蛇果─hebiichigo─

是我有病。

| CALENDAR  ENTRY  COMMENT  CATEGORY
ARCHIVE  LINK  PROFILE  OTHERS  RECOMMEND
聖馬利亜。──『藍宇』其の燦拾穹
一陽来復。
今年のきょうは、太陽がうまれかわる日(冬至)と月がうまれかわる日(新月)が同時にやってくる、十九年に一度の「朔旦冬至」です。

朔旦冬至(さくたんとうじ)

陰暦十一月一日が冬至に当たること。
一九年に一度あり、これを中古以来瑞祥とし、「朔旦の旬」と称して宮中で祝宴が行なわれ、叙位、免租などもあった。


(日本国語大辞典)

おめでたい、ありがたい日です。
昨年のきょうはお風呂のバランス釜が壊れてしまって隣町の銭湯まで貰い湯に行きました。今夜は晴れておうちで柚子湯につかって『北京故事』を読んで、

新居で最初に愛し合った場所は浴室だ。

というとこらへんでほんのりするという09年12月22日以来の恒例行事を致す所存。


中国に「数九(shujiu)」というものがございまして。
冬至からの九日間を「九」として、それを九つ重ねた、81日間のことをいうのだそうです。
12月22日から81日を数えたところが3月12日。
冬至の夜に再会してマフラー巻いてもらってから、捍東の浮気を契機に藍宇が彼のもとを去るまでも、ざっとそのくらいの日かずだったのでしょうか。オリジナルのシナリオのト書は「春色無辺的夜」としているので如何にも数九ののちのようだけど。でも字幕としては「個多月後」と書かれていて、数字が無いので1ヵ月以上のちなのか2ヵ月以上のちなのか、或いはもっとのちなのかわからない。どうでも良いといえばどうでも良いことですが、年に一度『藍宇』に纏わるどうでもいいことに真剣にむきあってみる日がきょう、12月22日冬至ですのでどうも御免下さい。数九の最後の9日を「九九」と呼ぶそうで、9月9日生まれの胡軍さんのお嬢さんの愛称にもかぶっとるなあなんて思ったり。そういえば胡軍さん本人の数秘も「9」だった。

これも『藍宇』に病み呆けたひと(わしなど)以外にはほぼどうでもいいことかと思うんですが。
香港で『藍宇』が公開された日、『藍宇』というレジェンドがはじまったその日が、2001年11月22日だそうです。
冬至のちょうどひと月まえの、「1」と「2」がそれぞれ重なるゾロ目の日。
ゾロ目か。ゾロ目といえばですね。『藍宇』と筋少、双方に病み呆けているひと(ほぼ世界的にわしなど)以外にはこれまたほぼどうでも良いことかと思われますが。わしのだいすきなバンド筋肉少女帯さんがこの10月に発表した楽曲が“ゾロ目”(作詞:大槻ケンヂ先生 作曲:橘高文彦先生)というのです。

リセットなんかじゃなく
ふりだしに戻れ
いだきあい 二人で落ちていく
時の闇の中へ
二人は愛のゾロ目
時の果てでもゾロ目


つべのコメ欄で「演歌メタル」とまで称された楽曲の、そんな因果な歌詞を聴くたんびに時の闇のなかへいだきあい落ちてゆく捍東と藍宇を思い浮かべてなみだぐんでいたこの秋でした。そんな愛のゾロ目(ぷ)の御近影。






藍宇に死なれてのち、算命が告げるとおりにひとりぼっちでくそ長生きした捍東みたいなこれは、電視劇『赤水河』でおじいさんを熱演しているらしい胡軍さんです。
劉さんのはちょっとまえに微博にあげていた「復古的家庭照」。隙あらばあばれてやらんと虎視眈々のこいぬ兄妹を、おとうさんおかあさんががっちり押さえつけているさまもほほえましい一葉ですね。

【追記】
捕獲したての『北京、紐育』スチル。



「ヒロインが林志玲」という爆弾を内包しておる本作ですが、劉さんのへそがかわいらしいのでいっとき不安を忘れます(笑)。


さて。
朔旦冬至というスペシャルな冬至はこの先19年経たないと巡ってきませんし、19年後に生きているかどうかもわかりませんし、とりあえず生きてるうちにちょっとやらかしとこうと思い。
以下こそこそと。


この楽曲を知ったのは、昨年5月のリリースからほぼ一年が経とうという今年の春先で、いっときは文字どおり、寝ても覚めても聴いていました。

《決してひとつになりあえないそのままで話をしている》だとか。
《様々な幸せを砕いて祈り疲れ漸くあなたに会えたのだから》だとか。
《あなたを見つめあなたに見つめられ信じることをやめられないように》だとか。

作者曰く、「前を見て生きていかなければならない」という思い。
歌詞にこめられた素直なその思いにまっすぐ射貫かれ、射貫かれながら『藍宇』のことをかんがえていました。
こうした悪戯をすることがたいへん失礼にあたるとは承知していますが、失礼と承知で最早せずにはおれぬという衝動が、太陽と月の復活が近づくにつれてちょっともう、とめられないかんじになってしまいまして。
稚拙の至りではございますが。
限定公開ですのでごくごくこそこそと。
ごらんくださいまし。
(余所にリンクはしないでね)


さんたまりあ。


●たいへんすばらしい御本家様のMVはこちら

many thanks to Kenshi Yonezu.
| 09:46 | 藍迷。 | comments(7) | - |
Comment








わー!
新居で最初の冬至、柚子湯につかってほんのりしていらっしゃるころでしょうか(笑)。
つか、えーもう1年たつのですね。はやーい(汗)!

さて。
>中国に「数九(shujiu)」というものがございまして。
冬至からの九日間を「九」として、それを九つ重ねた、81日間のことをいうのだそうです

…“九日間”と聞いて最初に浮かんだのが、冬至の日から元日にかけてのふたりっきりの“九日間”でございます(笑)。
冬至の日の再会のときはまだなんかぎこちなかった藍宇を、
元日の昼にはあんなにえろかわいくしちゃった九日間…あああああ(笑)。
そんな九日間含めた81日……シナリオもそれを踏まえて書かれていたのかしら…とか考えちゃうといろいろたまりません(笑)。
「数九(shujiu)」というものを教えてくださってありがとうございます!

んで。
えええ!胡軍さんの『赤水河』ってじいさんなシーンもあるんだ?!
どんなお話なのか知らぬまま、つるつるのにいさんのお写真は拝見してたんですが…あらまあ…こいぬ劉邦ばりにがんこじじいなんだろうなあ…(笑)。
こいぬご一家お写真、これ、ほんとほほえましいですね(笑)。
おとーさん、むすめこいぬをおさえきれなかったか(笑)。

そして『北京、紐育』スチル。
…ええと、へそはかわいらしいのですが(笑)、これ気をぬくと“ぽよん”と腹がでたりしないだろうなと余計な不安にかられてしまってすいません(笑)。

そーしーてー!!
冬至スペシャル!(笑)“さんたまりあ”
こそこそ拝見いたしましたー!!!
すばらしいっ!!!!ええもん見せていただきました。ありがとうございます!!!(嬉)
ああもう、迷ならではのすてきんぐなあんなシーン、こんなシーン…
うっとりです。
画像がとても綺麗です。これってキャプチャ画面を加工したのでしょうか。
んもう、うっとりぽーです。冬至すぺさるぷれぜんつですっ!!(感涙)
ありがとうございましたー!!(^^)v
posted by カエル | 2014/12/22 11:19 PM |
日付は過ぎましたが
素敵な動画見させていただきました
やっぱりこのころの劉君かわいい、笑顔に癒されやっぱりいいわあと思いました。
そしてふー様若い!
歌詞が二人の気持ちに寄り添って・・・昔あったけど今は忘れかけた情感を思い出させてくれる。

昔、劉君がだしたシングル「愛無界」を思い起こす風を受けて手を広げる写真は、横顔のラインに強い自我を持っているなあと感じさせられる。

そしてレトロな家族写真。
気の優しそうなおにーちゃんはママン似かと思ったら目元がパパン。パパに似て自我の強そうなニーナちゃんの目元はママン似なんだーと思いました。もちろん子供の顔はこの先また変わりますが。

胡軍さんのお爺さん・・・ふさふさでうれし涙(えっ)
posted by blueash | 2014/12/23 12:53 AM |
追記
26年前の今頃二人は愛し合っていますね
posted by blueash | 2014/12/23 12:56 AM |
>カエルさん

柚子湯with『北京故事』、ほんのりさせていただきました(笑)。
そして昨夜は筋少の2014年ラストライヴで“ゾロ目”を聴き、拳をあげながら捍東と藍宇を思って、ほんのりいたしました(笑)。
『藍宇』と筋少を同じ地平に置いて愛でているひとは世界に私しかいないかもしれないけど。

数九は、12月22日から12月30日までを一九、12月31日から1月8日までを二九、のように数えていくそうなんですが、まさにこの期間に、太陽がうまれかわるように藍宇もうまれかわったわけですよね。
冬至の夜から新年までに起きたことがまったく描かれていないところが、やっぱり何度観ても巧いなあと思います。
冬至にうまれかわった太陽が死を迎えるそのときも冬至だったらよいのになあと思うけど、そうそう都合良くはいかないかも(笑)。
まず捍東が藍宇を目覚めさせ、のちに藍宇が捍東を2回(天安門のときとアパートで酔って寝ちゃったとき)目覚めさせ。でも最後の最後で捍東は、藍宇をふたたび目覚めさせることが遂にできなかった──という作りもいまさらながら巧妙だなあとこそこそ悪戯をしながら感動しきりでした。

こそこそ拝見くださりありがとうございます(笑)。
最初はあんなシーンこんなシーンをもっともっとてんこ盛りにしてしまい、iPhotoのスライドショーに「曲の時間に合わねえから写真減らせ!」といわれ、泣く泣くここまで削りました。
画像は、はい、露出やコントラストをかなりいじっております。だから映画の絵とはずいぶん変わっていると思います。映画のシーンを繋いだMVはたくさんの方が作ってますけど、それと同じことやってもつまんないので。結局は、私がいちばん楽しい悪戯、なので(笑)。

『赤水河』ですが、あらすじを読むと裕福な夫婦が官憲にはめられて財産をぶんどられ、夫(胡軍さん)は牢獄にぶちこまれ、それを助けるために奥さんが奮闘するという、どっちかといえばヒロインにフォーカスしたドラマのようです。
このスチルはたぶん、そういう苦難をくぐり抜けてのしやわせな晩年、みたいなシーンじゃないでしょうかね。

>これ気をぬくと“ぽよん”と腹がでたりしないだろうなと余計な不安にかられてしまってすいません(笑)。

三馬鹿電影から『ポリス・ストーリー/レジェンド』のぽよん期(泣笑)を経て、『北京、紐育』はちょっとシュッとしたシーズンに撮影されてると思うので、その不安はあまり無いと思うんですが(笑)。
とはいえ新年の朝の寝起き藍宇のへそと見比べてしまったのは言うを俟ちません。大人になったな(違
posted by レッド | 2014/12/24 9:56 AM |
>blueashさん

こそこそご覧くださりありがとうございます!
カエルさんのお返事にも書きましたが、もうなんかひたすら私だけが愉しいという、ふと気づけば締まりの無いにやけづらになったり涙ぐんだりというおばかさんな事態でした(笑)。
あらためて、やっぱり私は『藍宇』という物語が大好きなんだなという、その確認作業、ある意味リハビリとしても、良い効果があったと思います。

『藍宇』はふたりのデビュー作では無いんだけれど、自分にとっては、吉井和哉流にいえば(笑)「此レガ原点!!」です。
『藍宇』を観たあとにふたりの出演作品も何本も何本も観てきて、2014年現在の彼らのモードを承知の上でまたここへ戻ると、懐かしくて愛おしくてちょっと悲しくてでも新しい、不思議な感覚にとらわれます。

>26年前の今頃二人は愛し合っていますね

まったく同じこと考えて眠りに就きました(笑)。

ところで家族写真。
先日リウイエさんが嫁の少女時代のお写真を微博にあげていまして。
これ→http://img-cdn.jg.jugem.jp/77a/1412326/20141224_1384819.jpg
これ見ると、息子の目許って子ども時代のおかあさんに似てるんだなあというかんじなんですが、ぱっと見開くとリウイエさんそっくりになるし、妹にしろおとうさんおかあさんの美点をそれぞれ受け継いでる気がしますね。
おっしゃるようにこのあとまた変わっていきますし、先がたのしみなこいぬ兄妹でございます(笑)。

>ふさふさでうれし涙(えっ)

いまつるっぱげだから髪の状態がよくわかりませぬが、中のひとはたぶんこういうふっさふっさな晩年にはならぬような気が(殴
posted by レッド | 2014/12/24 10:24 AM |
年末の繁忙に取り紛れておりましたが、ようやくひと息つきましたので、ゆっくり舐めるように拝見いたしました(笑)。

真的迷ならではのMVですね!!!

私も「美少年の恋」という永遠の一本があるので、レッドさん達の想いいれがよくわかります。

イエ君の愛らしいつぶらな瞳に映る胡軍さんのダンディぶりに、イエ君ならずとも胸きゅんとしました。

この年越に「藍宇」を又観たくなりましたね。








posted by usako | 2014/12/28 5:09 PM |
>usakoさん

とってもお忙しいなかご覧いただき、ほんとうにありがとうございます!

恒例の吉井和哉武道館ライヴ、今年は「此コガ原点!!」というサブタイトルでしたが、これをつくりながらまさに同じことを感じておりました。
はじめて『藍宇』を観たときのあの気持ち。
それに駆り立てられてこのブログを始めたときの、ものすごく高揚していたあの気持ち。
ひとつひとつの場面をじっくり追いかけながら、そうしたものを改めて噛みしめておりました。

>真的迷ならではのMVですね!!!

usakoさんにそう仰っていただけると、ちょっとなみだが……(笑)。
捍東が藍宇に向ける、藍宇が捍東に向けるその表情とそこにこめられたさまざまな感情。それを選び取る自分の感情の記録でもあるなあこれは、と思ったりします。
posted by レッド | 2014/12/29 10:46 AM |
<< NEW | TOP | OLD>>