004年7月31日には朱里エイコさんが亡くなっていて、しかもエイコさんのお誕生日は胡軍さんと1日違いの3月19日なのか……とか、いろんなことを考えてしまいますよ……。

『画魂』本のほうは、版元さんのサイトで検索してみてもヒットしないので、古書扱いなのかも知れませんね。微博のフォロワーさんが全然見つけられないとおっしゃっていましたが、中国で見つからないのにどうして日本でのお取り寄せは可能なのだろう……。そのあたりは謎ですが、ともあれうちに来てくれたことを言祝ぎたいと思います。次にお会いするときに持っていきますので、見てやってくださいませ。これ色校紙そのまま綴じてるのか?とか裁断ミスなのか?みたいなかんじの、かなりユニークな書籍です。
posted by レッド | 2015/10/12 1:45 PM |
フライヤーを私もこちらで見れて感激しました。
たしかDVDに入っていた折り畳みの解説にもこの二人の写真がありましたね。あとDVDケースの裏面の一部には芥子はないけど同じポーズの二人が。何年も前、銀座の◎野楽器店の地下階でこのDVDを購入する時、カウンターに若い男性社員がいて、恥ずかしくなってついDVDを裏返して出したらこの写真があって余計恥ずかしくなって心の中で(私は客、私は客)と呪文を唱えましたっけ。
台湾にはうっすらとマッチョなおにいさんが背景に描かれていたりしましたが、この日本版はセンスいい!と思ってます。
見ると反射的に「圭子の夢は夜開く」の冒頭の歌が脳内で流れてくるんです♪
芥子はアヘン、精製するともっと恐ろしいヘロイン。二人の愛は純度を高める都度に麻薬性が強くなり離れられなくなる。行きつくところは破滅。一人残ってすべてを失った一人には痛みばかりが残り二人の甘い思い出がモルヒネとなって一時だけ和らげてくれる。
考えてみれば映画の主題歌も恨み節ですもんね。
当時何となく昭和な薫りがする二人に昭和歌謡がよく似合うなあ、なんて。
日本でレイアウトされた方は確実に狙ってやってた気がするし、映画のエッセンスを的確に表現していて秀逸だな!って思いました。
posted by blueash | 2015/10/13 12:40 AM |
>blueashさん

そうそう、日本版DVDの裏ジャケも同じでしたね。
私は密林で購入したのでレジで赤い顔をせずにすみました(笑)。

このアングルのカットって映画には登場しませんが、すごく印象的で、最初に『藍宇』の感想文をブログに上げたときにも巻頭に載せています(2009年8月27日、このブログを始めた日にアップロードした画像第1号がこれです)。
もともとこのブログを始めたときは、闇雲に写真(スチルとかスクショとか)ばかりを載せることはすまい、と決めていました。写真というのはそれだけでなにがしかを語りすぎてしまうので、まずは自分の言葉だけで『藍宇』を語るという試みをある程度やってみたかったのです。
それでもこの画像だけはスルーできなかった。映画に登場しないからこそよけいに魅力的で、おっしゃるように、
「映画のエッセンスを的確に表現していて秀逸」
だと私も感じました。

DVDの盤そのもののイメージもやはりこのカットですが、封入の解説でふたりのインタヴューの背景にはこっちの台湾版ジャケと同じ写真が使われています。
http://img-cdn.jg.jugem.jp/77a/1412326/20091008_812281.jpg
こっちもやはり彼らの上から芥子の花のイメージをかぶせるという処理がなされていて、想像するに『北京故事』にある捍東と藍宇の相聞のような台詞、

「藍宇はまるで麻薬だった。手に入らないときは死ぬほどそれを想い、手に入れると足が地につかないような快楽にはまる。だが目覚めたとき、待っているのは無限の苦痛なのだ」
「あなたは麻薬だ。手を出しちゃいけない。そしたら一生をだめにすると分かってる。なのにまた手を出してしまうんだ」

に由来しているのではなかろうかという気もします(これまた映画には出てきませんが)。

『藍宇』という映画が日本で公開され、DVD化されるまでには、さまざまな人たちの愛と情熱がみえないところに尽くされている。ちらしひとつとっても、そういうものはしっかりと伝わってきますね。幸福な映画だと思います。
posted by レッド | 2015/10/13 9:52 AM |
今頃やっと拝見することが出来ました。
私も「美少年の恋」の日本版ポスターがお友達のご好意で、ある日突然手元に届いた時の喜びを思い出しました。
ずっと思い続けていればいつか叶うってその時信じました。
「藍字」の公開もきっといつか実現しますよ、夢にも思わなかった「美少年の恋」がそうだったように。

素敵なチラシがポスターになって、映画館のロビーで見れますように祈っています。
posted by usako | 2015/10/20 10:23 PM |
>usakoさん

クロアチアからのご無事のお帰り、なによりでした。
のんびり──というわけにもいかないかもしれませんが、お身体お休めくださいませ。旅行記楽しみにしています。

本当に、このちらしのビジュアルがそのままポスターになってロビーに飾られていたら……と思うと。
この春、シネマート六本木のエレベーターホールに飾られていた『美少年の恋』のポスターがそれは素敵で、『藍宇』公開時もこんなだったのかしら、となみだぐんだりしました(笑)。
自分がものすごいお金持ちだったら、いっそのこと毎日『藍宇』をレイトショー上映する(儲けとか度外視で)ちっちゃい劇場作っちゃうのになあ……。
posted by レッド | 2015/10/21 11:03 PM |
<< NEW | TOP | OLD>>