蛇果─hebiichigo─

是我有病。

| CALENDAR  ENTRY  COMMENT  CATEGORY
ARCHIVE  LINK  PROFILE  OTHERS  RECOMMEND
蜘蛛の紋様。
蜘蛛という生きものを昔は嫌いでした。いまはすきです。お便所で脚高蜘蛛に出逢えば「おっす」と挨拶しますし、仕事机に遊びにくる蠅捕蜘蛛を手にのせて愛でたりなどして、愉しく共棲しています。
秋口、軒下に絡新婦が巣をつくりはじめたときはちょっとどきどきしました。洗濯物を干すのにじつはかなり邪魔になる位置でしたが、巣がどんどん大きくどんどん複雑になるのにみとれてしまい、洗濯物は巣を壊さぬよう、「すいませぇんちょっとおじゃましまぁす」みたいなかんじで遠慮がちに干すことにしてふた月。絡新婦の巣は直径1メーター余りにもなり、甚大な被害をもたらしたあの二度の台風にも負けずにもちこたえていました。ますますみとれていましたが、おととい大家さんが庭掃除に来たときにきれいさっぱり除去されてしまいました。

私がひっそり愛でているものの美しさなんかだれにも伝わりゃしねえんだ。
雨上がりの朝、水滴がからみついてきらきらひかるあの複雑な紋様、それがどんなに綺麗だったか。
日々、どんなに慰められたか。
なんてことは、言わなきゃわかんないやつには言ったってわかんねえんだよ。

と、ちょっとがっくりしている今日このごろ。すいませんいつもの伝で前置きが長いですが要は『警察故事2013』国際版海報とタイ向け預告片でましたよと。
で、どうやら劉燁さん演ずる武江の胸には蜘蛛の刺青が刻まれているらしいですよと。






(カントニーズ版も出炉。英語字幕があるからちょっとわかりやすい。)

これまででたスチルでも、武江のオフィスらしき場所の内装や調度(ジャッキーさんが縛りつけられている椅子の背もたれなど)に蜘蛛の巣のモチーフが多用されているのがわかりますし、


警察故事4.jpg警察故事2.jpg

この厚化粧のアバズレもとい鐘文(ジャッキーさん)の娘・苗苗(景甜)の首筋に蜘蛛の刺青があるのも、武江とおそろいで彫ったのじゃないかと。


警察故事3.jpg


劉燁さんが刺青をもつキャラクターを映画で演じるのって初めてではなかったでしょうか。設定じゃ刺青ありだけれど劇中で肌身を見せることがなかった、そんな役もあったかも知れませんが。黒社会ものでいえばたとえば『ブラッド・ブラザーズ』の大剛とか『姐御』の向東とか『米尼』の阿康とか、あったって不思議じゃ無い。極彩色の龍とか鳳凰とか背負ってたらそりゃあ綺麗だろうなあ。とおもいつつ返す刀ですかさずその極彩を這う男の指とか妄想していますすみません。
でもこれみよがしに諸肌脱いで紋紋御披露みたいな場面このひとに演られたらなんか気恥ずかしいなあ。
まあしかしなんだ、「本作では劉燁さんが金網デスマッチに挑戦かッ!?」という事実のほうが刺青どころじゃ無く気恥ずかしいとおもうけどなあ。
タイ向け預告片が無闇とサービス満点なのはジャッキーさんの『ライジング・ドラゴン』がタイで大ヒットしたからということらしいのですが、それにしてもサービスしすぎでいろいろどうもありがとうございます。



絶賛金網デスマッチ中の劉燁さん。

あいかわらず預告をみても状況がさっぱりわからないのですが、このひとは武江本人なのか。それとももしかしたら小さいころに引き離されて鉄仮面かぶせられて地下牢にとじこめられて金網デスマッチ戦士として純粋培養された武江のふたごの弟だったり? 『硬漢/アンダードッグ』『硬漢2』で劉燁さんに二度にわたって尻を出させた丁晟導演の仕事ですのでもうなにがどうなっていたところでいまさら驚きませんよ。昨年のいま時分でしたか、いきなり深紅のモヒカンにバリカンアート入れたパンクス姫になっちゃったときは魂消ましたが、世を拗ねて不良になったんじゃなくて本作の撮影のためだったんですね。
星美千易のパーティーに出て嫁とチュウしたりおうたを(とほほ)うたったりしているいっぽうで、お仕事では金網デスマッチだったんですね。
金網デスマッチのかたわら勿体無くも我的微博に絵文字レスなんか下さったのね、イエたん……。


【追記】
赤毛の金網デスマッチ戦士のガチなデスマッチっぷりを記録した映像でました。




丁晟導演の粋なはからいでしょうか、『硬漢2』のときにさんざんいたぶられた柳海龍さんとのリターンマッチです。個人的にこれはもおたまりません。そして劉燁さんがふつうに武闘してふつうにかっこいいんでびっくりだ(ごめん)。でもやっぱりほんとうにたいへんだったんだね……。



『警察故事2013』日本公開の暁に、金網デスマッチ場面で銀幕みつめて滂沱のなみだを流している女がいたらそれはまつがい無くわたしです。



いただきもの画像。ありがとうございます。

| 13:08 | 警察故事2013。/ポリス・ストーリー レジェンド | comments(4) | - |
Comment








蜘蛛の巣といえば。
『王的盛宴』にもでてきましたねー。綺麗で、でも絡め取られる暗示っぽくて好きでしたー。

うむむむ…。蜘蛛のタトゥーの赤い髪の戦士…(笑)。
確かリウイエさんの役どころってクラブオーナーぢゃなかったでしたか?自ら戦士に?
…もしかして、クラブ会員限定秘密のお楽しみ金網デスマッチショー?!(笑)
いや。
監督のことだから…クラブ会員限定秘密のお楽しみ金網デスマッチ“野球拳”ショー?!(大爆)
…野球拳ていってもぱんつ一丁なんですが(笑)。
などと毎度しょーもないこと考えてしまってすみません(苦笑)。

>ですかさずその極彩を這う男の指とか

…ふふふふふ腐(笑)。
ならば、クラブの地下牢でヤク漬けにされて恐怖心も失った赤い髪の戦士を救いに、単身乗り込んで「愛してるぜ」とささやくのはやはり斑目フー太郎もといあんつぁまでしょうか!!(笑・すいませんすいません…)…そんな話ぢゃないってば…。

しかしどおせリウイエさんに蜘蛛のタトゥーいれるなら、蜘蛛がどーんとはいってるんぢゃなくて、蜘蛛の巣が肩から背中にかけて絡め取るように彫られてるような官能的なの入れてほしかったなああああ…なんぞと思ってしまってこれまたすみません(笑)。
指を這わせるのがあんつぁまだけに…ってだからあんつぁま出ないってば(笑・ほんとすいません…)。
posted by カエル | 2013/11/26 11:12 PM |
>カエルさん

『王的盛宴』の蜘蛛の巣ってどこに出てきてたっけ……と観直してたのでお返事遅くなってすみません。
後半のほうの、蜘蛛の巣越しに簫何さんをとらえるカットですね。いかにも簫何さんの身の上を象徴するのような……。
本作でのリウイエさんと「蜘蛛」のモチーフにもそういう関係性あるのかしら……。
おっしゃるとおりクラブオーナーのはずなので、なんでタイのあんなとこで真っ赤なアタマで砂まみれになって殴ったり蹴ったりしてるんだかよくわかんないのですが、それも武江の過去、さらには武江が人質と交換に釈放を要求している拘留中の「犯罪者」と深く関わることだったりもするのかもしれませんね。「囚われる」というイメージが「蜘蛛」とも重なるし。

しかし昨夜でたメイキング映像では「凶暴無比の肘撃ち!」だの「足蹴りの疾きこと風のごとし!」だの「敏捷な身のこなし!」だの、極北ターゲットとしかおもえぬほのぼのテロップつけられちゃって……。
やっぱりみんなリウイエさんの武闘仕事を手に汗握って見守っているのだな(笑)。

>蜘蛛の巣が肩から背中にかけて絡め取るように彫られてるような官能的なの

と伺ってデフォルトで寝食忘れるかたわら谷崎潤一郎の「刺青」を読みかえしてしまいましたよ昨夜は。
あれは蜘蛛の巣じゃなくて蜘蛛そのものだけど。

……針の痕は次第々々に巨大な女郎蜘蛛の形象を具え始めて、再び夜がしらしらと白み初めた時分には、この不思議な魔性の動物は、八本の肢を伸ばしつつ、背一面に蟠った。

「己はお前をほんとうの美しい女にする為めに、刺青の中へ己の魂をうち込んだのだ。お前はもう今までのような臆病な心は持っていないのだ。男と云う男は、皆なお前の肥料(こやし)になるのだ。」

娘は次第々々に知覚を恢復して来た。重く引き入れては、重く引き出す肩息に、蜘蛛の肢は生けるが如く蠕動した。

「親方、私はもう今までのような臆病な心を、さらりと捨ててしまいました。──お前さんは真先に私の肥料になったんだねえ」……

刺青師清吉のキャスティングはご随意に(笑)。
posted by レッド | 2013/11/27 9:45 PM |
區雪兒監督のデビュー作「明明」というマイナーでオサレな映画があるのですが
その中で主役のひこがすんばらしくビューテホーな薔薇の刺青をしてます エロティックでとにかく、ビジュアル勝負です(笑)
http://hikomei.blog56.fc2.com/blog-entry-314.htmlに写真載せてます(笑)

とまあ〜ひとさまのお宅でひこの話だけじゃ流石に拙いですよね〜(滝汗)

蜘蛛の巣は嫌いじゃ無いのですが 田舎の家の庭に夏場はおっそろしく張り巡らされて
暗い中 庭に出たりしたら顔に髪にベッタベッタにくっついて大変なのです
でもイエ君の胸の蜘蛛ならくっつかれても良いなぁ〜(言うに事欠いてなんたるオチ 笑)
posted by usako | 2013/11/27 11:42 PM |
>usakoさん

リンクありがとうございます、記事とお写真拝見しました。
寡聞にしてこの作品も導演もぜんぜん知りませんでした。
でも眼福でした。棘まみれの薔薇の蔓がからみついて、体全体を緊縛している、みたいな意匠の刺青なのでしょうか? ぜひ映画観て全容を確認してみたいです!
刺青というものが私はけっこう好きで、一時は自分も入れてみたいと思っていました。でもやはり美しい刺青は、役者さんの美しい肉体を画布にして眺めているのがいちばんかなと思います。本作のリウイエさんの蜘蛛の刺青はちょっと小さめなので、次回はぜひ!背から胸からを彩る極彩美麗なやつをひとつお願いしたいと思うのですがだれかやってくれる導演いないかなあ……。
posted by レッド | 2013/11/28 2:18 PM |
<< NEW | TOP | OLD>>