蛇果─hebiichigo─

是我有病。

| CALENDAR  ENTRY  COMMENT  CATEGORY
ARCHIVE  LINK  PROFILE  OTHERS  RECOMMEND
ぼっちゃん。
先月お仕事方面でちょっと関わったこちらのドラマがいよいよスタートいたしました。あたしゃもちろんアニメ育ち世代なのでがっつり視聴したでガンス。

しかしお仕事してるときからなんかどっか既視感あるよなあこれ、と思ってたです。おともの数とか。しっかりものの姉ちゃんとちょっとへたれの弟とか。あと主人公の性格とか。

世間知らずで、プライドが高く、頑固で短気な性格。わがままをとがめる者には「うるさーい!」と怒り爆発で、聞く耳を持たない。


既視感の正体氷解しました。



「うるっさぁーい!!!」
(っつってる。たぶん)


このひとがいまいち詰めが甘い理由。それは魔力を帽子で封じられてるせいだったんですね。いずれ王位継承予定のプリンスなんですね。そして怪物大王は周潤發だったりするんですねそうだったのかああああ(違




グレイスの弟ロイちゃん(なにげに美形)がもうヒロシにしかみえない。

もしかして陳木勝はA先生のファンなのですか? しかし第1話視聴してひっくりかえったのは、悪魔族が発明した人間の欲望を吸い取る機械の名前が

「ダークマター」

だったってことです。コラボか(笑)。




なんだかんだ言ってもやっぱり強力にフォトジェニックでございますが。




ドラマのぼっちゃんの中のひととじつは2歳しかちがわない(身長は20センチメートルちがう)というのも新鮮な驚きザマス。




 これかわいいなー。
| 23:37 | 保持通話。 | comments(8) | - |
Comment








ぶ…!!
腹いてーわ!これ。
ルイス・ファンさんはやっぱりお供のオオカミ男にしか見えまへん。
いやん、パパのチョウ・ユンファにこの先、手ぇ握られてキスされちゃったりするわけー?
稲森いずみが額に青筋たてて迫ってきたりしたらどおしましょう?

…あれ? なんか私、混同してごちゃごちゃになっちゃった(笑)
「ダークマター」まででてきちゃって…偶然てこわいですねえ。
posted by みつむし | 2010/04/19 12:06 AM |
もう大野くんの顔なんて見えません。
リウイエの顔にすげ替えて見ます、怪物くん。
しかし必ずチョウ・ユンファ出てきちゃうんですねー(笑)黄金コンビは永遠だわ…。
ルイスさん、普通にしてても変身後みたいで…好きです。またリウイエと競演してくれないかなー。
posted by にんにん | 2010/04/19 6:58 AM |
>みつむしさん
ドラマの大王様の

「目に入れても痛くない一人息子の怪物くんに大王としての帝王学を教えようとするがなかなか上手くいかず」

って設定あたりも既視感たっぷりでございます(笑)。

「父が息子の手にキッスて!!!」
「しかも拒まずになすがままの息子て!!!」

と、重陽のどさくさ紛れになにげに問題シーンを忍び込ませてくれる『王妃の紋章』。チャンイーモウには足向けて寝られません。
そしてダークマターは絶対に偶然じゃないと思います。スタッフにイエたん迷がいるとみた(笑)。
posted by レッド | 2010/04/19 7:07 PM |
>にんにんさん
チェホンマン出すんならルイス・ファンさん出してくれたってよぉ……とちょっとだけ思ってみたりしました。
ほんとに変身前ですよね。いや褒めてるんですが。ルイスさんのあのワイルドなお色気が、『コネクテッド』じゃあんまり露出してなくて勿体ないったら。撮影の合間にPSPでじゃれ合うくらいなかよしさんだったんですもの、いずれまた競演していただきたいものですよね。もちろんチョウ・ユンファも込みで!

ぜんぜん関係無いですけどリウイエ、ジャニ関係だと長瀬智也と同い年で身長もほぼおんなしですよ。微妙にうれしかったり(笑)。
posted by レッド | 2010/04/19 7:16 PM |
うわぁ…長瀬智也…長瀬智也…職場の机の抽斗の中には彼の切り抜きがごっそりです…。
あの子もでかいのに末っ子キャラだしなぁ。もの食べる時子供みたいだしなぁ。でかい口にでかい手…そうか、リウイエ好きになる要素はいっぱいあったんだ…もともと…。
posted by にんにん | 2010/04/19 7:54 PM |
>にんにんさん
長瀬くんおすきだったんだー(笑)。
私、過去にお仕事で彼のインタヴュー起こしたことが何度かありますが、とっても性格の良い子で、好感度あがりまくりでしたよ。吉井和哉とも仲良しなんですよ(←重要)。
年齢と身長のほかにも、発言がど天然なとこもリウイエに似てるかも。
『一針見血』、日本でリメイクするなら蘇岩は長瀬くんに演っていただきたいです!
posted by レッド | 2010/04/20 10:59 AM |
レッドさん、おはようございます〜。
『保持通話。』カテゴリがあるのですね〜。追っかけしてらしたんですね♪
いいな〜、私もコレ劇場鑑賞したかったです。すっごい面白かった。。
で、「笑える姫」に爆笑してしまいました。
悪役はイマイチだな〜、なんて思ってしまったんですが、そういう視点(笑)で観るとまた違った趣(爆)がありますね♪
さて、今日は『スプリング・フィーバー』大阪上映2回目です。
1回目は満席に届かなかったらしいのですが、今日はどうだろう。。
なんとか通常上映してもらえるように、劇場にお願いしようと思ってます!
posted by 真紅 | 2010/11/24 9:06 AM |
>真紅さん

おはようございます。
こんなネタ記事にコメントいただいちゃってどうもありがとうございます(笑)。

『藍宇』にはるかに後れをとった自分としては、
「『コネクテッド』を劇場で追っかける」
というのが一種代償行為みたいになってた感のある2009年夏〜2010年冬でした。
でも、それはもちろんこの作品が非常におもしろかったから、という理由に尽きます。
この作品にこの役で劉燁が出演していたことをほんとに嬉しく思っています。

シネマート心斎橋での『スプリング・フィーバー』上映中止(かもしれない)騒動ですが。
穿って考えれば集客のためのプロモーションといえなくも無く。
配給元の社長のメンツと意地がなにやら空回りしている感も無くも無く(笑)。
どっちにしろ、本当に映画を観たいお客さんの思いが置き去りなことは確かと思います。

「満席になれば上映」
「パート2の動員が○○名超えればパート1上映」(『イップ・マン』ですが)
という昨今の映画館の数字ばかりを押し出すカードの切り方は、「商売だからしょうがない」ということは理解できても、なんとも下品なことだなと感じます。

ともあれ『スプリング・フィーバー』、どうぞ愉しんできてくださいね(笑)。
posted by レッド | 2010/11/24 11:41 AM |
<< NEW | TOP | OLD>>