蛇果─hebiichigo─

是我有病。

| CALENDAR  ENTRY  COMMENT  CATEGORY
ARCHIVE  LINK  PROFILE  OTHERS  RECOMMEND
課前預習。
2009年のきょう、7月5日。
北京地壇公園内にて劉さんアナイスさんの婚礼が執り行われました。
5月に『藍宇』で劉さんを知り、その出演作品を追っかけまくっていたその渦中の出来事でした。ラブなロックスターさんや演員さんが未婚か既婚か、ということはほかの方はいざ知らず自分にとってはそれほどの重大事では無いです。まして当時は、劉さんがはたして自分にとってラブな演員さんなのか、未だ判然としていませんでしたし。ただ、

「結婚しちゃうんだ(女と)」

と思ったことは告白しておきます。

しょおがねえだろお。
こちとら『藍宇』観てひと月半しか経ってねえ身だったしよお。
『藍宇』撮影中の胡軍さんとのらぶいレジェンドとか読みかじってほかほかしてた時分だったしよお。

ええ勿論、劉さんが男性と結婚するとは思っていませんでしたよ。でも当時は劉さんといえば私にとって藍宇以外のなにものでも無く(当時はというかいまだに)、31歳の男性としてふつうに恋愛してふつうに結婚するという彼の現実との摺り合わせがうまくできていなかった。そういう錯誤を生んでしまうところも含めて「役者」であり「役者にほれる」醍醐味なんだ、と思っていますが。

ともあれ、結婚6周年おめでとうございます。
私が『藍宇』にいかれてこのブログを始め、いろいろ頭がおかしいかんじで(ていうかいまだに)過ごしてきたこの歳月と、劉さんが結婚して家庭を築いてきた歳月がぴたりと重なるあたりがこっそり嬉しいです。
6年のあいだにはかわいいこいぬが2ひきも生まれ、6年ののちに兄こいぬ劉諾一といっしょに『爸爸去哪儿3』に出演し、かつてらぶいレジェンドで名を馳せた男とふたたび出逢って旅をする──なんていうなりゆきは、6年前のきょうの劉さんは思ってもみなかったでしょう。私だって思ってもみなかった。人生いろいろだ。そんな『爸爸去哪儿3』ですが、7月8日(水)には福建省廈門市にて新聞発布会が挙行され。


e0f855c3gw1etlz1k3e2bj20p01huajm.jpg


金と時間が有り余ってりゃあ応募したかったです。
そして10日(金)にはいよいよ放映開始。事此処に及んで海報とか動画とかむらむらするお写真などが矢継ぎ早にいろいろとでています。



e0f855c3gw1etqyzir1cdj20m80xoh1k.jpge0f855c3gw1etqyz7eusaj20m80xoh09.jpg

e0f855c3gw1eto96yb9ewj21kw2dc7m1.jpg7186f99ajw1etpc8pzlg0j20jg0t6goz.jpg7186f99ajw1etpcy1w15sj20cy0jgmzd.jpg7186f99ajw1etqir237ctj20iq0s2wii.jpg681ab3edgw1etl0qqq4jbj20cy0jgdh2.jpg0069SNmrjw1etnf4tt3u7j31kw23utmq.jpg681ab3edgw1etl0qqwihtj20cy0jgq4p.jpg7012497bjw1etpo1o6y8mj20f00qojtj.jpg



《爸爸去哪儿》第三季宣传片终极篇

《爸爸去哪儿》幕后花絮刘烨父子篇:刘诺一古灵精怪上太空
共演ぱぱのひとりクリスさんのお嬢さん、紅一点の夏天(Poppy)ちゃんにチュウを無理強いせんとする諾一。趙薇さんとこのお嬢さんといい、かわいい女子があらわれればまるで見境が無いリトルビースト諾一。呉彦祖さんとこの姫との(ぱぱ同士がゆびきりできめた)婚約はもはや破談まつがい無し(ううう
だがそんな諾一のおとうさんにしてからがこの始末だ。

《爸爸去哪儿3》刘烨刘诺一陪你倒计时


「このでっかい男の子をどうやって愛すればよいのだろう……」と悩んだ相手がのちに鼻のあたまにお花をつけていかれた踊りをおどる男になるとは、『藍宇』撮影当時の胡軍さんとて思ってもみなかった(断定

《爸爸去哪儿》第三季首播倒计时5天 胡军版

●微博フォロワーさんがお福分けしてくださった胡軍さん移動中動画→
なにがあっても箱から降りようとしない、「移動は箱でフルスロットル」とのこだわりを貫くせがれ康康をバリトンヴォイスで窘めたり、アタマをチケットでぺしっとはたいたり、シャツの裾を直してあげたりするあたりがステキなんです!


先週金曜日にちょっとびっくりしたのが人民網日本語版のこの記事。
「パパ、どこ行くの?3」が間もなく放送開始 初回は陝西省の風習を体験
第1回目のロケ地が抗日戦争の拠点でした、という記述にはびみょうに萎えはするものの、あと劉さんが「イケメン俳優」で胡軍さんが「人気俳優」な件について些か疑問は残るものの、『爸爸去哪儿3』第1回視聴にあたってはわかりやすいまとめになっているかと思います。
現地に到着して間もない5組の親子はこの状況に圧倒されつつも、壮大な光景とお祭り騒ぎの賑やかな雰囲気に染まり、最終的には扭秧歌の隊列に加わり、一緒に踊り出す姿も見られた。

染まった結果が上の動画と、いうわけだ。湖南衛視方面が狙いすまして公式に投下したこのお写真を

7186f99ajw1eto4nbbutzj20jg0cy0va.jpg

わざわざトップにもってくるエディターさんだってまつがい無く軍党同志だ!
【追記】そして7月6日、ふたたび湖南影視方面から公式に投下された紅藍CP画像になでしこ惜敗の涙も瞬時に乾く現金なわし。

d3c6afbcjw1etssx488a7j20hs0pw0uu.jpg


事ほど左様に期待ばかりが無駄にたかまるきょうこのごろ。でもじつは『爸爸去哪儿』ってそもそもどんなことをする番組なのか、あんまりよくわかっていなかったりしました。なのでただいま第二季を視聴して予習をしているところですが、これが思いのほか、はまってしまいまして。

第二季出演のおとうさんとこどもさんは以下のとおり。( )内は撮影開始当初の満年齢。
●呉鎮宇(52)+Feynman(5)
●黄磊(42)+多多(8)
●陸毅(38)+貝児(5)
●楊威(34)+陽洋(4)
●曹格(34)+Joe(5)&Grace(3)

上から3名様が演員さん。楊威さんは体操選手、曹格さんは人気歌手というラインナップです。
ひとつのロケ地で撮影したものを2回に分けて放映していくという構成で、第1回は出発前のそれぞれのご家庭の早朝の風景から始まります。眠くてなかなかベッドから出られないこどもさんを叩き起こして仕度をさせ、出発です。
ロケ地に着くと、急峻な山道をよろよろ下って村に向かいます。それだけで早くもくたくたなおとうさんたちにさらにハードなゲームをやらせ、勝った順に泊まる場所をきめさせ、ごはんも自分たちでぜんぶつくらせます。食材集めも一筋縄ではゆかぬシステムになっています(蜜蜂を飼育している小屋のなかに食材を隠しておき、おとうさんたちに手近な材料で蜂除けの防護服を手作りさせ、取りにいかせるなど)。おとうさんどうしが力を合わせてひとつの仕事をやりとげる、みたいな場面も用意されています。
当然それ以前にこどもさんが一筋縄ではゆきません。わあわあ泣いたりぐずったりわがままを言ったりつまらぬことでけんかを始めたり身勝手な行動をとったりします。それを宥め、賺し、叱り、なぐさめ、力づけ、励まし、ぎうっと抱きしめてあげるおとうさん。
そんなおとうさんだって、おもわず涙をこぼしてしまう瞬間があったり。

そのあたりが見どころのようです。

こどもさんのなかでひときわいい味を出しているのが曹格さんとこのGraceちゃんです(実際、この番組がきっかけで人気爆発みたいです)。
いちばん下っ端のくせに周りのひとらに自分を「大姐姐」と呼ばせ、そう呼んでもらえないとめっちゃ機嫌が悪くなる。長いおかっぱあたまの、よくいえば市松人形ふつうにいえばふくれまんじゅうのようでまあとうてい美少女とはいえず、歌う歌といえばレリゴー一辺倒、ときどきリアルにそのへんのおっさんみたいな顔をするので「おっさん」と呼ぶことにしました。気に入らないことがあるとすぐ泣き、着いたそうそうおうちに帰るとわめき、最初はなんだこのくそ餓鬼、と思って観ているうちにだんだん「おっさんがんばれ!」と応援してしまっているわたしどうしちゃったの?みたいな。

こどもというものはあんまり得意では無いんだけれど、こうして見ていると急転直下で変化する彼らの情緒の不安定さが愛おしく思えてきたりもします。

『爸爸去哪儿』という番組に対しては、正直あんまり良い印象を持っていませんでした。胡軍さん劉さんが出演されなかったらこれを視聴してみようと思うことも無く、いわば食わず嫌いで、その印象は改まることが無かったでしょう。諸手を挙げて支持しますとはいえない内容ではあるけれども悪いもんじゃ無い。そんなかんじです。テーマソングもすっかり覚え、サビんとこにくるといっしょに合唱したりする。この私がそんなざまとは私だって思ってもみなかった。人生いろいろでございます。






そんな、パパと子の人生いろいろが愉しめる『爸爸去哪儿3』の視聴はこちらで。→芒香tv
YouTubeでも観られます。→中国湖南卫视官方频道 China HunanTV Official Channel
| 13:08 | 爸爸去哪儿第三季。 | comments(8) | - |
Comment








ゲイリー・ツァオ(曹格)、一時期わりと好きでよく聴いてました。
が、いつの間に二人の子持ちに!!とびっくり。
みんな結婚して、パパになっていくんだなぁ。。。

しかし中国のバラエティ番組って容赦ないですよね(笑)
posted by meiry | 2015/07/05 6:01 PM |
劉さんの結婚の記事、いまだに鮮明に覚えてます。数か月前にカンヌで手を繋いで二人ニコニコして歩いている動画がようつべで流れていて「この女性は誰?」という見出しが中国語でついていたのを見たことがあるのですが、あ、この前の女の人だとわかりました。記事の端っこで人中でも熱烈にキスをする二人が隠し撮りされているのが載っていて、劉君はラテン系男子だなと思ったものです。あの時は「藍宇」にどっぷり浸かってましたので、あ〜結婚しちゃったんだ、なんて勝手な事を思ってました。
今はすてきな二人だと思ってます。
そして個人的に気になる黄磊さん。「夜半歌聲」ではほっそりとした美少年の風情だったのですが、なんとなく中国の○摩呂さんみたいになっているなあなんて。
Graceちゃん、3歳にしてこの存在感。すごい。
そして一人っ子政策の国でお子さんを二人もつというのはそれだけで特権的な生活をしているってことでしょうねえ。
posted by blueash | 2015/07/05 9:53 PM |
イエ君結婚6周年おめでとうございます
そういえばあの時 イエ君っておフランスの方と結婚するんだ〜と思いながら
ブログにちょっとだけ報告載せていました 
http://hikomei.blog56.fc2.com/blog-entry-1047.html
今じゃこんな大きなお子さんのパパですもの 月日の経つのは早いわ〜(汗)

しかし この番組 次々大物芸能人とお子をゲットして凄いですね〜(笑)
posted by usako | 2015/07/05 10:05 PM |
…ええと(笑)。まず、リウイエさん結婚6周年おめでとうございます!

そして。
うわあ(笑)『ぱぱ、どこいくの?3』関連お写真やら動画やら山盛りご紹介ありがとうございます!

胡軍さん父子とリウイエさん父子の海報の下。
…ヒッチハイクの図?みたいな感じの胡軍さん父子ショット…。康康くんがいい面構えしてますねえ〜(笑)。
その下のリウイエさん父子ショット…諾一くんの前に置かれたザルはなに?(笑)
「おとーさんが芸をしますからお金をください」って図に見えますがあ(苦笑)。
その下の、康康くんをがしっとかかえたにいさんの笑顔がすてき〜♪
そして、江湖への道をゆく予定の(笑)胡軍さん父子ショットの下の、諾一くんがっ!!!
これ、先日レッドさんのツイッターで拝見したとき思わず「きゃー!!!」って…(笑)。こんな幼子相手につい(笑)。

ええと、そして。
リウイエさんの「いかれた踊り」動画(笑)。
傍らの胡軍さんが「……」てなってるぽくてたまりません(笑)。
リウイエさん、照れくささのあまり踊っちゃったんでしょうか(笑)。

あと、人民網日本語版の記事!!
>わざわざトップにもってくるエディターさんだってまつがい無く軍党同志だ!

…はい。私もぜったいそーだと思います(笑)。

そしていちばんおどろいたのが(笑)レッドさんが『ぱぱどこ』第二季を視聴し、予習されてるばかりかテーマソング覚えてサビんとこで合唱できちゃうってことです(笑)。すごすぎる!!(笑)
…おそるべし、ちうごくのバラエティ番組(笑)。
posted by カエル | 2015/07/05 10:28 PM |
>meiryさん

容赦無いといえば、呉鎮宇さんの息子さんが舟の上で遊んるときに石垣にぶつかって水に落ち、右目の下を怪我しちゃうところ。
誰がみたって危ないかんじ(パパたちがはけたあとに曹格さんの息子とふたりだけでこっそり舟に乗ってしまう)なのに、まわりのスタッフ誰も止めないしカメラ回しっぱなしなのです。
そのあと鎮宇さんがマジギレて(映画か?と思うくらい怖い・笑)息子にきつくあたるわ息子は怯えて泣くわ、それみて鎮宇さんも涙ぐんでしまうわ……。

おとうさんたちも全員、無様なほど体張ってますしね。それぞれ身体能力や表現力にすぐれたひとたちだからそれがまた絵になるんだけど、父も子もタフじゃないとやっていけない番組です(笑)。
posted by レッド | 2015/07/06 10:21 AM |
>blueashさん

去年の『花様爺爺』でも、なにかっちゅうと奥様とべたべたしたりチュウチュウしたりしていましたっけ。これは相手がフランス人なので影響された結果なのか、あるいは本来リウイエさんがこういう人だからなのか……。でも『爸爸2』を観ていたら、男親でもふつうにこどもとキス(ほっぺだけじゃなくくちびるに)したりしてるので、中国ではわりとよくあることなんですね。

>なんとなく中国の○摩呂さんみたいになっているなあ

『爸爸2』視聴前に出演者について調べていて、「黄磊」というお名前つい最近どっかで見た……『夜に逃れて』でチェロ弾いてた美青年じゃん!と、現在とのギャップに愕然としたりしました(笑)。
でも料理うまいし、ぽっちゃりしてるが(笑)身体能力高いし、ホスピタリティもあるし陽気だし、総じてとても頭のいいひとという印象です。
お嬢さんの多多ちゃんがこれまた美少女で、こどもらのなかでは最年長なので一生懸命「お姉さん」
として振る舞おうとしてときどき勇み足だったりするあたりもかわいいです。

その多多ちゃんがいちばんかわいがってるのがおっさんこと(笑)Graceで、ふくれまんじゅうのような(あだ名も包子姐姐だった!)ほっぺによくチュウをしています。
Graceはほんとに大物で、実の兄のことを「弟弟」とか呼んでやがったり、そう呼ばれてもお兄ちゃんがまったく怒ったりしない気の好い子で、曹格さんご一家もいいかんじです。(曹格さんはマレーシア出身で、お子さんもマレーシアと台湾で生まれているので、ひとりっ子政策については関係無いのかも知れませんね)
posted by レッド | 2015/07/06 10:22 AM |
>usakoさん

記事拝読しました。
ちょうど6年前のきょうに書いてくださったものなんですね。
どうもありがとうございます!
当時は独身だったひこさんも張震も、いまじゃどちらもぱぱ……。
ほんとうに、月日の経つのは早いもの。
歳月人を待たずでございますね(笑)。

『爸爸3』、いろんなスターさんの出演が噂されていましたが、かつて『藍宇』で共演した人気スターふたりが映画公開15周年を前にして子連れバラエティ番組で共演というトピックの効果は、やはりとんでも無く大きいのだろうと思います。番組終了までおとうさんたちお子さんたちに事故がありませんよう、またご祈願に行かなくては!
posted by レッド | 2015/07/06 10:23 AM |
>カエルさん

6月終わりからこの週末まで、仕事にくわえて風邪っぴき+腹下しという状態でブログの更新もままなりませんでした。いろいろ溜まってたやつらを放出できてスッキリ(ある意味腹下し・笑)

>「おとーさんが芸をしますからお金をください」

この番組では、村長(=MC。李鋭さんという役者さんが担当)から父子に対していろんな指令が出されるんですが(しゃがみ込んで諾一に話しかけるリウイエさんが持ってるロゴ入りの紙がそれ)、なにがしかその一環かも知れないですね。これ、第一番目のロケ地に着いて、これから村に向かうよ、ってとこみたいですが、『爸爸2』でもけっして簡単に行かせてはもらえてなかったから、こっちも……ヒッチハイクか……?
そしてどっちも箱に乗ってるお子らの乗り方の違いもおもしろいし、諾一とおとうさんの腕のポーズがまったく同じなのもかわゆいですね!

『爸爸2』を観ていると、おとうさんどうしが気持ちを合わせたり体をくっつけあったりしながら指令を達成してゆかなければならぬ場面がたくさん用意されています。
あんなことを、あのおふたりが、お子らの面前でやってしまうのか……と思っただけで昇天です。
またしても湖南衛視方面から確信犯なお写真がさっき微博にドロップされましたし(追加しました)。照れくささのあまり変なおどりをおどって誤魔化してもいられない状態に、どんどん追い込まれているものとおもわれます。

昨日から第3回目の撮影が始まりましたが、象山影視城で映画撮影中のリウイエさんが悪天候で進行が遅れ、こちらに来れなくなってしまっているという事態だそうで。
独りぼっちになってしまった諾一(でもきっと胡軍叔叔がやさしくしてくれる筈さ!)を救うためなのか、なんと昨夕、満を持して妹こいぬが降臨しました!
妹はちいさいからやっぱり帯同しないのだな……と思っていましたが『爸爸3』はそんなあまい番組じゃあ無かった。とんだ隠し球でした(笑)。
これはもうますます楽しみ! 続報を震えて待ちたいと思います!
posted by レッド | 2015/07/06 11:07 AM |
<< NEW | TOP | OLD>>