蛇果─hebiichigo─

是我有病。

| CALENDAR  ENTRY  COMMENT  CATEGORY
ARCHIVE  LINK  PROFILE  OTHERS  RECOMMEND
from 1906 to 2010. 〜『ボディガード&アサシンズ』@2010東京・中国映画週間
1906年香港から、2010年日本へ。
神のいない月から神のいない月へ。
帰還果たしました。


7月にDVD鑑賞して書いたこの映画の感想文で私は

「名も無いひとたち」

という表現をつかいましたが、それは大きな誤りでした。

「名も無いひと」なんてものはこの世界にひとりだっていない。
それゆえに路傍に斃れていった彼らひとりひとりの末期の姿に、彼らひとりひとりの「名前」が、くっきりとした文字で記されていくのだと思います。

大きな力に薙ぎ倒され、「名も無い」と、簡便にひとくくりにされてしまう数多のひとたち。
いま私が見上げているこの空と同じ空を、いつかどこかで、同じように見ていたひとたち。
そのひとたちの胸にそれぞれにあっただろう喜びとか悲しみとかくやしさとか希望に、思い馳せること。
彼らがそれぞれの血で購い、路傍に刻みつけた名前を知ること。
その名前を忘れないこと。

それこそが、彼らと同じ、ちっぽけな「ひとり」である私たちが担う、歴史というものなんじゃないでしょうか。
そういうことを感じて帰ってきました。
そういうことは、映画という場に立ち会ってみて漸く身に沁みることのようでした。
観に行って良かった。映画はいろんなことを私に教えてくれます。



そんでやっぱり、映画という場でみるべきなのはこの御方でした。



ご登場場面とか、台詞とか、表情とか、もうなにもかもわかっているんですけど、冒頭のスナイパー兄貴からあまりにも素直にどきどきしてしまうの。ファンってしやわせだなァ……。


あと、巷で話題騒然のホット&フレッシュな字幕の件ですが。
キャラクターの性別、身分、職業、劇中での立場なんかほとんど考慮せず、単に「中国語→日本語」の機械的な翻訳で済ましてる感でした。だから同じキャラクターなのに一人称や語尾が場面ごとにちがってしまってトンデモなことになってしまう。それを統一する校正者も監修者もいないっぽいし、ていうか「統一」という発想がそもそも無いっぽい。ま、目くじら立てるほどのことでも無くって、大陸的クオリティがある意味新鮮でおもしろかったですよ。閻孝国兄貴があの凶悪なツラで「僕は」とか言い放ってくれやがったときにはあんまりかわいらしくって椅子から落ちました。


mixiの胡軍さんコミュがご縁で、本日は同コミュ副管理人のMIPPOさんと開映前のお茶からご一緒させていただきました。
胡軍さんファンのかたとこういうふうにじかにお逢いしてお話するのってはじめてです。
昨年の来日イベントも、この8月のレックリイッキミナイトもわたくしロンリー参戦でしたから。
んで今日もひとりさびしく恵比寿行ってくるべさ、とかちょっとしょぼんとしておりましたが、おかげさまで愉しい時間を過ごすことができました。どうもありがとうございました。



※『十月圍城/ボディガード&アサシンズ』は、2011年ゴールデンウィークに新宿・シネマスクエアとうきゅうで公開が決定しています。
| 23:15 | 電影感想文。 | comments(6) | trackbacks(0) |
Comment








私は24日に観て参りました〜『ボディガード&アサシンズ』。
ただTOHOシネマズ日劇のスクリーン1は座席数が約950と、だだっ広すぎてなんだか落ち着きませんでした。(空席も多かったです ^_^;)
「東京都写真美術館のホールで観た方が良かったんじゃないかな〜」とやや悔やんでおります。
ええ、日程的にムリでしたから仕方ないんですけど。
なにはともあれ、凶悪なくせに一途でなんだかいじらしい胡軍兄貴にスクリーンでお会いできて本当に光栄でございました。

劉燁さんが銃を持つとハラハラするのに、兄貴だとさすがの安心感!
劉燁と兄貴をガチで闘わせてみたくなりましたよ。た、たまらんっっ!!

来年のGW上映が楽しみです。日本語字幕版のDVDもきっと出ますよね!?
posted by みつむし | 2010/10/28 11:43 AM |
凶悪兄貴よかったです…声もそのままで本当によかった…。
花木蘭のドラ息子からエロさを外したような凶悪さ(でもけして彼がが悪なんかじゃないのだけど)にしびれました。
ゴ−ルデンウィークにも必ず観に行きます。
それにしても兄貴の部下たちはみんな顔だちがよかったよーな…そんなところも楽しい作品でした。
posted by にんにん | 2010/10/28 3:18 PM |
>みつむしさん

24日はおまつり感+日本最初の上映日という先物感もありますから、そりゃあスペシャルだったでしょうね。
先約があったので27日にせざるを得ませんでしたが、ほんとうは日劇で観たかったのです。
27日は上映環境は快適でしたが、あくまで「美術館付属のホール」であって「劇場」ではありませんから……なんて、そもそもご覧になりたくても諸事情でご覧になれなかったかたからすれば、贅沢な話で申し訳ない事ですが。

歌舞伎町どまんなかのシネマスクエアとうきゅうで観ると映画の読後感もまた変化するような気がしますので、公開が楽しみですね。
posted by レッド | 2010/10/29 1:13 AM |
>にんにんさん

閻孝国は大陸から渡ってきたひとなので広東語である必要は無いのでしょうけど、あの凶悪ヅラで広東語な兄貴もちょっとみてみたかったです。
ゴールデンウィークもですが、そのまえに2011年正月公開の『カンフー・サイボーグ』も、よろしくお願い致します。


>兄貴の部下たちはみんな顔だちがよかった

あの中にたぶんお稚児がいるんだな、とか思いながら観ておりました。
どうしてその役がリウイエさんじゃなかったのか……。
アクション出来ないから使ってもらえなかったのか……。
posted by レッド | 2010/10/29 1:21 AM |
たびたび失礼いたします。

あの中にお稚児が…うははーっ!みつむしさんが同じことを話してましたー!!
やっぱりそーなんだ、あのチーム兄貴は韓国王様映画と同じような意味合いの…うわぁ…DVD観なおそっと。
posted by にんにん | 2010/10/29 6:45 AM |
>にんにんさん

はいもちろん乾龍衛状態だったと思います。
本作の場合は兄貴自身がある意味ホンニムなわけですが(笑)。

妄想じゃなくて史実ですが、中国の明、清のころは男性同性愛がもんのすごく盛んだったそうです。
ましてや本作の舞台はその清朝の末期。
もう、かなり発酵がすすんでいたのじゃないかと。
陳小白と閻孝国の関係には、そのあたりのかほりも仄かに漂っておりますわね。ああそのへんつっこんだ感想文書きてえ……。

たぶんご存じかと思いますが、北村一輝が出た7年前のドラマ『タイムリミット』。
乗っ取り犯のボスが原田芳雄兄貴、そのボディガード的腹心(たぶんお稚児も兼ねていたと思われ)が一輝でしたが、ああいう関係性でもいちど共演していただきたいのです兄貴とイエたんに。
posted by レッド | 2010/10/29 10:10 AM |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://she-guo.jugem.jp/trackback/167
<< NEW | TOP | OLD>>