蛇果─hebiichigo─

是我有病。

| CALENDAR  ENTRY  COMMENT  CATEGORY
ARCHIVE  LINK  PROFILE  OTHERS  RECOMMEND
昼下がりのマドモアゼル。
昼顔妻のみなさまこんにちは。
気怠い昼下がりのひととき、他人の旦那とアバンチュールもいいけれど、たまには映画もいかがでしょうか。
ウィークデイの気怠い時間帯にいなたいムービーを放映してくださるステキプログラム、テレビ東京『午後のロードショー』に、満を持して『コネクテッド/保持通話』、地上波初放映で降臨だそうでございますよ!


『コネクテッド/保持通話』
10月1日(水)午後1時35分より


c83fc8fcfb7ae8d3fd037f6b.jpg


まさかの地上波初放映つうのも嬉しいんだけど、重ねてこの映画のためにこの枠をチョイスとは。
企画を立てた方のセンスと、『コネクテッド』という作品に対する深い理解に、滂沱の涙を禁じえません。
まことに本作は、気怠い昼下がりにだらしなくソファーにひっくり返って観るとも無しに観はじめるべき映画。物語が進行するにつれていやおうなしにむくむくと身を起こし手に汗握って前のめりにならざるをえなくなる。その痛快その快感こそが本作のチャーム。
劇場でも観たわBSでもCSでも観たわDVDだって持ってますという奥さんもいらっしゃいましょう。でも、そうした前向きな映画ファンじゃない視聴者さんを対象にしている地上波のプログラムで放映されることによって、それを体験したひとの世界が劇的に広がり、ひいては映画という産業そのものの裾野が広がってゆく可能性って、じつはとても大きいと思うのです。
古天樂・張家輝・張兆輝・王祖藍・樊少皇みんな佳いんですけれど、なかでも黒いお帽子黒いコート黒いサングラスののっぽの誘拐犯を演じた劉燁さんの、サングラスをすちゃっ!と外すと現れるつぶらなこいぬの瞳にきゅんとなってくださる奥さんがひとりでもいらしたらわたくし冥利に尽きます!
冷酷非情なアイコンのわりによくよくみれば詰めがあまくて間が抜けている極悪マドモアゼル・劉燁さんの大活躍を、いずれも様もおみのがしなく!
映画ではわるいやつだけど素ではこんなにピュアピュアでかわいらしい男の子なんですよ、ってことをアツく主張したいので本作公開時のお写真載せておきます。2014年現在はだいぶ貫禄ついてるけど(号泣






●a babyface heel ──『コネクテッド/保持通話』
●美麗的尸体──霍徳能。


| 11:19 | 保持通話。 | comments(6) | - |
さよならマドモアゼル。
ただいま南仏絶賛バカンス中の劉燁さんが、ちょっとまえに微博で、「こいぬにもわかるフランス語ー中国語単語集」(大幅意訳)的な記事を書いてました。

読んでみると「馬丹木(madame)」と「米屑儿(monsieur)」はあったけど、「未婚の女性」を表すmademoiselleがありません。
単に書いてないだけかもしれませんが、でももしかしたらこういうことだからなのかも。

消える「マドモワゼル」、フランスの行政文書で使用禁止に(2012.2.24 13:41 ロイター)
消えゆく「マドモワゼル」(2012.3.5 03:03 産経抄)

このニュースを春に知って、ちょっとさみしくなったりしました。


産経抄が書いてるように、自分も「マドモアゼル」という響きにそこはかと無くスペシャルな憧れをもっています。
きれいでかわいくてコケットで、なまいきで純情で向こう見ずですこしばか、みたいなね、イメージがあってずきずきします。
日本語の「お嬢さん」という響きも、どっか脳天気なかんじでタマラナクすきなんですが。


「未婚の女性」という点では自分だって堂々マドモアゼルと名乗って良いご身分です。
だがしかし、「いやっ、そんなっ、あたしなんかそんな僭越でっ、名乗れませんすすすいませんっ!」みたいなかんじで、ちっちゃくなってしまいます。
かといってマダムを名乗るのなんかもっと烏滸がましい。要は半端者ってこってす。なにもかも生まれてすみません。


それはともかく拙宅でマドモアゼルといえば、『コネクテッド/保持通話』に出てくるこのおかた。





お帽子で黒ずくめでしかも白髪のベリイショートっていうなりが、なんかどっか自分がロウティーンの時分に憧れていた「1970年代のパリのリセエンヌ」だったんです。
フランス一度も行ったこと無いしリセエンヌの知人もおりませんし根拠とかまるで無いんですが。
これでリセサック背負ってたらもう完璧なんだがな。
いまからでも遅くないから背負ってくんないかな。
なんつうことを映画観るたびにおもいます。
まあこのひとはフランスの行政文書とかとは関係が無いと思うし(ていうかそもそも行政文書的にはmonsieurだ)、彼の国の法律がどう変わろうが、これからも自分のなかでは永遠に、きれいでかわいくてコケットで、なまいきで純情で向こう見ずですこしばかな「マドモアゼル」なんですけどね。
ちなみに仏版『コネクテッド』DVD。






シックなモノトーンのザッツリセエンヌなたたずまいがさすがおフランス。

で、劉燁さんの微博から「そうだったマドモアゼルもう消えちゃうんだなァ」とか思いめぐらしていたら、一刻も早くぽちっとしないとこっちも消えちゃうかも!とかこれまた根拠無い不安に襲われて、香港版『コネクテッド」Blu-Rayまでもお取り寄せしてしまい(あほ
日本版には入っていない、撮影の合間に劉燁さんがたどたどしい広東語をちょびっとだけご披露する場面なども別ディスクに収録されておりました。なんかちょっとうれしかったわ。メルシーマドモアゼル。


そんな劉燁さんが、アンドレもとい樊少皇先生とお休み時間にPSPに興じるの図。
続きを読む >>
| 22:04 | 保持通話。 | comments(6) | - |
ぼっちゃん。
先月お仕事方面でちょっと関わったこちらのドラマがいよいよスタートいたしました。あたしゃもちろんアニメ育ち世代なのでがっつり視聴したでガンス。

しかしお仕事してるときからなんかどっか既視感あるよなあこれ、と思ってたです。おともの数とか。しっかりものの姉ちゃんとちょっとへたれの弟とか。あと主人公の性格とか。

世間知らずで、プライドが高く、頑固で短気な性格。わがままをとがめる者には「うるさーい!」と怒り爆発で、聞く耳を持たない。


既視感の正体氷解しました。



「うるっさぁーい!!!」
(っつってる。たぶん)


このひとがいまいち詰めが甘い理由。それは魔力を帽子で封じられてるせいだったんですね。いずれ王位継承予定のプリンスなんですね。そして怪物大王は周潤發だったりするんですねそうだったのかああああ(違




グレイスの弟ロイちゃん(なにげに美形)がもうヒロシにしかみえない。

もしかして陳木勝はA先生のファンなのですか? しかし第1話視聴してひっくりかえったのは、悪魔族が発明した人間の欲望を吸い取る機械の名前が

「ダークマター」

だったってことです。コラボか(笑)。




なんだかんだ言ってもやっぱり強力にフォトジェニックでございますが。




ドラマのぼっちゃんの中のひととじつは2歳しかちがわない(身長は20センチメートルちがう)というのも新鮮な驚きザマス。




 これかわいいなー。
| 23:37 | 保持通話。 | comments(8) | - |
聖地にて。
DVDまつり続行中です。
3時間しか寝ておらず、ねむねむ状態で仕事納品してその足で新橋文化劇場急襲。『コネクテッド』観ました。


もはやDVDも手許にあるのだから、劇場通いもたいがいにするが良い。

なんてなことを映画の神様がおっしゃる道理がございません。
尾籠なお話で恐縮ですが、わたくし先週末から生まれてはじめての膀胱炎に罹ってしまいました。よりにもよってこの時期に膀胱炎デビュー。そのような微妙な状態で劇場で2時間以上座ってんのもなあ、と思わないでも無かったです。しかし映画の神様が膀胱炎という試練を与えてわたしの『コネクテッド』愛を試しているのにちがいないきっとそうだわ、とすぐさま懺悔。


90年代終わりに会社勤めというものをやめてしまったので、オヤジというひとらと触れあう機会も、通勤電車で加齢臭を胸いっぱいに吸い込む機会も絶えて久しくありません。新橋文化劇場はJR新橋駅烏森口すぐのガード下。さすがリーマン聖地に腰を据えるハコだけあって、場内女子率は0.1%くらいです。どっち向いてもびっしり妙齢のオヤジ。一生分のオヤジを2時間で見たと言っても過言では無い。そしてなにかと香ばしい。香ばしいいっぽうで、目の前のスクリーン見りゃ劉燁さんのお綺麗なアップです。五官のどこ開いてどこ閉じりゃ良いんだかわからない。

この綺麗な青年を新橋のオヤジーズはどんなふうに眺めていらっしゃるのかしら。
「お。ちょっとヌケててかわいいな」とか、うっかり思ってくださっているのかしら。
あさってあたり地元のレンタル屋で『藍宇』を手にとって、そっとレジに持っていくかたがいたりすると、うれしいな。

そんなオヤジリアクションが映画以上に気になってしまうのもいかがなものでしょうか。



もはやDVDも手許にあるのだから、劇場で観たってさしたる感慨は無いのじゃないか。

と、思わないでも無かったですがそんなの完全に甘ちゃん考えだったということがわかりましたよ。
やはり劇場は魔境です(オヤジ含め)。

新文芸坐→三軒茶屋中央劇場→新橋文化劇場という軌跡を辿ってみると、封切り直後にMM21のシネコンで観たときよりも、客としてこの映画に感じるおもしろさは倍加しているのです。
映画は映画館で育つ。
客の気持ちによって育てられ、作り手の予想も及ばぬ成長をする。
とある映画監督さんが、インタヴューのなかでそのようなことをおっしゃっていました。
二番館とか名画座というものに必要以上にノスタルジーを抱くのもすきではないが、シネコンや大劇場がけっしてすくいとれない映画への需要は、やはり存在しているのです。


であれば『藍宇』。
『藍宇』という映画を、こんなふうに、劇場転々としながら追いかけていけるのだとしたら。
そんな日がもしもきたら。




きっとひととしてだめになります。






ときどきいぢめたくなっちゃうけど


ほんとはみんななかよしさん。


| 23:55 | 保持通話。 | comments(6) | - |
いらっしゃいました。
バンクーバーで織田選手の靴ひもが切れちゃって茫然自失なさなかに







封入ブックレットは、そんなたいしたことなかったっす(笑)。
でも、映像特典70分てのがちょっとドキドキです。
ああああもう仕事なんかやりたくない。ていうか実際やってないし男子フィギュア観てるし(笑)。でも締切迫ってるしやらなきゃこのDVDのお代もまかなえませんから、マッハ15のスピードで終わらせて今夜はフェスだフェス!



【追記】
そしてただいまフェス絶賛開催中。
取り急ぎ特典映像だけ観ましたよ。
メイキングは公式で観てるんですけど



あらためて字幕付きでそんなこと言っていただいちゃって。
心の底からありがとう監督!


メイキングは20分ぐらい。残り50分がたっぷり未公開シーンです。シナリオでは必須と思われるような場面でも、実際に撮って繋いでみると「あ、やっぱり要らないな」ってのがよくわかったり。同じシチュエイションで撮って使われなかったカットがいくつかあったり。
おもしろかったです。

劉燁ヲタ的には、ラストの空港倉庫でのバトルシーン観るだけでも買ってよかったと思いました。
本編では彼の声しか入ってないとこだったのに、じつはあんなにいっぱいお芝居してたのねイエたん……。
なんだかシェイクスピア劇観てるみたいでした。ちょっと褒めすぎですかそうですね。ラブイズブラインドですから、はい。


そしてここでもやっぱり指しゃぶり。
続きを読む >>
| 13:59 | 保持通話。 | comments(14) | - |
次は新橋。
日本版DVD発売が明後日という、ドキドキカウントダウンまつりが非常に個人的にひっそり進行中なわけですが。
(図に乗ってカテゴリもつくってしまいました)
そんな週末に『コネクテッド』、満を持してのリーマン聖地降臨でございます。


新橋文化劇場で、2月20日(土)〜2月26日(金)までの1週間だそうです。
上映情報こちら→

カップリングが『愛を読むひと』って、ちょっと謎な組み合わせですが。でもこれ観たかったけど観そびれていた映画なのでうれしいタイミングです。


それにしても池袋→三茶→新橋と、素敵な都内行脚の軌跡を描いてくれる映画だなあ『コネクテッド』。
この先は、上野→浅草とかに流れてってくれますと、追いかける身としても非常に愉しいのですが。ていうか浅草は単に「志ぶや」で呑みたいだけでしたすいません……。


DVDが出ちゃったらそんな愉しい旅も、いずれは終わりになってしまうのでしょうね。うれしいけれど、ちょっぴりさびしうもございます……。





ほんとはなかよしさん。
| 12:48 | 保持通話。 | comments(4) | - |
DAY OF THE HORSE
三軒茶屋中央劇場で『コネクテッド』11時20分の回と15時35分の回、観てまいりました。
しみじみ、名画座で観るのが似合う映画だよなあ、と思います。






入口には、こんなステキな手書きの看板まで。
どうもありがとうございますわたしたちのために(違)

ファサードの河童は昔のまんまですが、それでも内部はそこそこリニュアルされてるんだろうな21世紀だし、と思ってたけれど、ぜんぜんまったく変わらぬ佇まいでした。なにもかも変わってなさすぎで、いま自分がいつにいるんだかわからなくなって、ちょっと怖いくらいでした。シネコン全盛のこの時代に、こんな佇まいの映画館が都内にまだ残っているということが既に奇跡かと思います。維持・営業されているかたに個人的に礼をいいたくなりました。スプリングのいたんだ座席はけっして座り心地が良いとはいえませんけれど、「客」としてそこに座っていることがなんだか嬉しい映画館、なんてものは、いまじゃあもう滅多に出逢えないのじゃないでしょうか。
漆喰の壁。赤いビニールレザー張りの長椅子。うすぐらい廊下。秘密めいたアルコーブ。館内のそこかしこがたまらなく關錦鵬的っていうか『藍色宇宙』的で。ああこの劇場で『藍宇』が観られたら、罰当たりなくらい幸せにきまっている。

そうだった。自分がここで映画を観ていたのは、天安門事件のちょい前くらいの時代だったのだ。
正しく、陳捍東と藍宇が生きていた頃でした。


そんなこんなで軽くおセンチになりつつも、しかし『コネクテッド』はあいかわらずおもしろかったです。
師走の池袋新文芸坐からこっち、あたしゃトンさん萌えがきつくなっちゃってそりゃもうたいへん。





上のお写真でかならず劉燁さんの右っ側にいる、ニットキャップにグラサンにヒゲの男前がトンさんです。
演じておられるのは、樊少皇(ファン・シウウォン/ルイス・ファン)さんというおかた。
1973年生まれなのに、1975年から映画に出てらっしゃる芸歴35年のヴェテランです。そんなすごいおかたがどうしてあんなわがまま姫に体を張ってお仕えしているのかがほんとうに謎です……。


★『コネクテッド』、三軒茶屋中央劇場での上映は11:20、15:35、19:55の3回。2月5日(金)までです。



そんなステキなアフタヌーンを過ごしたあとは野毛にGO。
立川談春さんの独演会で、「鰍沢」「大工調べ」の二席を聴いてまいりました。

いまチケットを取るのがもっとも困難な落語家、といわれる談春さんです。
噺はこれまでに二度ほど聴いたことがあるんですが、独演会というかたちでたっぷり伺うのははじめてです。偶然キャンセルが出て譲っていただいたお席が最前列ほぼセンターっていう、プラチナにもほどがあるくらいのとこで独演会デビュー。「鰍沢」のお熊のしんねりとした艶っぽさ。「大工調べ」の啖呵と悪態。むちゃくちゃかっこよかったわ。


偶然なんでしょうか、談春さんが1966年午年生まれで、そして劉燁さんが1978年の午年生まれです。
ひとまわり違いの同じ干支のひとに、昼夜でお逢いした2010年の節分でした。
自分が理屈抜きで惹かれるひとはふしぎと干支に午をもっていることが多い。たとえば吉井和哉(1966年生まれ)と椎名林檎(1978年生まれ)などもそう。よくわかんないですが、なんかきっと、ご縁があるんでしょうね。
| 23:51 | 保持通話。 | comments(4) | - |
第二次冬フェス。
先ほど『板尾創路の脱獄王』(板尾さんあいしてます…)の上映劇場を調べていましたら偶然『コネクテッド』上映情報みつけてしまい、椅子から落ちてきぜつ。
意識をとりもどして椅子に這い上がったばっかりです。


都内なんですけど、こちら


「上映中」ってなってて、「1月21日〜1月27日」ってなっておりますが、上映館の三軒茶屋中央劇場さんのページに行ったらば、その期間の上映スケジュールには『コネクテッド』が上がってない。

「ちょ……リウイエヲタ限定ドッキリかぁっ!?」

とか半泣きで被害妄想かられまくって電凸したら、ドッキリじゃなくって上映期間の表示がまちがってたみたいです。無駄にはらはらしちゃったばかみたい……。


三軒茶屋中央劇場さんにうかがったところでは『コネクテッド』、

1月30日(土)〜2月5日(金)

の上映になるそうでございます(上映時間は未定)。


わぁい。日本版DVD発売(2月19日)前夜祭って感じでしょうか。ありがとう存じますもうもう行かないわけが無い!
むかしむかし、三茶のとなりの駒沢に住んでいたころ、日曜日には三茶でよく映画観てました。当時はこちらともう1軒の映画館がありまして、いろいろお世話になったもんでございます。学生時代にいっぱいお世話になった池袋新文芸坐@2009年師走につづいて、思ひ出の街の思ひ出のハコで観る『コネクテッド』。運命の不思議さをしみじみとかみしめずにはおられません。

DVD発売絡みなら、もしかしたらこちら様以外にも上映館が出てくるかも。
一度は劇場でごらんになりたい向きは、ひきつづき上映館チェック継続なさってみてくださいませ。





なかよしさん。


| 16:30 | 保持通話。 | comments(2) | - |
姫と下僕。
自分的にはクリスマスよりもバレンタインデーよりもラブコミュニケーションがたかまる日。
今年からそんなふうに認識を改めました。冬至です。



そんな冬至イヴの昨日は、池袋新文芸坐で『コネクテッド/保持通話』、12時と16時、2回観ました。
2009年はこの映画を劇場でつごう4回観てるわけですけどもぜんぜん飽きない。何度観たっておもしろい。映画がおもしろいのはいまさら私が言うまでも無いが、劉燁さんがもう、噛めば噛むほどキュートで笑える姫なのでございます。
お衣装はリセエンヌだし、わがまま放題だしプライド高いしすぐキレるしわめくし、そんなくせ英語は舌っ足らずで射撃はあんまりお得意じゃないみたいだし、でもコカイン吸入するとウッキウキになっちゃうし、もうあっちこっち隙だらけでかわいらしいことこのうえない。グレイスの弟を拉致しに行くときゃ病院のドアまで下僕に開けてもらっちゃって。拳銃より重いものは持ったことがありませんだって姫だから。



うるせえおれにさしずすんじゃねえ。



などという台詞を口にされますと、言った途端になしくずしにかわいくなってしまいます。
そして、そんなわがまま姫にお仕えする下僕の皆さんのお名前がやっと判明。


●ニット帽でヒゲのひと→トンさん
●みつあみのでかいひと→ロビンさん
●グラサンでキャップのひと→ダニエルさん?
●グレイスに殺される、ちょっとサイコなひと→わすれた。こっちがダニエルさんか?


病院のエスカレーターの踊り場で地元警察に囲まれたとき、銃突きつけられてるにもかかわらずトンさんが、姫に無礼を働こうとした刑事に果敢につかみかかりねじふせるあたりなんかもう、オスカルとアンドレかと思いました。天晴れ騎士の鑑でございますトンさん。あの姫にお仕えするのは、なにかと気苦労が多いことでございましょうねお察しします……。


それにしても、ビジュアルがかっこよくて身長がでかいのでどうもうっかり騙されてしまいますが、もしかして姫って仕事させるとあんまり使えねんじゃね?
国際警察のえらいひとのお嬢様もとい御曹司かなんかで、親の七光りでふんぞり返ってるだけなんじゃね?


などと、文芸坐出てお酒をのみながら姫と下僕スピンオフでホットに盛り上がってしまった冬至イヴ。愉しすぎ。
| 17:21 | 保持通話。 | comments(6) | - |
まつりでありんす。
のっ野風さぁぁぁん……(号泣)



すいませんつい『JIN ─仁─』に溺れてしまって我を失ってしまいました。ああもう野風さんすてき。あたしが身請けしたい野風さん。お別れの場面でこらえにこらえぬいた笑顔が涙で崩れるとこなんかもう鬼狼みたいでしたよ(それか)。泣きすぎて目が腫れちゃった……。

そんなぱんぱんに腫れあがったまぶたのまんま明日は池袋で



お嬢さんと密会でありんす。


ここしばらくお仕事方面がそれはそれはぱっつんぱっつんで、身も心も疲弊しきって(しかも腫れあがったまぶたで。かっこ悪…)うかがいます池袋新文芸坐。

まつり詳細




四個月目の冬至のイヴにこんななりゆきというのも、
なにかのご縁でありんしょう。
| 23:28 | 保持通話。 | comments(2) | - |
| 1/2 | >>