蛇果─hebiichigo─

是我有病。

| CALENDAR  ENTRY  COMMENT  CATEGORY
ARCHIVE  LINK  PROFILE  OTHERS  RECOMMEND
歓迎光臨・藍色番外地。──『藍宇』其の燦拾
『藍宇』DVDにはさまざまなバージョンがあります。
個人的な覚え書きも兼ねて、世界の『藍宇』まとめ記事なんてものも1年前に書いてみました。

いまから10年すこしまえ、台湾の群體工作室という会社が『藍宇』の「加長版」なるものを出しました。
オリジナルバージョン(86分)の『藍宇』に、削除された未公開シーン(捍東と林静平の新婚+倦怠期シーン、捍東と藍宇のお風呂シーン、雪の公園のシーン)を入れ込んで、100分ほどのロングバージョンに編集し直したものだということです(観たことがございませんのでその詳細はわかりません)。
勿論そんなもんを勝手に作って勝手に売られたプロデューサーや監督が承認する筈も無く、一時は訴訟という話も出たようだし、ショックを受けた香港のファンのあいだで不買運動が起きるなど、ともかくこの「加長版」なるものは相当な物議を醸した代物だったようです。そのあたりのお話は「藍宇的北歐」さんに書かれています。

群體工作室製作・発行の台湾版『藍宇』を私は2点持っておりまして、うち1点は本編から独立した映像特典というかたちで未公開シーンを収録しています。
加長版がすったもんだしたあと群體工作室は未公開シーンを本編から除き、おまけとして収録し直した版を出したということですから、たぶん私の持ってるディスクはそれに相当する内容でしょう。
台湾版『藍宇』すなわち加長版、と私も『藍宇』にはまった当時はそう思っていたし、いまだにそういうワードで検索してここを訪問してくださる方もいらっしゃいますが、いま現在流通している台湾版についていえば、『藍宇』本編は日本版と同じ(しかし無修正の)86分版です。

ただ、「藍宇的北歐」さんによれば、そのディスク(本編86分+特典の未公開シーン)に「ポストカードブック+サウンドトラックCD」をつけた「完全珍蔵版」なるものがあったという。


えーと、前置きが長くなってしまいましたがじつは先月、『王的盛宴』公開カウントダウンまつりのまっただなかに、その「完全珍蔵版」がおうちに来ていまして。
たまたま某オークションに出ていたのをみつけて入札したところ、終了まで私以外にどなたも入札なさらなかったため、結果的に私が落札という体になったと、いう次第でございまして。
なにしろ『王的盛宴』で狂騒状態だったもんでちょっと落ち着いてからご報告しようと思っていて、今日になってしまいました。劉邦さんのもさもさした萌え画像や萌え動画にテカテカしながら、いっぽうではそんなものにもテカテカしていた私でございました。


ディスクそのものは同じの持ってるんで珍しくは無いんですがなにがテカテカってジャケがです。





すてきー。
あざとい商売だなあとわかっちゃいるけどこういうのに弱いー。
無許可で勝手に加長版とか編集して出して金儲けしやがってばかやろうという印象を群體工作室には持っていたけど、ちょっとこのジャケで勘弁してやる(げんきん
そしておまけのポストカードブック。


表紙。





以下その全容12枚。(※クリックすると大きくなります)
















探せば落ちてる画像だと思うし、古参ヲタ様的にはこんなんとっくに持ってるわよって話かもしれませんが。
でも、私がみつけて、私がほしいと思って、動いて、結果私のところに来てくれた。
そういうことがちっちゃくしみじみ嬉しいわけです。こと『藍宇』については。
それってやっぱり「ご縁」てもんだから。
出品してくださった方にはどれだけ感謝してもし足りません。
ほんとうにありがとう。大切にします。

| 11:33 | 藍迷。 | comments(10) | - |
Comment








思い入れのある作品はどんなものでも欲しいですが
貴重な「完全珍蔵版」が自分の元に来てくれたのは
本当にこれはそうなるべくして来たのだと思います
良かったですね 私まで凄く嬉しいです

私も今の私に運命を変えた「美少年の恋」は
どんな小さな切り抜きでも欲しいと思い探しました
縁あってブログを始め 何年か経った時 
知り合ったひこ迷さんから「私よりももっと大事にして下さるから」
と夢にまで見たポスターを送って頂きました
日々頑張っているとご褒美が貰えるとその時判りました

お互い 心を奪われてしまった以上 粛々と従うしか無いですね(笑)
posted by usako | 2012/12/08 8:01 PM |
カットの入浴シーンって、
やっぱ、グハグハ〜ですか?(笑)

しゅてきなポスカで燃料満タン?
休日なしの日々、加油って乗り越えてくださいね!(*^^*)
posted by パブロ・あいまーる | 2012/12/08 8:40 PM |
垂涎のDVDは来るべき所に来たと思いました。
運命ですね。

ポストカードの写真をありがとうございます。
写真をみて藍宇に身も心も浸っていた日々を思い出しました。愛しい人の寝息を聴きながらパジャマのボタンを繕う藍宇かわゆし♪
今日一番の癒やしになりました。
posted by blueash | 2012/12/08 11:46 PM |
きゃー!
完全珍蔵版ならびにポストカードブックご紹介ありがとうございます!
うわあ。テカテカジャケ(笑)すてきー!

そして。
ポストカードブック!
車の中のお写真!藍宇の表情がいいー!
このシーンのにやけたにいさんのお顔もだいすきですが(笑)いいなあこの藍宇の表情。
このシーンて、藍宇はちょっとすねた、なきべそかく寸前みたいなお顔だとばかり思ってましたが、こんな一瞬の笑みを見せてたんですね桿東に。これぢゃあにやけるはずだよ(笑)。

左側一番下のお写真…たいへんえろうございます(ごっくん・笑)。
にいさんの目がただごとでわありませんです…。

レッドさんのすてきなご縁のおすそわけ、ありがとうございます〜(^^)。
posted by カエル | 2012/12/08 11:50 PM |
おおお!なんと素晴らしい!!!おめでとうございます〜。
「私がみつけて、私がほしいと思って、動いて、結果私のところに来てくれた」ってしみじみと嬉しいですよね、縁を感じます。
10年も前の物がこうやって自分の手の中にひょっこり転がり落ちてくる。そうゆうことがあると「やっぱり運命」なんだとと思います。
posted by みつむし | 2012/12/09 1:09 AM |
>usakoさん

「モノ」に執着する人間では無かったはずなのに、『藍宇』に出逢ってからはそのあたりも変わってしまったのか……いや、やっぱり『藍宇』が特別なのでしょう。「集めよう」としているわけでは無いのに、なんだかみょうに「集まってくる」感がございまして。
いただきものにしろ、自分で買うものにしろ。
あと、たまたま「見つける」とか。
この完全珍蔵版にしても、必死になって探していたんじゃぜんぜん無かったんです。しかしさすがに、行き会ったときにはちょっと息がとまりましたが……。

意識的に「欲しい」と思っていなくても、無意識が欲望をかたちにしてくれるのかもしれません。レッドそのあたりはもう、「粛々と従う」しか無いのでしょうね。
休み無しで年末進行がんばってる、それへのご褒美と思うことにします(笑)。
posted by レッド | 2012/12/09 9:26 PM |
>パブロ・あいまーるさん

入浴シーンはぜんぜんグハグハ〜じゃ無くって、捍東が藍宇をシャンプーしてあげる、ごくごく短いシーンです。
でも、
「そうだった。しあわせってそもそも、たったこれだけのものだったんだよな」
みたいな。
「しあわせ」がすーごいぎゅっとしてるかんじ。
ちいさい子どもをお風呂に入れてあげてるみたいに藍宇をそっと扱う捍東@胡軍さんの手つきのやさしさに泣きます。

ああ、しかし今日もまったく休めなかった……そして親類の法事も行けなかった……まだ仕事終わってなかった……。
そんなだから、せめてものご褒美いただけたと思うことにします(笑)。
posted by レッド | 2012/12/09 9:27 PM |
>blueashさん

今日一番の癒やしとおっしゃっていただけるなんて、冥利に尽きます。
ありがとうございます。

パジャマのボタンを繕う藍宇と(やっぱり横顔最強)、そのむこうでうなじを見せて眠る捍東。
このカット、ほんとうにたまんないです。
藍宇の着てる、えりぐりとそでぐちがちょっとよれっとした、着古したトレーナーがつつましい……。

そしてたぶん、これがふたりにとっての最後の夜なんですよね。
ボタン繕ったパジャマをきれいに畳んで、ベッドの上に置いて、眠る捍東を残して翌朝、藍宇は永遠にこの部屋を出ていくんですよね……。
posted by レッド | 2012/12/09 9:29 PM |
>カエルさん

10年前だったら持ってるひと普通にいたと思いますが、既にあんまり情報が出てこないところに歳月をかんじました……。
最近好きになった方にぜひご覧いただきたいなあと思ったので、おもいきって公開してしまいました。このためにスキャナーまで買ったばかもの……。しかしスキャナーほんと使えます!

捍東にいぢめられて、なんだか泣きそうになってたところを、甘い言葉でちょっとだけ笑顔をとりもどす。
そういう一瞬なのかな。
かわいいです……。
おらもにやけてしまうだよ……。

クランクイン直後に監督の車で送ってもらうんだけどもじもじして一切口きけなかった、絶賛はつ恋中の中の人もリアルにこんなかんじだったのかな……。

左側一番下は、ちょっとあのー、アングルがびみょうでわ……。
ぱんつから脱がす。
ぱんつだけ残す。
どっちが美学なのか……。
posted by レッド | 2012/12/09 9:31 PM |
>みつむしさん

ポスターやスチルをそのまんま使ってるんじゃなく、捍東と藍宇を中心にした手作りなコラージュ感満載のジャケにちょっとくらっときました。

しかし、10年前のものがいまだにこうして出てくる(そして落とす奴[=わし]がいる)というのも、すごいことですよね。
この映画を愛する方がそれだけいらっしゃったということだし、何年経っても忘れられていないということだし。
ということはお蔵に死蔵されてるお宝が、もしかしたらまだまだざくざくあるってことなのかしら……とかついついはしたないことを考えて餓鬼になってしまいます(笑)。
posted by レッド | 2012/12/09 9:33 PM |
<< NEW | TOP | OLD>>