蛇果─hebiichigo─

是我有病。

| CALENDAR  ENTRY  COMMENT  CATEGORY
ARCHIVE  LINK  PROFILE  OTHERS  RECOMMEND
お姐様の御墨付き。
先週お熱がでたと思ったら案の定、週末から咳がものすごいことになって七転八倒のあげく夜も眠れません。こうなったらもう売薬飲んだって如何ともし難いわとおもってお医者に行ったら、「風邪じゃないです。気管支炎です」と診断されてしまいました。当分おとなしくしていないといけないそうです(といいつつ夜更かしをしていますが)。抗生物質を服用しているので酒ものめません。あと1週間ちょっとで『ポリス・ストーリー レジェンド』が劇場公開される、そのカウントダウン突入というめでたい局面なのに辛気くさいったらありゃあしません。ああそうでした。みなまで言いたくないですけどやっぱりつるっと外れましたわ試写会なんか試写会なんか試写会なんか。


それでも今日はちょっと気持ちが上がることがあった。
セントフォース学園映画研究部が『ポリス・ストーリー レジェンド』について語るこの企画。1限目はいまいち本題に踏み込んでくれなくって歯痒かったですけど、27日公開の2限目ではそこそこアツいお話が展開しています。なにがびっくりしたかってブルボンヌ先生がのたまったこの御言葉。


「相手役の劉燁さん?
ジョニー・デップ似だなとあたくしは思ったんだけど」



そのあとで「ちがうかな?」と小声でおっしゃってましたけど。
いいえ断じてちがわないですわブルボンヌ先生ッッ!!



前にも書いたことがありますけれど私、かつてはちょっと頭のおかしいジョニデさん迷をやっておりましたその概要→
外国の映画スターさんで「ちょっとええな」とおもう方はそれなりにいるけれど、ジョニデさんほどずっぽり首ったけになった方は後にも先にもいません。英語でファンレターを書こうか、くらいまで思い詰めました。海賊映画以降はお熱がさめちゃったんだけど、いまだに好きな外国の映画スターさんの筆頭は彼です。


劉燁に出逢ったとき、若い時分のジョニーみたいなひとだなあと、ちょっと思ったりなんかしました。


なんてことも、ここに書いちゃってます。

双方の迷からは異論も反論も噴出しそうですが、やはり自分が底無し沼にはまるぐらいの勢いでずぶずぶになってしまう対象って、すくなからず似たところがあるんだと思います。「若い時分のジョニーみたいなひと」と感じたのがどこかといえばまずその外貌に。顔の骨格。そしてなによりも眼。ジョニー・デップの双眸が台詞以上に雄弁などということはいまさら語る迄も無いことですし、眼の演技ということでは劉燁だって人後に落ちません(セントフォース学園映画研究部でも「目もとに特徴のある方でしたよね」と伊藤綾子さんに言われてます)。
そういうこともですが、役者として一定のイメージにとどまること無く、そうしたものを突き崩し変化することを怖れないというのも、やはり両者に通じるありよう、という気がします。もっと単純なことをいえば自分が『PROMISE 無極』の鬼狼がすきですきでだいすきなのは、鬼狼のビジュアルにどこかエドワード・シザーハンズが重なるから。


そんな次第でおとなしくしていなければいけないくせにちょっと図に乗ってしまったので、『ポリス・ストーリー レジェンド』とはぜんぜん関係無くって申し訳ないんですけれど、ジョニデさんが過去に演じたキャラクターのなかでも最愛のふたりを記念に貼っときます。いつまでもだいすきですよ。



edward.jpg
Edward Scissorhands




William Blake



| 01:27 | 警察故事2013。/ポリス・ストーリー レジェンド | comments(4) | - |
Comment








鬼狼見たときの既視感は、これだったんですね〜。
謎が解けました。
シザーハンズ、映画館で観たんですよ。
大好きです😄
posted by yonko | 2014/05/29 6:30 PM |
なんとっ!?気管支炎ですとーっ?!!!(涙)
どおかお大事に〜(;_;)

…ブルボンヌ先生、以前、某NHKの爆笑問題の番組(だったかな?)でお見かけしたような。

>ジョニー・デップ似
…ほおおお!!
って私、すみません、ジョニー・デップさんの映画って観たことないんですが(汗)
レッドさんが載せてくださったお写真…
『シザー・ハンズ』のキャラクターは確かに!鬼狼っぽい!!
…それと。
2枚目のお写真は…これは…ごめんなさいごめんなさい、なんていう映画のキャラクターなんでしょうか??
いや、これ!まんまリウイエさんぽくないですかっ?!!
横顔、目線…うわー…。や、これ、いいカットだなあと思ってしまいました。

…んで。
ブルボンヌ先生…『山の郵便配達』を挙げてくれたのはいいんですが、なぜ『藍宇』を挙げてくれん?!つかご覧になっておられない??
ま、この談話ぢゃ無理がありますかね…(ははは…は・涙)。
posted by カエル | 2014/05/29 11:13 PM |
>yonkoさん

「この顔色のちょう悪いメイクはたしかどこかでさんざん見た覚えが……エドワードぉぉ!!」
みたいなかんじでございました(笑)。
ハサミの手と黒衣という縛られ加減にも通ずるものがあるとおもいます。
『ビートルジュース』を観に行ってちょっとがっかりしたので『シザーハンズ』は映画館で観てないんですが、観ときゃよかったです。たぶん主役の問題だったんだろうなあ(笑)。
何度観ても、わかっちゃいるけど何度も泣ける、大好きな映画です。
posted by レッド | 2014/05/30 9:27 AM |
>カエルさん

すいませんそういう次第なんです……。
でも、今朝あたりはお薬のおかげでだいぶ落ち着いてきました。

爆笑問題の番組って、『バクモン』のLGBTをとりあげた回でしょうか。私も観た! 
そして同じくブルボンヌ先生がいつ、
「このひとはね、若いころにはゲイの役もおやりになっているのよ」
とかっつって『藍宇』の話にもってってくださるのかしらッ!と思ってどきどきしたあげくにがっくりしたクチです(笑)。なんでツイ子の話で終わるの……。

エドワード・シザーハンズ、ビジュアルは鬼狼だけど、そのありようはじつは老三にも通じるんですよ。
ひたすら人のためを思い、人のために良かれと思って行動しようとするんだけど、ハサミの手という異形のせいでどうしてもはみだしていかざるをえない悲哀のようなものが……だめだ朝っぱらからなみだがでちゃう……。

いちばん下のお写真は、ジム・ジャームッシュ監督の『デッドマン』の主人公、ウィリアム・ブレイクです。
善良でおぼこい青年が運命に弄ばれたあげくおたずね者として追われることになってしまうという不思議なロードムービーで、私のなかでは好き度ということでいったら『藍宇』と双璧です。概要はこちらをどうぞ→http://movie.walkerplus.com/mv10847/

世間知らずの純情な男の子がいろいろあって凄腕のガンマンに変貌していく、その過程を繊細に演じていくジョニーが、見ていて胸苦しくなるほどに美しいです。
世間知らずの純情な男の子にいろいろある話といえば自分のなかではもちろん『藍宇』もそうで、藍宇にはウィリアム・ブレイクほどドラマティックな変転は無いけれど、やっぱり一脈通じるかんじが……っていうかたぶん自分がどうしようも無くすきなものが「そういうもの」なんでしょうねえ(笑)。
(『真夜中の相棒』のジョニー・グリフィスなんか、まさにそうですよね)
これは森のなかで死んだ子鹿を見つけたウィリアムが、その血で顔に化粧を施して(頬の稲妻模様みたいなの)、子鹿に寄り添って横たわる、映画のなかでももっとも静謐でマジカルで美しい場面です。
リウイエさんがやったとしても、すんばらしく似合うとおもいます(笑)。死んだ子鹿を抱くリウイエさん見てみてえ……。
posted by レッド | 2014/05/30 9:30 AM |
<< NEW | TOP | OLD>>