蛇果─hebiichigo─

是我有病。

| CALENDAR  ENTRY  COMMENT  CATEGORY
ARCHIVE  LINK  PROFILE  OTHERS  RECOMMEND
五黄。──『藍宇』其の燦拾祓

四孟の年のお生まれか。


万物を創造し育成し破滅させ腐敗させて無に還す。
何んにも無いところからなんどでも新しい命を生む。
五行は土星。方位は中央。即ち帝王の星であります。
剛腹で細心で。傲岸で多情で。
星どもはすべて貴方様の眷族。遍く貴方様に跪きましょう。かれらを統べるが貴方様の宿命。さらには天の意志。
貴方様に並びたつ星は今生、ひとつとしてありますまい。
屹度死ぬ迄、どれほどか、孤独でありましょうねえ。


大層な卦を告げられたそのとき、かれは疾うに彼岸へと去っており、卦の告げるとおり間然する所も無くおれは孤独だった。
稀にみる強運であり、かつ長命であろうといわれて、三十にも届かぬ齢で無惨に逝ったかれの逆運を想った。
千年も万年も生きたいなどと、願ったこともなかったろう。願っていたのはおれのほうだったかもしれない。かれの死をまえに為す術もたなかった「強運」など、なにほどの意味がある。かれをこの世に、この腕のなかに繋ぎとめておけるなら、強運も長命も、なにもかもさばさばと差しだしたかった。遍くすべての星に膝を折らせて、藍色の空に耀くただひとつの星、それだけを仰ぎ見ていたかった。


抱こうと伸べた腕が虚しく空を掻く薄寒い黎明。あとをひく夢を捩じ伏せて堂堂巡りの一日をはじめる。積み重ねて漸う五年。なみはずれた強運に裏打ちされた今生に、並びたつ星はすでに無い。



屹度死ぬ迄、どれほどか、孤独でありましょうねえ。



然も有らばあれ。
万劫不復。
顧みれば屹度、瞬きひとつの永日だろう。







『藍宇』のオリジナルシナリオでは、1988年晩夏、藍宇に出逢ったときの陳捍東を28歳と設定しています。
素直に逆算すればかれの生年は1960年。でもそのときにまだ誕生日がきておらず、1988年に満29歳になると仮定すれば、かれが生まれたのは1959年と考えることもできます。すると捍東は五黄土星の生まれとなり、捍東を演じた胡軍(1968年生まれ)と同じ星をもつわけです。
捍東より10歳年少とされる藍宇は、1969年の生まれと仮定すれば四緑木星。これまた藍宇を演じた劉(1978年生まれ)のそれに重なります。

五黄土星と四緑木星は相剋の関係にあります。「木剋土」、つまり木が土の養分を一方的に吸い上げて、相手を疲弊させてしまうのです。価値観とか感性がちがいすぎるので、永く暮らしていく上での相性はあんまり良くないそうなのです。
この「木剋土」の関係って、じつは捍東と藍宇のそれにもあてはまるのじゃないかとも、思います。

『藍宇』という物語においては、藍宇のほうが一途に捍東に尽くしおおらかにすべてを与えているようにみえるけれど、捍東が藍宇によって奪われたものだって、それなりに大きいのじゃないだろうか、と。

五黄土星はいつだって俺様がいちばん、宇宙は俺様中心にまわっていると思っている星です。
周囲をひきずり回し破滅させかねないほどパワフルなのに、みょうなところが繊細だったり、びっくりするほど弱かったりもする。
胡軍さん、そして彼が演じたキャラクターのいくつかを考えるとき、いかにも五黄土星だなあってかんじがするのは身贔屓ってものでしょうか。じつは私も五黄土星の生まれです。


本日を以てこのブログを作ってまる五年になりました。
それで、「五」をとば口に、埒も無いことを考えていました。
六年目もきっと埒も無いことを考え、書きつけていくのでしょう。
御用とお急ぎで無い方は、どうぞゆるゆると、お付き合いくださいませ。


※九星の本命星は旧暦でみるとのことで、翌年2月3日までに生まれた人なら前年の本命星が適用されるそうですが、捍東と藍宇の正確な誕生日がわからないので、以上の判断もシナリオの記述をもとにした非常にざっくりとしたものであります。何卒ご理解くださいませ。

| 09:58 | 藍迷。 | comments(6) | - |
Comment








あらら、藍宇の中のヒト←イエ君って言えよw、
アタシも四緑木星で同じですわ~、ニヤニヤしちゃったww
レッドさんが五黄土星だなんて、こりゃなにかしらのご縁を感じずにはいられませんね~。
しかも、黄色が入ってるんですね、うふふ。

って、五年の間、いろいろなことがあったでしょうね~。。。しみじみ。
六年目も大いに綴って下さい。
posted by パブロ・あいまーる | 2014/08/27 2:36 PM |
お。
冒頭の文章、出典はなんだろーとかってわくわくしつつ読んでしまいました(笑)。
てっきりなにか歴史もんの物語かと(笑)。
思わず脳内挿絵は山田章博さん(時節柄・笑)でうっかり読み進めていったら

>剛腹で細心で。傲岸で多情で
>屹度死ぬ迄、どれほどか、孤独でありましょうねえ

…あ。
これはまるで桿東ぢゃないかと思ったらやっぱり(笑)。

>かれをこの世に、この腕のなかに繋ぎとめておけるなら
>遍くすべての星に膝を折らせて、藍色の空に耀くただひとつの星、それだけを仰ぎ見ていたかった。

…あああ(涙)美しい文章にしばし漂わせていただきました。
ありがとうございます。
そして。
ぬかった!一日過ぎてしまったあ!(滝汗)
昨日で五年。今日で五年と一日。おめでとうございます!
レッドさんがこのブログをつくってくださったおかげで、偏狭な私の世界(苦笑)も広がった気がいたします〜。
これからもどうぞよろしくお付き合いくださいませ〜!

ちなみに私は八白土星です〜(笑)。
posted by カエル | 2014/08/28 12:38 AM |
>パブロ・あいまーるさん

夫婦としては相性あんまり良くないみたいですが、仕事をする相手だったら吉なんだって@四緑木星と五黄土星。
だから『藍宇』が名作になったのね(笑)。

パンチドランカーツアーのときに、イエロー・モンキーのメンバーを、ステージのポジションに従って四神に置き換えてみたことがありまして。
アニーが玄武、エマが青龍、ヒーセが白虎、吉井さんが朱雀。
中央が空くのでそこは五黄、とか勝手に悦に入っていたなあ……。

『藍宇』という物語を好きすぎるあまり、なにかと頑なになってしまったり、寛容になれなかったりしたこの五年でした。対象が『藍宇』じゃなくっても(吉井さんでも)、自分はもうずっとそんなかんじなんですが。
そういう性分によって五黄土星は孤独になっていくんだと思いますが、他人の顔色を窺って他人に調子合わせすぎると運気が下がるそうなんで、六年目も適度に俺様なかんじで行かせていただきます(笑)。
posted by レッド | 2014/08/28 8:52 PM |
>カエルさん

お。
カエルさんも土星チームでしたかあ。
八白さんとは相性良いみたいですよ!
でも同じ土性でも八白さんは強固な意志をもち、ゆるぎなくどっしり構えた「山」で、五黄は二律背反する要素がひとつになった「太極」なんだって。
味噌も糞も一緒ってことなのねえええ(号泣
なので発酵食品がすきなのねえええ(号泣

捍東が五黄土星で藍宇が四緑木星とするならば、

「九星の中でも、あらゆる面で最も執着の強い五黄土星と、最も執着心の薄い四緑木星のカップル」

ってことになるそうです。

「なかなか縁は切れないようですので、お互いをどこまで許しあえるかにかかっていると言えます」
「五黄土星の執着は非常に強く、相手のことを自分のものだけにしたいという気持ちも強いので相手を束縛したり、自分の思い通りにしがちです。一方、四緑木星のほうは、常に自由でいたい性格なので、束縛されてしまうと、表面上はしたがっても、隠れてやりたいことをやるようになります」

ああ……まるっきり捍東と藍宇(笑)。

そんなふたりを、六年目もあたたかく見守っていく所存でございます。
山田章博先生の絵を思い浮かべてくださったなんて勿体無いです。
カエルさんのコメントに力をいただく場面がとても多いです、ありがとうございます。
負けず劣らず(笑)偏狭なブログと偏狭な管理人ですが、六年目も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
posted by レッド | 2014/08/28 8:53 PM |
5年到達&6年目おめでとうございます☆
さすがの読み応えで文章そのものが魅力を放ってすごいです。
捍東と藍宇の星のめぐり合わせが、胡軍と劉と同じで、さらにレッドさんと藍宇(劉)の星のあわせと同じとは・・・・では捍東が藍宇を愛するように愛して、藍宇(劉)はやはりレッドさんから何かを奪っているのかしら、とも思ったりしました。
捍東の土の養分を奪ってしまっても、藍宇(劉)の木からは真実の種を土に返したように、きっとレッドさんの心にも種を落としているのでは。
相剋の間柄よりも強い魂の繋がりがあった二人。
相手を根こそぎ失い、土にぽっかり大きく開いてしまった穴を埋めることはできなくても、捍東に後悔はないと信じてます。
これからもblogを楽しみにしてます!
posted by blueash | 2014/08/28 11:12 PM |
>blueashさん

締切仕事を片付けていましたのでお返事遅くなってすみません。
御言葉、どうもありがとうございます。
ふたりの九星はあくまでシナリオに基づいた仮定なんですが(『北京故事』では27歳と17歳で出逢っているので、そっちに基づけばぜんぜん変わってしまいます。映画は俳優の実年齢に合わせて変えたってことなのかな?)、たまたま仮定してみたら、演じたふたりのそれにぴったり重なってしまったことにびっくりです。
しかしたとえ仮定でも偶然でも、火のないところに付け火をしてでも無理やり煙を立てがちなブログをやってる者からしてみれば、こりゃもう福音のようなものです(笑)。考えてみればうちのサンセベリア・ローレンティ「おっさん」も、まさに土と木の関係じゃないか!とますます図に乗ってしまいそう(笑)。
四緑木星が五黄土星をなにかと振り回す関係らしいのですが、「仕事での相性は良い」ってことなので、そのふたりの調和と共鳴が「捍東と藍宇」をつくりだしたんでしょうね。
(余談ですが關錦鵬監督は七赤金星。吉井和哉のそれと重なります。これまた福音か・笑)

>相手を根こそぎ失い、土にぽっかり大きく開いてしまった穴を埋めることはできなくても

まさに、木剋土であった関係で、土が木を喪うということは、そういうことなんだなあと思います。
五黄はマイナスをプラスに変え、ポジをネガに戻し、創造と喪失をくりかえす星ですが(というか創造も喪失も「ひとつのもの」なので、分かち難いのですが)、それでもやはり、生涯かけても埋め難い穴というものはあろうと思うのです。
捍東にとって藍宇がそういう「穴」として永遠に機能してほしい、と望んでいるところもあり。
原作みたいに女と再婚する平穏な人生ではなく、相愛の相手を喪い永遠に独りぼっちでいる「不幸」に於いてこそ、捍東はもっとも幸せであってほしい──と勝手に願っているんです。

ちょっと別のところにも書いたのですが、私は『藍宇』を愛しすぎるあまり、『藍宇』を神聖視しすぎるあまり、『藍宇』をテーマにした所謂SS、二次創作など以ての外じゃ!と思っていました。
ただ、捍東の口を借りるとなんだか言葉が書きやすいということも、ちょっとわかりました。
捍東の目に映った在りし日の、そして在らざる日の藍宇を綴ってみたいという願望は、五年を契機に、ちょっとずつかたちになっていくかも知れません。
これからも、どうぞよろしくお願い致します!
posted by レッド | 2014/08/30 9:02 AM |
<< NEW | TOP | OLD>>