蛇果─hebiichigo─

是我有病。

| CALENDAR  ENTRY  COMMENT  CATEGORY
ARCHIVE  LINK  PROFILE  OTHERS  RECOMMEND
ちっちゃいやつらのゆかいなじかん。
やつらがはじめて出逢ったのは、一年前のきのうのこと



e0f855c3gw1ex7h4anhtjj21721lz7fh.jpge0f855c3gw1exhe0c0u99j21kw2dc4lz (1).jpg


齢ににあわぬ一刻者・胡皓康と、生まれついての愛嬌者・劉諾一。
胡軍劉という宿命のふたりを父にもって生まれてしまったふたり。
頑是無いお年頃のやつらはいざ知らず、そうしたことがいずれやつらにとって枷になり軛になったりもすんのかなあ、なんて思いながら、『爸爸去哪儿第三季』のオンエアを心待ちにしていた一年前のきのうでした。


頑是無いお年頃の子どもが金を稼ぎすぎるのはけしからぬという当局の鶴の一声で、『爸爸去哪儿』という番組そのものが制作中止に追い込まれてしまったのが、今年の2月のこと

胡軍劉共演という奇跡を叶えた、その代償としてこの番組が幕をおろすことも、もしかしたら最初っから織り込み済みだったのかも知れないなあ。
だってそもそもありえないことだと思っていましたもの、一年前のきのうは。
こんな罰当たりなことやっちゃって、ただで済ましてもらえる筈なんか無い。
死人が出たりするんじゃないか、とか、おおまじめに考えていましたもの。
死人を出さずに第16期まで走りぬくことができて、ほんとうによかった。

第一季・第二季出演の子どもらに比べると、第三季の子たちは番組以外の露出はかなり控えめだったのではないかと思います。内々で当局からのお達しがあったのかも知れないし、同じ轍を踏むことの無いよう親御さんが自律的に戒めていたということかも知れません。番組打ち切りという残念な事態をうけて、プライベートでのお付き合いも済し崩しになくなってしまうのかなあ、とも思っていました。
そんなころ、劉さんが微博にあげたのがこれです。

小伙伴的快乐时光

あれから一年経ちましたがやつらの絆は途切れること無くつづいていたもよう。
とても嬉しかった。
とても嬉しかったのでうかうかと流行りものに乗っかって、『おそ松さん』風アバターが作れる「まつメーカー」ってので康松と諾松を作ってみたりしました。



康松.png諾松.png


ご愛敬てことでひとつ。



北京人民芸術劇院による胡軍さん主演舞台『人民公敌』(ヘンリック・イプセン作『民衆の敵』)が首都劇場で本日初日。劉さん主演映画『夜孔雀』があす公開。

時を同じくしてやつらのおとうさん方面も、いろいろ動きだしております。

| 22:05 | 爸爸去哪儿第三季。 | comments(2) | - |
今年のうちに2015。
今年のアウガストに、

「最終回の感想文は年の暮れぐらいになるかも知れません」

などとほざいていましたが2015年も押し詰まりに押し詰まったきょうに至ってもまったく有言不実行で、ほんとうにもう、お恥ずかしい限りでございます。
ですがやはり、軍党史上に刻まれる『爸爸去哪儿』第三季という重要な事件について2015年最後の日に振り返っておかぬことには、心安らかにお正月さんをお迎えすることなどできやしません。
そんな次第で以下お写真ばっかで恐縮ですが、7月10日にはじまり10月30日に終わった、らぶいふたりのらぶい旅路をざっくりと。
続きを読む >>
| 10:59 | 爸爸去哪儿第三季。 | comments(4) | - |
『爸爸去哪儿第三季』、円満収場。
e0f855c3gw1exjltr8yd7j212w1j07wh.jpg
e0f855c3gw1exjltxeccvj212w1j0b29.jpg
e0f855c3gw1exjltu2roqj212w1j0b29.jpg
e0f855c3gw1exjltpgxrgj212w1j04qp.jpg
e0f855c3gw1exjltw17kfj212w1j0b29.jpg
e0f855c3gw1exjltyleeqj212w1j04qp.jpg


2015年7月10日に第1期の放映が始まった『爸爸去哪儿』第三季。
2015年10月30日放映の第16期を以て、めでたく結着いたしました。
まあわたしの感想文のほうはぜんぜん結着しておりませんが。
「この調子だと最終回の感想文は年の暮れぐらいになるかも知れません」とか言っちゃって年の暮れでも終わってなさそうな予感がむんむんしていますが。
とりいそぎ、ざっと総括させていただこうかと。


オンエア期間は3か月半強、物語のはじまりから数えてみれば5か月半の旅でした。「はじまり」は2015年5月15日。その前々日に『藍宇』六周年記念日記事なんか書いていました。そこで石井ゆかりちゃんの『3年の星占い 2015-2017 乙女座』からこんな言葉を引いていましたが。

いま現在の自分に立ち返る」ような、あるいは「新人になったつもりで学び直す」ような流れが生じるかもしれません。

翌々日に正しくゆかりちゃんの予言を裏書きするような事態が発生するとは夢にも思わない、おめでたいわたしでした。そんな事態が発生したのちの惑乱っぷりを、このカテゴリに縷々綴っていくことになるのですが。


自分の微博まわりをみる限りでは、長いこと距離を置いていた(というふうに傍からはみえた)胡軍さんと劉さんの関係がこの旅を通してどのような化学変化を起こし、そしてどこに着地するのか、そのあたりにやはり軍党の皆さんはアツく注目していたようでした。
と同時に彼らふたりの子である康康こと胡皓康と劉諾一が、出逢ってのちにどのような関係を築いていくのかということについても、おとうさんどうしのそれと並行して、ちょっと邪なかんじで愉しんでいました。
自分にとってもそれが最大の眼目であるがゆえに、正直それ以外の父子についてはオンエア開始前はほとんど思い入れが無かった。記事でもほとんどとりあげていません。でもはじまってみればやはりこれは見る目のあるひとが熟考し厳選したのだなあということがよくわかる、みごとにチャーミングな人選でした。
林老師こと林永健さんと林大竣(Linda竣)。
クリスさんこと夏克立さんと夏天(Poppy)。
鄒市明さんと雛明軒(軒軒)。
そして胡軍さんと康康が欠席した第9期から新たに加わった王宝強さんと王子珊(娜娜)。
みなそれぞれに忘れがたいひとたちとなりました。

劉さんとこの諾一・霓娜兄妹については、生まれたころから微博などで公開されるお写真でその成長の軌跡を追っかけていましたから思い入れもひとしおで、いまじゃ遠い親戚の子、ぐらいの感覚になっていたりします。
この番組によってはじめてそのたぐいまれな個性があきらかになったという意味で、最大の収穫といえるのはやっぱり胡軍さんとこの康康でしょうか。曰く「高冷的外表和暖男的内心」。クールな態度やそっけない言動とうらはらに情愛豊かな親切者で、その情愛の表し方がひどく無器用なさまがいとけなくもありせつなくもあり。六歳の幼児らしからぬおとなびた振る舞いの向こうに父・胡軍さんへの複雑な想いや葛藤が折々に滲むあたりもたまらない。同性から見ればとりわけ憧憬をかきたてられるであろう、このうえも無く「男」である父に対して、正面切って「すき」といえない。おとなたちがそれをなんとか言葉にさせようとする場面もいくつかあったのですが、いえなきゃいえないでもいいじゃないかと、私なんかは思ってしまいます。
感情を言葉に換えて解き放ってしまうのはむしろ容易い。
問わず語らず、身の裡の深いところに沈め醸してゆく。己に向き合い、持ち堪え、己自身を育ててゆく。その力こそが稀有なものだと思うから。
「言葉にしなければなにも伝わらないじゃないですか」と陽の当たる正論を雄々しく掲げる向きに、「奥床しい」という美意識は、なかなか理解され難いものなのかも知れませんが。

『爸爸去哪儿』というこの番組は親と子の愛をこれでもかとばかりに謳いあげるきらいがあって、それはそれとして楽しみながら、だからこそ思い馳せずにいられなかったこういう現実もありました。

小さく、無力な、子どもたち(※川上未映子さんのブログ)
“我が子はどこに…” 〜中国・横行する子どもの誘拐〜


2015年10月22日、父親に対して懲役19年の判決が下された厚木市の事件で、アパートの一室にとじこめられ放置され餓死した男の子は当時五歳。『爸爸去哪儿』でいえば林大竣や劉諾一、あるいは雛明軒と同じ年頃でした。日頃幼児に触れる機会というのがなかなか無い自分は、「ああそうか。このくらいだったのか」と、その肉体感みたいなものを彼らに重ねて、僅かなりとも思い描いてみたりしました。この番組でも一日だけ、おとうさんと子どもが離ればなれになるという回があって(第5期)、周囲にはスタッフはじめたくさんのおとなたちがいてケアしてくれているにもかかわらず、右も左もわからぬ土地で「おとうさんがどっかに行っちゃって戻ってこない」という事態は、彼らを寄る辺無きみなしごの如き悲嘆に叩き込んでいました。勿論それは番組の企画に過ぎず、おとうさんはいずれ戻ってくるというのがお約束です。厚木市の男の子が味わった地獄には遠く及ばない。でも、ちいさきものが自分を無条件に愛し慈しんでくれる「おとうさん」を(あるいは「おかあさん」を)渇望する野性は、どのような状況においても通じあうものなのだろう、とも思います。翻って、子どもを失った親がたとえばこの番組を観てどう感じるのだろうか、ということも気にかかりました。


2016年1月公開の『最愛の子/親愛的』は、現代中国における子どもの誘拐をとりあげた作品。実の親と育ての親の、子どもをめぐる愛憎と葛藤がテーマです。そのテーマに寄り添うようにひっそりと描かれる、誘拐された子どもをとりもどすことができた親といまだ見つけられない親、両者の明暗。それがじつに不穏で、ひときわ印象に残ります。子どもを失った親同士、その悲しみを我がこととして共感し共有し、一致団結して子どもの発見のために奮闘する。その結果、ある親の子どもが奇跡的にもどってくる。それを我がことのように喜ぶ一方でくっきりときわだつ、自分の子はいつまで経っても帰ってこないという現実。仲間への祝福の陰に、言葉には出せない、ほのぐらい炎のようなものが漂う。『最愛の子』においてそういう不穏なほのぐらさを湛える男を演じた張譯さんを、親と子の愛をこれでもかとばかりに謳いあげる『爸爸去哪儿』を観ながら、ときどき思い出していました。

肉体を毀傷されて物乞いをさせられる子。おとなの性的欲望に従事させられる子。臓器売買に供されて殺される子。誘拐された子どもらが辿るそうした現実と、『爸爸去哪儿』が売る一個の夢。どちらも「中国」という国がもつ顔なのだろうという気がしました。語弊を畏れずにいえば、子どもがビジネス的に価値のある、需要の大きい対象であるという点において、もっというなら子どもを使ってお金儲けができるという点において、そのふたつの顔は、じつはひとつなのだろうという気もします。

ものごとの「あかるいところ」だけを見て善しとすることができない性分なので、いろいろ穿ったことも考えてみたくなるのですが。
それはそれとして『爸爸去哪儿』はエンターテインメントとしてとてもよくできた、おもしろいプログラムでした。ここで描かれる父と子の悲喜こもごもをみるにつけそういう穿ったことを考えてみたくなるのも、あるいは制作者は織り込み済みなのかも知れません。
自分用覚え書きとしても、YouTubeの全話のリンクを以下にまとめてみました。番組本編、ならびにメイキングの『和爸爸在一起』、おとうさんらのぶっちゃけトーク『听爸爸的话』。
御用とお急ぎで無い方は、どうぞご覧くださいませ。



【爸爸去哪儿第三季】

●第1期20150710
和爸爸在一起 爸爸去哪儿第三季独家纪录片
听爸爸的话 刘烨吐槽儿子亲吻泛滥 轩轩被曝黏上夏天

●第2期20150717: 萌娃酷爸为革命老人举办浪漫婚礼
和爸爸在一起 爸爸们坦言第一站旅程痛并快乐着
听爸爸的话 刘烨解放天性疯狂接词

●第3期20150724: 萌娃参悟中华礼仪之美
和爸爸在一起 胖轩扑倒老爸 撒娇被拒惹人怜
听爸爸的话 胡军康总上身霸道说不 夏天牵手轩轩亲密互动

●第4期20150731: 萌娃酷爸探险开始偶遇奇妙朋友
和爸爸在一起 大竣钟爱收藏玩具太魂穿
听爸爸的话 夏克立成抢手岳父康康夏天感情升温

●第5期20150807 : 萌娃“小鬼当家”智斗包租婆
和爸爸在一起 邹明轩吃货养成有绝招 刘烨信任节目组儿女齐出征
听爸爸的话 宝贝出生老爸囧态百出 刘烨缺席霓娜成团宠

●第6期20150814: 坑爹萌娃的泥潭大作战
和爸爸在一起 揭露霸道总裁康背后的小生活
听爸爸的话 萌娃专场乱谈险失控 诺一热情送吻遭“嫌弃”

●第7期20150821: 星爸萌娃猛闯火焰山
和爸爸在一起 安娜大谈育儿经 西游记大师诺一是这样炼成的!
听爸爸的话 刘烨私下粘人爱玩亲亲 康康征服林永健认“二爹”

●第8期20150828: 草原派对爸爸收获告白
和爸爸在一起 夏家独特养女秘笈 “家庭城堡”缔造混血公主梦
听爸爸的话 刘烨以哭制哭搞定迷你轩

●第9期20150911: 王宝强携女加盟被整蛊
和爸爸在一起 宝宝硬汉变奶爸遇重重困难
听爸爸的话 轩轩激情自创“杀手”Rap 宝强闺女被诺一圈粉

●第10期20150918: 星爸萌娃古镇拜师学艺
和爸爸在一起 林永健大谈闪婚追妻子史 胡军父子归来重现大侠风采
听爸爸的话 刘烨不嫌儿媳多 林永健曝大竣肤白秘密

●第11期20150925: 霓娜“代兄出征”炼绝技
和爸爸在一起 走进邹市明的小家
听爸爸的话 刘烨曝家规自认捣蛋

●第12期20151002: 父母变老萌娃反哺催泪
和爸爸在一起 胡军甘当女儿奴 遭康总嫌弃
听爸爸的话 老爸自曝与妻相识经过 刘烨赞安娜是“灭火器”

●第13期20151009: 星爸萌娃上演清宫穿越大戏
和爸爸在一起 刘烨一改逗比形象分享育儿经
听爸爸的话 老爸交心密谈出道故事 刘烨为赚大钱考中戏

●第14期20151016: 诺一跑龙套碾压老戏骨
和爸爸在一起 夏天公主养成记 夏克立揭养女独门秘籍
听爸爸的话 刘烨险飙脏话遭吐槽 林永健坦言被节目整蒙圈

●第15期20151023: 老爸齐变原始人上演“荒岛求生”
和爸爸在一起 老爸萌娃穿越石器时代
听爸爸的话 夏克立宝强上演最强英语双簧

●第16期20151030: 收官之旅温情满满
和爸爸在一起 康总变软萌 刘烨父子打败“尴尬症”
听爸爸的话 萌娃互曝最不舍的小伙伴

| 12:23 | 爸爸去哪儿第三季。 | comments(0) | - |
《爸爸去哪儿3》第4期20150730。
雲南省西双版奈(シーサンパンナ)・タイ族自治州二日目。









e0f855c3gw1euorxx42jcj211x1kw7fl.jpge0f855c3gw1euohlea0n7j21jk2bltvy.jpge0f855c3gw1euqiz40y4vj215o1qik3e.jpge0f855c3gw1euqiyz54v2j215o1qiqey.jpge0f855c3gw1eupxntj35cj21jk2bckjl.jpg


例によっておとうさんたちが軽い運動をやって朝ごはんをゲット。そのあとは、約150頭の野生のアジア象が暮らしている森へ向かいます。父子がそれぞれ3つのルートに分かれて象を観察するという趣向ですが、ルートのひとつはふたりのおとうさんがヘリコプターに乗って空中から象の痕跡を追い、それを撮影するというもの。





撮影クルーの大人たちがつねに周囲にいるとはいえ(映っていないだけで、こどもらの安全確保のために相当数のスタッフが同行していると思われます)、右も左もわからぬ熱帯雨林でおとうさんと離ればなれになるのはちいさい子であればだれだってこわいものです。最年長とはいえまだたった6歳、さすがの康康も「こわいよ」と訴え、胡軍さんも「だったらいっしょにいてやるが、どうする?」と訊きます。ここはあまえてしまいたいけど、年少の軒軒、大竣、夏天が「パパと離れるのはぜったいにいや!」とゴネるからにはいちばんおにいさんのおれが身を引かねばこの番組は成り立たぬ。内心めっちゃこわいけど、ぐっとこらえておとうさんを志願させる康康。






胡軍さんだって勿論、康康がこわくてたまらないのはようくわかっているんだけれども、いったん口に出したからにはあとに引けないせがれの立場もまた、わかりすぎるほどわかっています。そして、一度決まってしまったことはもう覆せない。ほかの子らがはしゃぐかたわらで、頼りがいのあるおとうさんの腹に頬をよせて、内心の葛藤と必死で闘う康康(このときの葛藤があとになって大爆発を引き起こすのですが)。







どうもこの父子を見ていますと、「士は己を知る者の為に死す(死為知己者死)」とか「壮士ひとたび去りて復た還らず(壮士一去兮不復還)」とか、おもに『史記』「刺客列伝」方面の故事成語が過ぎってしまいます。さていっぽう、ひとたび去りて復た還らなかった刺客をかつて演じたおとうさんとその子。




こわくなんかねえよ!





尊敬する(そのわりに名前がおぼえられない)康康哥哥がみせた男気に刺激されたか、意地を張る諾一。しかしよく話を聞いてみると。


パパとはなれる!
だってみんなでへりこぷたーにのりたいもん!



完全に企画の趣旨をとりちがえていました。
へりこぷたーにのるのはおまえじゃなくておとうさんなんですよ、諾一。
そんな、生来の天然ぼけ体質とはいえそこまで諾一が言うのならしかたが無い、と胡軍さんにつづいて劉さんが志願。その瞬間の胡軍さんの、さまざまな思いが去来したっぽい表情のびみょうさがちょっといいかんじでした。





いいのかおまえそんなこといっちゃってせがれがぞうにふまれでもしたらどうするまあおれはおまえといっしょにへりこぷたーにのれるのはねがってもないけどね。
(あにき心の声・レッド代読)

自分と離ればなれになることになんの痛痒も感じていないっぽい諾一にくさってしまった劉さん(とそれをおもしろがる胡軍さん)ですが、






同情を引こうといつものようにうそ泣きをしていると、いたいけなおとうさんを慰めに寄ってきたはずが、逆に泣きだす諾一。







生来の天然ぼけもおとうさんと離ればなれになるのはやっぱりつらかった。
けっきょく康康は林老師とクリスさんが、諾一は鄒市明さんが、それぞれめんどうをみることに。





【チームA】:林老師 大竣 クリスさん 夏天 康康
【チームB】:市明さん 軒軒 諾一


まんがいち象に遭遇したときは、
1. S字を描いて逃げませう。
2. 太い樹木にのぼりませう。

以上2点をふまえて出発です。
そうして餓鬼の居ぬ間にふたりのおとうさんは。










手に手をとって愛の空中散歩へ。
おもえば「爸爸去哪儿」という番組タイトルは、正しくこのふたりのこの瞬間のためにあったんじゃないでしょうかみたいな気がしました。
しかしおとうさんふたりがウキウキランデブーだったまさにそのころ。

地図が雑すぎて描かれている橋が実際には無かったり、方向音痴なくせに自信だけは満々な某おとうさんのおかげで道に迷ったり、すっかり不安になったところへお誂え向きにけだものの咆哮が響きわたって一同もれなく恐慌状態、あぶなくなったらきっとたすけにいくからなと約束してくれたおとうさんは声を限りに呼べど叫べど諾一ぱぱとたのしそうにへりこぷたーで行っちゃうし、ちくしょうおれはおやじにみすてられたもうここで死ぬと絶望したり、恐怖が裏返ってめっぽうハイテンションになってしゃべりづめだったり、象から逃げるはずみにすっころんで膝をぶって大泣きとか某おとうさんが首からさげてたカメラが顔にぶちあたって大泣きとかなにかと痛い目にあっていたりと、おもにおとうさんに置いて行かれたお子らを中心に森のなかでは地獄絵図が。





















(クールでかっこいいおにいさんだと思っていたのに……)
夏天もまじどんびきでした。


ちょっとおもしろかったのが、象があらわれるかも、ときいていきなりべそをかく諾一の気を逸らそうと市明さんが、
「森のなかでいちばんこわいいきものはなーんだ?」
となぞなぞを出すくだり。
諾一は「蛇」と答えるのですが、あとすこしで目的地に着くというところで彼らの行く手に大きな蛇が立ち塞がる。諾一の答えはこの事態を予言していたのか! しかしそのまえにこんな話もある。

 やがて先行の者があわただしく駈けもどってきて、このさきは通れません、と報告した。きくと、沼から這いあがった大蛇が小径に胴を横たえて動かないでいるという。きいたとたん、劉邦の壮気が酔いに乗って全身をかけめぐった。わしは壮士である、壮士とは勇往して畏れざる者をいうのだ、と叫びつつ前進した。
 なるほど、径に丸太をたおしたようにして灰白色の大蛇が横たわっている。
「こいつか」
 劉邦は剣をふりあげ、力まかせに大蛇の胴を撃ち、狂ったような勢いで撃ちに撃って胴を両断してしまった。

(司馬遼太郎『項羽と劉邦』/新潮文庫)

蛇のなきがらのそばで泣いていた老婆が、白帝の子である我が子が赤帝の子に斬られてしまったと嘆く、ゆえに劉邦は白帝(=秦)を滅ぼす赤帝の子なのである、と『史記』「高祖本紀」はいいます。
『王的盛宴』において劉邦そのひとを演じた役者の子が、労役から逃亡しあても無く夜道を彷徨う劉邦みたいに、森のなかで蛇に遇う。
これひょっとしたら蛇は仕込みだったりするのかもしれませんが、物語としてはちょっといいかんじです。

ちなみに市明さんのなぞなぞの答えですが、森のなかでいちばんこわいいきものは「麋鹿(ヘラジカ)」。
「麋鹿」のピンインはmilu、「迷路」もmiluで、つまりいちばんこわいのは「道に迷うこと」という。
麋鹿は別名を「四不像」ともいうそうで、辞書によれば、角が鹿に、尾が驢馬に、蹄が牛に、頸が駱駝に似ているが、全体として見ればどれにも似ていない(四つのものに“不像”)ということから「得体の知れないもの」「なんともつかない状況」の喩えにも使われるのだそうです。お勉強になりました。

ところで軒軒。
映像で観るかぎり、森のなかを歩いているあいだ、こやつは一度たりとも泣かなかった。
康康や諾一が泡をくったりめそめそしたりしているのにひきかえ、いちばんちいさい軒軒はひとり泰然としていました。勿論おとうさんがいっしょということで心強かったせいもあるでしょうが、泣いている諾一を慰めたり励ましたり、おもしろいことをやってみせて笑わそうとしたり。おとうさんに命じられたからそうしなければとがんばっているんではなく、状況まるごと受け容れて、どこか楽しんでいるかんじ。大事なよそさまの子である諾一におとうさんがまず気を遣って、自分のことはちょっと疎かにされていても、拗ねることもない。よくわからないものはよくわからないまま、まるっこい体で駆け抜けてゆく軒軒は、目の前にある現実(だけ)をぶれずに見ている子なのかもしれない、と思いました。森を出たあと、おいしそうな食べもの飲みものを紙のお金で競り落とすというゲームの段になれば一転、泣いてわめいてぐずってわがままをいうおなじみの軒軒にけろりと戻る。ぶれてない(笑)。






康康が競り落としたアイスクリームの溶け残りでこそこそ乾杯しているおとうさんたちのらぶいかんじも些かもぶれてない(笑)。


目の前にある現実を見ているという意味では林大竣もそうかも知れません。
夜営しているところに明け方ちかく象がやってきて、テントも荷物も捨てて逃走したあと、日が昇ってからそこへ戻ったときの大竣の行動がちょっと不思議でした。立ち去りかけて踵を返し、その場の景色をそのままビデオに収めるよう、おとうさんに頼む大竣。おとうさんといっしょに過ごした幸福な一夜の記憶、打って変わっていろんなものが散らばりひっくり返されたキャンプの現実。五歳に満たないこどもの目には無残なものと映ったでしょう。ほんの数時間とどまったにすぎない場所への、言葉にし難い愛おしさと悲しさに泥む息子に、この番組の撮影が終わったらおかあさんもいっしょにまたここへ来ようとおとうさんは言う。心に刻まれたものと目に映ったものの記憶は、そのとき彼のなかで、どんなふうに醸成されているのでしょうか。


10年前、人間によって傷を負わされ、保護されたちいさい象、然然(ranran)。
その14歳の誕生日をみんなで祝い、ひとり森へと還ってゆく然然を見送ります。








はじめての森も、森のどこかにたしかにいるけれども姿を見せない象も、「得体の知れないもの」という意味では「四不像」であるといえます。生きていくこともまたそうです。こどもらに限らず、おとうさんにとっても、私らにとっても。
見て、知って、触れて、感じてしまえば愛すべきもの。
見ず知らず触れず感じなければいつまでもおそろしいまま。
なんともつかない状況に囚われず。闇雲に畏れず。立ちどまってもいいから。わんわん泣いてもいいから。日の光も月の光も届かない冥い森のなかでも、その道を照らしてくれるほのかなものに、私たちはみんな、きっと出逢える。それだけ信じて前へと進む。
祝福って、そのぐらいでちょうどいいんだと思いました。

| 17:04 | 爸爸去哪儿第三季。 | comments(2) | - |
《爸爸去哪儿3》第3期20150724。
くそあづい上にくそいそがしく、感想文を書く時間がなかなかとれません。この回だって7月放映だったのに気づけばいまはもうアウガストじゃないですか。この調子だと最終回の感想文は年の暮れぐらいになるかも知れません。そんな『爸爸去哪儿第三季』第3期、陝西省につづくロケ地は雲南省西双版奈(シーサンパンナ)・タイ族自治州。








e0f855c3gw1euhhdq0q7sj21jk2blqrp.jpge0f855c3gw1euhhdu62e9j21jk2bu7qd.jpg6d66e1f1jw1eue95n8v5fj20no0zkq6k.jpge0f855c3gw1euhhdn26kgj21jk2bl4k8.jpge0f855c3gw1euhhdohfw2j21jk2bchaa.jpg


恒例お部屋選びゲームは、おとうさんズが8分以内に現地の女性たちの髪をタイ族ふうに結いあげ、そのできばえをプロの髪結さんがチェックして美しい順に順位をきめ、その順位に従って優先的にお部屋を選べるというもの。まずは髪結さんにお手本を見せていただきます。





そののち、年齢も髪の長さもまちまちな5人の女性のなかから好みのモデルさんを選ぶんだけどもなにしろ胡軍さんが早かった。いのいちばんに若くてそこそこチャーミングな娘さんに手をつけていました。ご自身の太太にもびみょうに似てるとこがあるのでこういう女性がタイプってことなんですよきっと。ところが髪を結われてるあいだ、この娘さんが片時もじっとしておらず(もしかしたらこのひとだけ仕込みかも知れない)。むくむくの指で慣れぬ仕事に苦心惨憺の胡軍さんがブチギレて、身動きするたんびに

「あああああ動くな動くな動くな!」
「ぐらぐらしてんじゃねえー!」
「しゃんとしねえかこのアマ!(意訳)」


と、怒りのバリトンヴォイス炸裂。


d3c6afbcjw1eu940i5oshj20go0p0wi9.jpg




d3c6afbcjw1eu940j4kkzj20go0p076d.jpg


【髪結い審査結果】
1位 劉→1号房:有華麗孔雀的花草房
2位 鄒市明→2号房:美酒飄香的醸酒房
3位 胡軍→5号房:視野快闊的風景房
4位 夏克立→3号房:具有傣家特色的造紙房
5位 林老師→4号房:歴史悠久的木房子


諾一が1号房を選んだのをみて例によって軒軒が1号房がいいとぐずりだす。

諾一ちょっと涙目になりつつも男気を見せて1号房を軒軒に譲る。

それをみていた劉さんが1号房がいいとぐずりだす。

諾一ふたたび男気を見せていたいけなおとうさんを慰める。


e0f855c3gw1eugo3d7z6lj21jk2blqtw.jpg
e0f855c3gw1eugo3bthnqj21jk2bl1kx.jpg


諾一の男気に皆が感動しているあいだに、鄒市明さんとクリスさんに
「夜になると孔雀がお尻をつつきにくるぜ」
「やつらは咬みつくぜ」
とよってたかってだまくらかされてにわかにびびった軒軒が1号房を諾一に返上するなど、すったもんだを経て皆さんおさまるところにおさまりました。前回のロケでは身から出ました錆ゆえにとんでも無い穴ぐらを引き当ててしまってガツカリな劉さん父子でしたが(今回の貧乏くじは前回と打って変わって林老師・大竣父子)、いちばん綺麗なお部屋を手に入れることができてとくにおとうさんが得意満面です。白い紗の蚊帳をおろしたロマンティックな寝床にしどけなく横たわる、小藍宇な諾一サービス画像をどうぞ。


e0f855c3gw1euhts7j3uuj21jk2b5ttz.jpg
e0f855c3gw1euhtrxyaq4j21jk2b57jc.jpg


つぎはお部屋のなかに隠してある任務カードを探しだし、それに記された指令に従って白衣に着替え、「貝葉書院」という禅宗のお寺でプチ修行です。その模様がこちらの記事にとりあげられていました。
『慢●漫说』吃多少,打多少!

修行其の一は坐禅。暑いのと眠たいのとで舟を漕いでしまう諾一。






其の二は自分を生んでくれたおとうさんおかあさんの恩に感謝しての拝礼。
先のロケでは岡っ引き感半端無かった林大竣ですが





こうしてみると小坊主感もものすごかった。
お辞儀をするときの手の揃え方が異常にかわいい。
こういう小坊主人形ありますよね、木魚にもたれて居眠りしてたり腹這いになってあまえた顔でみあげてたりするやつ。みうらじゅんさん曰くところの「甘えた坊主」。そんないやげ物、もといかわいい小坊主を前に林老師の涙腺も決壊だったのは言うを俟ちません。

其の三はお昼ごはん。禅宗では食事もまた修行。お米と野菜だけの精進料理(素食)です。ごはんとおかずをめいめいお碗によそっていただきますが、自分がよそったぶんは残さずきれいに食べなければなりません。つまり自分が食べられるぶんを按配してよそわなければなりません。しかしそこは頑是ない餓鬼どもですから「按配」とか考えないやつは考えない。めしばかりてんこ盛りにするやつ。おかずだけてんこ盛りにするやつ。こどもなりに人生いろいろでした。











軒軒、夏天、康康がきれいに食べおわって席を立っても、己の限界を視野にいれずに盛りすぎた諾一と大竣はまだ終わりません。給食がたべられなくて日が暮れるまで居残りをさせられた小学生時代のかなしい思い出とか、ちょっとよぎってしまいました。一騎討ちの結果、最後まで残ったのが林大竣。他のひとらを待たせた罰として仏塔のまわりのお掃除をさせられますが、その姿がますます小坊主感満載です。一休さんの恰好させたい。白いきものに黒いスカートみたいなやつね。あのスカートは「腰衣(こしごろも)」というそうですが、正式には「裙子(くんず/qunzi)」。正しく中国由来のスカートでした。





食べ物を粗末にしてはいけません、出されたものは残さずありがたくいただきましょう、というのが日本的な美徳ですから、日本人にとっては禅宗の食事作法は比較的受け入れやすいと思うのですが、中国では「残すこと」がマナーであったりします。食いきれないほど料理を出すことがすなわちおもてなしであり面子であり、それに対して「もうおなかいっぱいです食べきれないほどのご馳走をどうもありがとう」という意味で、最後にちょっとだけ残すんだそうです。昨今微博から「完食キャンペーン」が始まったりなどして事情はいくぶん変わっているようですが、「ちょい残し」がグッドマナーとされる中国で育ったこどもらの目に、完食を旨とする禅宗の食事はどう映ったのか、ちょっと気になるところではあります。

修行のあとはお部屋にもどってお昼寝。そして地元おとうさんズと対決するおたのしみ運動会です。関係無いですがたまたま父子ペアルックかつ父子ともにアングルもいっしょだったご両家。






最初のゲームは目隠しをして「傣家特色美食」を食らい、早く完食したほうが勝ちというもの。ひるめしでの「完食」という修行はこのための伏線だったのか、という気もします。ゲームが始まるまでなにが出てくるのかはわかりません。先鋒は胡軍番長の「市明、行け!」というぜったいに逆らえない鶴の一声で最年少ぱぱ鄒市明さんに決定。以下、順番と食ったもの。

一番 鄒市明/知了(セミ)
二番 胡軍/唐辛子で味付けしたマンゴー
三番 林老師/蚱蜢(中華稲蝗=イナゴの一種)
四番 夏克立/牛撒撇(牛の胃袋で作る名物料理)
五番 劉/水蜈蚣(ムカデ)





だいたい虫ばかり食わされていました。
鄒市明さん胡軍さんが勝ち、林老師とクリスさんと劉さんが負けて、地元おとうさんズの勝利。
次の氷を溶かしてなかに入っているピースをとりだしパズルを完成させるゲームは、平熱の高そうな胡軍さんがみずからの肌でばりばり氷を溶かしまくって『爸爸3』チームの勝利。
最後はこどもらによるバケツリレー。二番手諾一の致命的なコントロールの悪さが仇となって地元チームの勝利。2対1で地元チームの優勝がきまりました。
運動会のあとは、そうです、6月のロケんときに撮っていたあの水かけまつりです。でもふんどしいっちょうの胡軍さんが仁王立ちするみこしを裸男どもがかつぐ的なステキまつりじゃなくって(ちぇー)、タイ暦6、7月(陽暦4月中旬)ごろに行われる「潑水節」というタイ族のおまつりだそうです。水をかけられると幸せになるんだそう。そういえば番組冒頭でも、村に到着した父子たちにひとびとが水をかけて歓迎していました。

記事読んでしみじみ思い返しましたがこのときは、空港を歩く胡軍さん劉さんのあいだを繋ぐが如く、虹が架かったものでした。
びみょうにぎくしゃくしているふうなおふたりの関係がどんなことになっていくのかもわからなくて、そうした吉凶ひっくるめて「虹」というマジカルな卦に託し、「その先」を占っていたような気がします。
とくにこの第3期では、どっちかというとこどもの側に軸足を置いている劉さんが滴るように濃厚な胡軍さんの父性に感応してあまったれ、それを胡軍さんがにこにこしながら受け容れる、ところどころでそうした気配が濃厚にかんじられました。陳捍東と藍宇のあいだにあった、歴然と恋人どうしでありつつも擬似的な父子をにおわせる関係。勿論往時そのままでは無いにせよ、その再構築を今更乍らみせられているような。どうもなんだか現実のほうが夢すぎて、あまりに自分の熱望していた物語めいていて、対応の仕方がよくわかりません。


運動会のあとはおとうさんのつくる夕ごはんです。
劉さんちはどうみても塩入れすぎなじゃがいもの炒めたのと、ちょっとやわらかめのおかゆのようなごはん(水加減をまちがったのかも)に醤油をかけたの。






前回のコーラもそうでしたが、醤油かけただけのごはんでも、おとうさんが作ってくれればおいしそうに食べる諾一がなんとも可憐です。
胡軍さんがこしらえたのは野菜のたまご炒め。私も作っていただきとうございます。しかもここでいきなりめがねという飛び道具を!! どうしてくれようか!!






夕食のあとはタイ族特有の竹製ロケット花火「高昇(gaosheng)」をとばします。竹でつくった発射台に高昇を立てかけ、おとうさんが梯子をのぼっていって導火線に火を点けるというミッションは、見ているこどもにしてみればかなりのスリル。





第1期から一貫して、めっぽうクールなかんじで通してきた康康のモードがここでがらりと変わります。はじめのうちこそおとうさんに「でかいのをとばしてよ」とか言っていたくせに、いざおとうさんが他のひとよりもはるかにでかい高昇を選ぶとにわかに血相変えて「危険だ!」と止めにかかる。






憎まれ口を叩き皮肉にまぎらせながらもしんそこおとうさんを愛し、支持し、その身を案じている康康。
発射が成功すれば大声で賛辞をおくり、男らしくかっこいいおとうさんへのリスペクトをあらわにする康康。
父である胡軍さんは勿論、康康のもつそうした豊かな感情というものをちゃんと見抜いているわけです。
ほかのおとうさんもこどもらもみなそれぞれに佳いのですが、わけても胡軍さんと康康の描く景色は毎回なにかと見応えがあります。すでに7月31日放映の第4期も観てしまいました。密林のなかで父と離ればなれになってしまった康康の、「クール」をかなぐり捨てた、無様なほどになりふりかまわぬ豹変ぶりが、やはり最大の見どころでした。
たくさん泣いて大きくなること。
それこそが「こども」という仕事。
だれかの惜しみない愛情が、その仕事を完遂するための大きな助けとなることは、きっと間違いが無かろうとおもうのです。


| 09:57 | 爸爸去哪儿第三季。 | comments(4) | - |
《爸爸去哪儿3》第2期20150717。
朝も早よから「軒軒弟弟〜!!」という4歳児離れした林大竣の渋い塩辛声で幕を開ける陝西省楡林市二日目。
やっと感想文を書きました。







《听爸爸的话》第二期:刘烨解放天性疯狂接词 胡皓康专业坑爹语出惊人
爸爸去哪儿第三季之听爸爸的话:精彩片段


3fbd8514jw1eu9hcel2vyj21kw2db1dl.jpg3fbd8514jw1eu905u7xlxj21kw2dbk4i.jpg3fbd8514jw1eu9lp1fy41j21kw2dbwtj.jpg3fbd8514jw1eu9bae5c07j21kw2db7h4.jpg3fbd8514jw1eu96381o47j21kw2dbqp5.jpg


三々五々集まったおとうさんたちに下されたのは「劈叉」で朝めしをゲットせよという指令。

劈叉(picha)
(床運動・武術・軽業などで)両足を左右・前後一直線に広げて床に座るわざ。

(中日辞典)

太極拳でもおなじみの劈叉ですが、体が硬い私は当然まったくできません。
片足を動かさずに片足を伸ばし、ジュースのボトルを倒せば近い順にスープ、はるさめ、上にのっける具のお肉をもらえるというしくみです。あかるいどや顔で圧腿(yatui)を始める劉さんです。





そういえば『硬漢』の撮影のときにもきみは圧腿をやっていたっけねその顛末→
おれはアクションだってできるんだぜというアピールでしょうか。「預備、開始〜!!」という大竣の塩辛声を合図にいの一番に挑戦し、これみよがしに長い足を活用してみごとスープをゲット。でもお肉を取ろうとして失敗。協議の結果、距離を縮めることになり、肉半分あげるかわりに胡軍さんに足を支えてもらってみごと成功。喜びのあまり抱きつく相手は林老師じゃなく胡軍師兄なのではないでしょうか。





劉さんの次にやって失敗した胡軍さんが康康にきびしく駄目を出されてストレッチの指導をされたり、大竣と康康の区別がまったくついておらず平然と名前を呼びまちがえながらも微塵も悪びれぬ天使笑顔の諾一だったり、いろいろありましたが皆さんどうにか朝食にありつきました。
ごはんのあとは、その夜に行われる村のお年寄り(かつての革命英雄)の結婚式のために、各父子にミッションが申し渡されます。

●林老師父子+クリスさん父子=村のこどもらのなかから演員を選び、結婚式の余興の抗日劇を創作・上演すること。
●鄒市明さん父子=ご当地子洲名物のお菓子・馃馅(guoxian)の振り売りでお金を稼ぎ、お嫁さんの婚礼衣装(ならびに夏天姐姐のドレス)を買ってくること。
●劉さん父子=じゃがいも1個を冷蔵庫1台と交換し、新郎新婦への贈りものにすること。
●胡軍さん父子=とうもろこし1本を液晶テレビ1台と交換し、新郎新婦への贈りものにすること。


胡軍さん父子、劉さん父子、鄒市明さん父子は地元のひとっぽい服装に着替えて出発することに。
ここで先日の「水管工と農民工」につながるわけなんですね。





まっとうな商いをしてお金をもらう鄒市明さんはともかくも、いくら中国で絶大な人気を誇るスター様とはいえ、じゃがいもととうもろこしを電器屋さんに持ってって冷蔵庫と液晶テレビ下さいと言ったところで「馬鹿なんですか?」で終わりです。

むかしむかし、ある若者が、お寺で観音様にお願いをしました。
「どうか、お金持ちになれますように」
 すると、観音様が言いました。
「ここを出て、始めにつかんだ物が、お前を金持ちにしてくれるだろう」
 喜んだ若者は、お寺を出た途端、石につまずいてスッテンと転びました。
 そしてそのひょうしに、一本のわらしべをつかみました。

「福娘童話集 きょうの日本昔話」より)

と、いうことなわけですね。第1期冒頭で諾一が観音様観音様言っていたのはわらしべ長者への伏線だったのですね。ま、そんなことはありませんね。


【胡軍さん】
じまんのバリトンヴォイスで実演販売の呼び込みを手伝って、お礼に洗剤をもらう。→もらった洗剤ととうもろこしを宝飾店で合成ダイヤモンドの指輪に交換してもらう。→たまたま入った電器屋のおかみさんが胡軍さんのファンだったおかげで液晶テレビと指輪を交換してもらえた!

【劉さん】
店員さんに媚を売ってじゃがいもを帆船の模型に交換してもらう。諾一がかわいらしいのでキャンディもせしめた。→店員さんに色目を使って帆船をお金に換える。→そのお金で80元のスキットルを買う。→諾一がかわいらしいので商店のおじいさんが憐れにおもってコーラをめぐんでくれた。→仏様のように慈悲深い電器屋さんにめぐりあい、媚を売ったり色目を使ったりしなくてもスキットルと冷蔵庫を交換してもらえた!

あにきイェ〜イ!!!






師兄師弟よろこびのハイタッチ。

わらしべ中にちょっと気になったのは、劉さんが諾一に昼ごはんを食べさせてなかったんじゃないかということです。胡軍さんは頭を使って康康にごはんを食べさせていたけれど(プライドの高い康康が、じつはおとうさんを気遣って「腹なんか、減ってねえやい!」[意訳]と言い捨てるのがこれまたカッコイイ)、劉さん父子にはそういう場面が無かった。諾一はもらった飴とか商店のおじいさんがめぐんでくれたコーラぐらいしか腹に入れていないんじゃないか。鄒市明さんとこのぽっちゃり巻き毛のくいしんぼう万歳・軒軒だったらばそんな苦行は1ミリとて耐えられない。地べたにひっくりかえって盛大に泣きわめいているところですが、諾一はどうも文句ひとついわない。道端で、埃をかぶったぬるいコーラをおとうさんにあけてもらってうれしそうにこくこく飲むさまがなんだか酷くいじらしくって、観ていてなみだがでましたよ。そんな苦労もいろいろあったけど、無事ミッションを達成し、帰途に就く車中でラブラブな父子ズ。
















第2期ともなりますと、胡軍さん劉さん以外のおとうさんの個性もくっきりしてきておもしろいものです。
一年じゅう仕事ばかりで息子に接する時間がほとんど無いと言っていた林老師(涙もろい)は、きまじめに大竣の世話を焼き、きちんと躾をしようとがんばりすぎて大竣に反抗されてショックを受けたりしていますし。最初はどうなることかと思った結婚式の余興も、本番で人形を使ってお客さんの心をつかんでしまうクリスさんさすがだなという気がしましたし。そして意外というべきか、5人のおとうさんのなかで唯一芸能人じゃない鄒市明さんの佇まいがなにかもうすばらしく素敵。こちらの映像で鄒市明さんのプロモートをしているトップランク社CEOボブ・アラムさんが彼を評して、

He is a people person.
He is very very polite.
He is a gentleman, and he is a true sportsman.


と言っていますがほんとにそうなんだろうと思います。謝霆鋒さんをぼこぼこにして放置しましたみたいな風貌で(すみません)、めっちゃ身体能力高いのに劉さんみたいにバカ目立ちもせず、すみっこのほうで静かににこにこしているかんじがとても佳い。二六時中おなかをすかせてぐずったりわがままを言ったり盗み食いをしたり泣きだしたりするせがれ軒軒を、けっして声を荒らげて叱ったりせず、といって無闇に甘やかしもせず、息子が自然に機嫌を直して正しい行動をとれるよう、さりげなく導いている。錚々たるキャリアのすごいひとなんです。北京五輪・ロンドン五輪の金メダリストなんです。そのひとが陝西省楡林市子洲県の埃っぽい街道を、お菓子の入った籠をさげた天秤棒を担いで、売り声をあげながら飄々と往く。かっこいいったら無い。余談ですが嫁もちょっと貫地谷しほり似の美人だ。

そして勿論、かっこいいったら無いといえば胡軍さんにきまっています。

胡軍さんにしろ康康にしろお互いを気遣いあっているかんじを無器用に滲ませている父子で、とくに胡軍さんにしてみれば、初めていっしょに旅をする息子の旅先でのおとなびた振る舞いが意外でもあり嬉しくもあり、そして不憫におもってもいるのでしょう。夜、寝床のなかで息子に訥々と、諄々と愛を吐露する胡軍さん。第1期の感想文で「6歳の息子の6歳なりの面子をぜったいに潰さないように、ひとりの男として対応する」と書きましたけどまさにそのとおりのことを仰っていました。







人前で全面的におとうさんにデレたりはぜったいにしないけど、誰よりもおとうさんをかっこいいと思い、そっけないふうだけれどもおとうさんの言葉をきちんと受けとめているかんじの康康もとてもよい。
たとえばステージに立って聴衆を幻惑するのが仕事のロックスターなんかは所帯じみたところはぜったいに見せないでほしい、という方が多いと思うんですけど、このプログラムを観る限りは、
「このひとは、こんなにもかっこよいひとだったのか!」
と愕然とし腰抜かす勢いで惚れなおす、ということが毎週起きます。きっとこの先も起きるでしょう。とても楽しみです。






去る7月18日午後、今回のロケ地となった子洲において最大直径1センチの雹を伴う突発的な大雨が降りました。1時間40分で114ミリという雨量は洪水を引き起こし、25歳の女性の看護師さんが流されて亡くなりました。
子洲ロケの模様をお写真で伝えてくれた@子洲馃餡さんが、その瞬間の凄まじい映像を微博にあげていました。おとうさんたちもコメントを寄せています。


希望子洲平安度过(林永健)

人生无常,子洲平安!(胡軍)

This video is so sad. Please don't show it to your kids if they are too young. It will give them nightmares. Bless the souls of those washed away and their family who love them. (夏克立)

拍摄期间,我们父子在子洲受过当地民风的厚待,如今子洲面临着灾难,我有义务尽我所能。在此也呼吁朋友们,一起为子洲祈福,伸出双手帮助需要我们的老乡们!(鄒市明)



お悔やみ申し上げます。
| 11:57 | 爸爸去哪儿第三季。 | comments(5) | - |
《爸爸去哪儿3》第1期20150710。
【やっと感想文書きました。】


仕事をしてお風呂に入って芒果TVに上がったやつを午前1時(中国時間零時)から視聴していたもんであまり寝ていません。
これから10月まで全16回、金曜夜はこれがつづくのか。いやでもたいへんおもしろかったです。
YouTubeにも上がっております。御用とお急ぎで無い方はぜひごらんください。



こんなページもできていた。

メイキングもありました。




なにしろ胡軍さんとこの康康が齢6歳にしておとうさん譲りの男気炸裂で、ものすげえいい味を出していました。あと鄒市明さんとこの巻き毛ぼっちゃん軒軒(xuanxuan)。ぽっちゃり体型でくいしんぼう、ちょっとドジで泣き虫という、期待を裏切らぬ仕上がりがすばらしいです。


第三季出演のおとうさん(爸爸)とこどもさん(萌娃)は以下のとおり。

●胡軍(47)+胡皓康(6)
●林永健(45)+林大竣(4)
●夏克立(Christopher Downs)(43)+夏天(Poppy)(5)
●劉(37)+劉諾一(4)
●鄒市明(34)+雛明軒(4)


最年長が康康、次が夏天、そのひとつ下が諾一と大竣、最年少が軒軒というチームです。


胡皓康
e0f855c3gw1etyxi08dj8j21kw35anbz.jpg

2008年11月11日生まれ 蠍座 5 EX Std4 ライオン
力になってくれる爸爸:劉



夏天(Poppy)
e0f855c3gw1etyxi3vccmj21kw35a7iw.jpg

2009年12月2日生まれ 射手座 7 CX s-s5 ゾウ



林大竣
e0f855c3gw1etyxi1hsqxj21kw35ani6.jpg

2010年8月25日生まれ 乙女座 9 Std6 黒ひょう



劉諾一
e0f855c3gw1etyxi2uuypj21kw35aaw8.jpg

2010年10月10日生まれ 天秤座 5 CX Std2 狼
力になってくれる爸爸:胡軍、鄒市明/力になってくれる小朋友:夏天



鄒明軒
e0f855c3gw1etyxi53kmpj21kw35adx4.jpg

2011年6月27日生まれ 蟹座 1 Std6 黒ひょう
力になってくれる爸爸:林永健/力になってくれる小朋友:劉諾一


「力になってくれる人」というのは『誕生日大全』(主婦の友社)を参考にしております。こうしてみると『爸爸3』チームにおいて3名を擁する劉諾一が最強。
康康にとっては劉さんが、諾一にとっては胡軍さんが、それぞれ力になってくれるというのもなかなか数奇な運命です。太陽グループのライオンに対してはペガサス(=劉さん)、地球グループの狼に対しては狼(=胡軍さん)と、それぞれ同じグループに属しているというあたりも。
ちなみにわたくし9月5日生まれと康康11月11日生まれは「ソウルメイト(魂の伴侶)」の関係なんだそうです。乙女座と蠍座は敵に回したくない二大星座らしいのでソウルメイトの私と康康が手を組めば世にもおそろしい復讐劇がくりひろげられるという寸法だ。だれになんのために復讐するのかはわかりませんが。


とはいえ放映を観るまでは康康のことがよくつかめていませんで。
失礼だけどあんまり頭良くないのかも知れない、とか。
おとうさんが四十過ぎてからの子だから甘甘で、我が儘放題に育てられたのかも知れない、とか。
他人の感情を慮らないところがあったりするのかも、とか。
ちょっとネガティヴなことも考えたりしました。
のっけから空港構内をキャリーケースで暴走、発布会で登壇しても愛想無し、本編開巻そうそう大あくびで首筋をぼりぼり掻き、便器の下で眠りこける。
内弁慶で他人に馴染もうとしない、他人のやることは鼻で嗤って冷ややかに高みの見物、みたいな子なのかなとも思っていました。
そうじゃないということが第1集を観てよくわかりました。7月13日の『あまちゃん』再放送で、国民総選挙で40位以内に入れずに解雇されるメンバーがGMTからひとりでも出たら俺も一緒に会社辞めるよ、と言い放ったミズタクこと水口琢磨について、

無表情でわかりづれえげど、そこそこアツい人なんだ。

と、天野アキが心の裡でつぶやくのですが。
視聴後、康康に対して抱いた私の気持ちが正しくこれです。


自分の荷物は自分できちんとパッキングする。
おやつとおもちゃ没収の場面では、実の父が漬け物を隠し持って知らぬ顔でいることを村長に密告しに行く。
宿舎である窑洞に着いたとたん、ひとりでとっとと散歩に出掛ける。
ゲームで怪我をしたひとを見るや、すかさず家から持ってきた救急セットをとりだし絆創膏を分けてまわる。
誰も頼んでいないのに、そのへんに散らかったものを片づける。
夕食の食材を集めに村に行けば、山羊をかまったりおうたをうたったりするだけでほとんどなんの役にも立たない諾一のぶんまで、村のひとに辞を卑くしてお願いし(その声がおとうさん以上に低い)、小麦粉と卵をもらってやる。


e0f855c3gw1eu05is6x5zj21kw2dbtnp.jpg



ものすごくしっかりした、いい子なのです。

でも、6歳にしては分別のありすぎる彼の行動は、人によってはこまっしゃくれた小面憎いものと映るかも知れません。所謂「子ども」として見れば、彼はあんまりかわいくないからです。

ちょっとのことで泣く。
甘いもので釣ればすぐさま機嫌を直す。
ところかまわずでかい声をだす。
傍若無人にはしゃぐ。
腹がすいたといってぐずる。
隙あらば盗み食い。

このチームでいうなら諾一や軒軒みたいなやつが、一部の大人が「まあ、かわいらしいこと」と眼を細める子ども像、なのかも知れません。事実、彼らはたいそうかわいらしいです。
図らずも康康のありようは、そうしたステロタイプに囚われた大人そのものを冷笑しているようでもあります。感情の起伏が見た目にわかりやすくはないけれども、すごくいろんなことを考えていて、感受性豊かで、いろんなことを自分だけの視点でひっそりおもしろがっていて、とても頭がいい。そしてたいへんに誇り高い。
椅子獲りゲームの決勝で負けて、くやしくておもわずおとうさんに抱きついても、あくまで目にごみが入って涙がとまらないんだ、という体を貫きます。胡軍さんも語っている「面子」ということ、プライドと言い換えても良いのかも知れませんが、6歳にしてそういうものをしっかり持っている子なのです。それをきちんと尊重し、6歳の息子の6歳なりの面子をぜったいに潰さないように、ひとりの男として対応する胡軍さんの懐の深さ、あったかさがじつに素敵です。


005GErLbjw1etxkn7o5uhj30990dwdgr.jpg



この番組は子どもがメインではありますが、非日常に叩きこまれた子どもの言動を通して、その背後にいる(彼らを育てた)父親の人となりを映しだす、ということがやはり眼目なのですね。
そういう意味では劉さんと諾一父子もまた、このこいぬにしてこのこいぬ。


7186f99ajw1etv737rly8j20go0p0gnp.jpg



あらためて言う迄も無いような気もしますが劉さんはなにかどこか変です。
康康とは違う意味で感受性豊かでいろんなことを考えているのだ、とは思いますが。
自分ではわかっていないが他人にはよくわかるその「変さ」が、「狂っている」といわれるEXチームならではか、という気もしますが(他人事じゃ無い
ちょっと前に微博で「四爸爸和六萌娃」みたいなことをいわれていましたがほんとにそのとおりで、劉さんの立ち位置がやはりどうみても「おとうさん」から「子ども」のほうにはみでている。
視線の高さが子どもと同じところにあるかんじ。
大人が腰を屈めて子どもに合わせてるってんじゃ無く、そもそも最初から子どもと同じなかんじ。
出発前に閉じ込められた部屋から脱出するのに、胡軍さんとこみたいに頭を使わず、苛立ちにまかせて馬鹿力を出してドアを蹴りとばし錠前をこわす。
到着後のおひるごはんどき、こねた小麦粉を麺状にプレスしてお湯に落とすしくみの木製の機械に嬉々としてとびつき、うっかり馬鹿力を出して機械をこわす。
泊まる窑洞をあらわす5つのシンボルを選ぶときにはしたり顔でやらでもの深読みをしたあげく、まんまとすべる。
「諾一好きなのを選びなさい。パパ見てないから」と手で目を塞いで背を向けたとたん足元にあったキャリーケースにけつまずく。
それを見ていた胡軍さんにバリトンヴォイスでたからかに笑われる。
かわいいといえばかわいいですが、
「馬鹿なんですか?」
と、いう気もしたりしてごめん。

最初のロケが始まったあたりではかっちんこっちん、ぎっくしゃっくでちょっとよそよそしいかんじもした胡軍さんと劉さんですけれど、出発前に逢ったときにはいきなりはぐをかましたりしていた。林永健さんとは握手で済ましたくせに胡軍さんの顔をみるなりぎうっと抱きつく劉さんに、天安門事件の夜とか空港での再会後の夜とか、思い出の夜方面がなにかとよぎりました。























そんな劉さんのせがれ、劉諾一。
おとうさんゆずりでやはりなにかとテンションがおかしいことになっていました。


e0f855c3gw1eu09o8vxhrj21kw2dbk7s.jpg



「あいくるしい」を絵に描いたような小王子ビジュアルと天然可憐な言動。極楽とんぼで八方美人の天秤座だけあってめったやたらとフレンドリーでいっちょかみ、初対面の小朋友ともとりあえずまんべん無くなかよくなってしまいます。「あいくるしい」己の存在が100パーセント受け入れられることに微塵も疑いをもっていないようすですが、だからこそ、
「ぼくは康康哥哥となかよしだもん! 手をつなごうねっ!」
と、よもや拒否される筈など100パーセント無い!とばかりにさしのべた手を康康に無情に振り払われたことは些かショックだったみたいです。
しかしなんど袖にされても冷たくあしらわれてもまったく懲りず、「康康哥哥〜!」と天使笑顔全開でべたべたまとわりつきまくる諾一。康康哥哥のことが好きすぎるあまり半ケツで背後から抱きついて勢いあまってちょっと変な顔になってしまいましたの巻。


e0f855c3gw1eu2ltxrbdnj21kw2dbwvd.jpg
e0f855c3gw1eu2ltz0jf3j21kw2dbasy.jpg
e0f855c3gw1eu2lu0dvfnj21kw2dbtqq.jpg



とんだボーイズラブでした。かつて陳捍東だったひとと藍宇だったひとのぎこちない邂逅が本番組のみどころですが、そのせがれたちが早くもこんな素敵な事態にねえ、と随喜のなみだを禁じえません。そんなふたりのむこうで抜け駆けしてあこがれの夏天姐姐に抱きつく林大竣。こいつもどうやら康康哥哥に男惚れしているらしく、でも諾一とちがうのは折々に手下感,下っ引き感が垣間見える点です。康康が平次親分なら大竣は八五郎。鼻をこすって「がってんだ!」といわせてみたい逸材です。第1集では飄々とコメディリリーフをもって任じているがごとき八五郎もとい大竣も、ドジでくいしんぼうの軒軒も、美人でしっかりものの魔法少女夏天も、そしてもちろん康康も諾一も、彼らの爸爸たちも、旅が進むにつれてさまざまな葛藤に翻弄され、さまざまな感情の嵐をかいくぐっていくことになるのでしょう。第2集は早くも今週金曜日放映。なんか先週からずっと眠い。10月まできっとずっと眠い。


《听爸爸的话》第二期预告:诺一化身眼镜控 刘烨抽风形象全无
爸爸去哪儿第三季之听爸爸的话:精彩片段
爸爸去哪儿第三季之听爸爸的话:老爸们的第一次吐槽大会
| 09:58 | 爸爸去哪儿第三季。 | comments(11) | - |
隔ててまたや吾が恋ひ居らむ。
石井ゆかりちゃんの「筋トレ週報」2015年7月6日から7月12日の空模様によれば。

【魚座】
一見して全然愛ではないようなものが、今は、満腔の愛なのではないかと思うのです。
そんなことをやる必要が無いのに、なぜか自分からやっている
ということが愛なのだろうと思うのです。

【牡羊座】
本当に守るべきものを守れているか。
守っているつもりなのに、実は指の間から漏れてしまっているようなものはないか。
貴方の力で守られているものが、貴方に対し、ふと、嬉しいフィードバックをくれるような場面もあるかもしれません。




7月8日。
福建省厦門市において、『爸爸去哪儿』第三季新聞発布会が敢行されました。
そのもよう。→《爸爸去哪儿》第三季新闻发布会


ざっと観てみました。ロケに続いてこちらも欠席の劉さんがおくるビデオメッセージはみどころですが、基本的に聞き分けの無い餓鬼どもが傍若無人にあばれつくす60分です。そもそも「子ども」というものがあまり好きで無い私が、聞き分けの無いあばれものの餓鬼どもなぞどうして好きになれましょう。いつ胡軍さんが劉公子をぶち殺すまえの閻孝国のような鬼の貌で劉諾一(どうみてもこいつが村一番のくそ餓鬼でした。保護者不在で大人のなかに叩き込まれ、いろいろな感情がぐるぐるしたあげくテンションがおかしくなっていたのかも知れません)をつかまえて2、3発張り手をくらわして黙らしてくださるのか、とわくわくするだけはしてみたのですがそこはやさしい胡軍さんのこと。
「このくそ餓鬼めらが!!」
とはらわた煮えくりかえっていたとしても、終始ジェントルなアティテュードを貫いておられました。

発布会と前後して、預告とか海報とか、いくつか記事もでています。

《爸爸去哪儿3》第一期首波预告片
《爸爸去哪儿3》第一期预告片2


e0f855c3gw1etvgfgmo7fj21kw28g4lr.jpge0f855c3gw1etwc2jll0ij21kw28gnid.jpg
e0f855c3gw1etvdgk99mkj21kw3fthdt.jpge0f855c3gw1etvdgdf49vj21kw3fte81.jpg

胡军谈刘烨:这么多年感情没变 还以师兄弟相称
《爸爸3》胡军谈蓝宇CP:和刘烨没特殊情愫


「《蓝宇》给了我和刘烨很多的东西,友谊这么多年都没有变,他同样叫我师哥,我还是叫他师弟。」

「我们之间没有大家想的那种特殊情愫,都是很深厚的友谊,太太也不会介意,大家都很熟悉。」



なんてことをおっしゃっています。
ええ勿論そんなことは疾うに承知しています。
そうおっしゃるいっぽうで、発布会の前日に微博を騒がせた事件もあったりしました。


4年前のきょうは、『藍宇』のことを考えながら、七夕に言寄せて、劉さんが父を演じたこの映画について書いていました
中国の七夕節は旧暦七月、つまりいまの八月にお祝いされます。2年前にはこんなことも書いていた

そういえば。などと今更乍ら気づいているのでしたが。
そういえばおとといは、七夕でした。
日本での七夕は陽暦なので梅雨まっただなか。雨空に天の川の出ようも無いし、翼が濡れるので鵲どもも橋など渡すまい。牽牛織女の逢瀬も叶わぬそんな夜に、『爸爸去哪儿3』第3回目の撮影で遂に逢うことのできなかったふたりは、微博でこんな会話を交わしています。


師兄1.jpg
師兄2.jpg

師弟1.jpg

師兄3.jpg

師弟2.jpg


ロケ現場で劉さんのふたりの子ども(諾一・霓娜)の面倒をみていたのであろう(ごはんを作ってあげたりお着替えをさせたりお風呂に入れたり同衾したりしていたのかもしれぬ)胡軍さんが、不在のおとうさんを気づかって「子どもらは大丈夫だから安心しろ。俺だけじゃない。そういうときはみんな同じようにするはずさ。俺たち家族みたいなもんじゃないか」(意訳)と言葉をかけ、それに対して劉さんが恐縮して謝罪と感謝をのべると「水くさいな」と笑いとばし、劉さんが「うん。」とか答える。

「うん。」
ですって。

字数はごくわずかだけれども、そこにこめられた、余人を以ては代え難いその想い。
窓外にそぼ降る無情な雨の如く、落涙しました。
万人のまえで行われるふたりの交情。
ならびに逢えない男の息子に対して公然となさるこのようなお振る舞いが邪悪な夢想の巣を紡ぐ材料として十二分に過ぎる、ということ。


4d387afajw1etvf11ftzcj20hs0d70ud.jpg4d387afajw1etvf12e45zj20hs0cxdhj.jpg4d387afajw1etvf11wlvoj20hs0dc0ue.jpg


おふたりはどこまで自覚されているのか。
いや。
そこに邪悪な夢想の巣を紡いでぴーすかきゃーすかするばかものどもなどもうどうだって良い。
劉さんは役者が仕事と、これまで何度かおっしゃっている。間の悪いことにふたつの仕事が重なってしまい、ひとつを捨てると決断せざるをえなかったことについては、プロの仕事人として忸怩たる思いを抱いているだろう。
その思いを痛いほどわかるのは、同じくプロの役者として、過酷な現場で彼と相対し同じ時間を共有してきた胡軍さんだけである。
そう言ってしまったって良いとすら、私は思います。
私にはどうしたって永遠に手の届かぬ彼らのあいだの「そういうこと」。


逢はなくは日長きものを天の川
隔ててまたや
吾が恋ひ居らむ

──作者不詳 [万葉集10]



それが夢だし、それが憧憬なのです。
その夢をその憧憬を、つかのまあらわれて消える虹のように、幻出させてくれる。

『藍宇』という映画、陳捍東と藍宇という恋人たちに幻惑されたすべてのひとにとってその「刹那」がいまだ終わっていない、というあられも無い事実。
こたびの『爸爸去哪儿3』騒動を経てかみしめてみるきのうきょう。

| 21:00 | 爸爸去哪儿第三季。 | comments(4) | - |
大家一起唱吧!
『爸爸去哪儿3』の主題曲、本日リリースされました。
イントロで諾一と劉さんが、フランス語でなにやらふごふごしています。
以下のリンク先では音声に合わせてどのパートを誰が歌っているか(音吐朗々たるバリトンヴォイスの持ち主がどなたかはすぐにわかるとおもいます)、お名前と歌詞が表示されていますので(下図みたいに)、御用とお急ぎで無い皆さんはぜひ、いっしょに歌ってみてネ! 啦啦啦啦啦啦啦〜♪


《爸爸3》主题曲提前曝光 众星爸萌娃齐献唱
爸爸去哪儿第三季主題曲歌詞.jpg



第3回目の撮影は福建省漳州市、世界遺産・福建土楼のある村で行われています。
が、象山影視城で『大轰炸』撮影中の劉さんが、撮影の進行が遅れた関係で足止めされていて現地に来ることができないということで、今回は不参加の恐れもあるもよう(さっきメル・ギブソンと撮った写真を微博にあげていた)。
じゃあ諾一は独りぼっちなの……?と心配になってしまいましたが、抜かり無く胡軍さんが諾一のお世話を買って出てくれていました。


680a8f73jw1ett4khxnekj20hs0dcwh8.jpg4870114cjw1ett4te9bzqj20qo0eztbf.jpg655eee23gw1ett8suc94qj20zk0qodj3.jpg6ff51fefjw1ett5ovd3guj21kw1kw12b.jpgbf0518fagw1ettfi4mpcnj211x1kwakq.jpg127992645_14362279686801n.jpg127992645_14362279688631n.jpg127992645_14362279687361n.jpg



「おまえのせがれは俺のせがれさ!」
と、厚い胸板をどんと叩いて請け合ったのかどうなのか。
師弟のピンチにゃ師兄が男気見せてくれるにきまっているさ!とおもっていたらやっぱり見せてくれました。ありがとう胡軍さん。男の中の男です。
田んぼのまんなかでおしっこしたくなっちゃった諾一が、パンツを下げておしりを見せている恥ずかしいお写真なんかも容赦無く撮られてしまっていますが(かわいそう)、そんな緊急事態でも、しっこをする諾一が田んぼに落ちたりしないよう、傍らでそっと手をそえて、支えてあげる胡軍さん。

諾一よ。
早くおっきくなって『藍宇』を観るんだよ。
そしてきみが5歳のみぎり、福建省の田んぼでしっこをしたときにやさしく助けてくれたあのおじさんは、このかっこいい陳捍東と同じひとだったのだと知るが良い。
あの素敵なおじさんとおとうさんはぼくが生まれるまえにこんなことやあんなことをしていたのか!とかいろいろショックを受けるが良い。

頑是無い幼児相手にどす黒いことを考えはじめるときりがありませんが、湖南衛視のどす黒さにはわしなどまだまだ赤児のようなものでした、とこうべを垂れたくなるようなお写真がちょっとまえに投下されて全軍党蜂の巣をつついたような大騒ぎ。


655eee23gw1ett8s54bbgj20no0zkmyz.jpg655eee23gw1ett8s52wa4j20dw0kumyu.jpg7186f99agw1etu9xmnowyj20rs15otik.jpg


5月にこちらの記事からリンクした、
「死を賭して隠し撮りをしてまいりましたッ!」
と、誰も頼んでいないのにあげてくださったあの映像
これ観る限りじゃおふたりがなにをやってるんだかいまひとつ謎でしたが、
「ふたりがペアになり、手を使わないで相手にずぼんを穿かせる」
というゲームだったことが判明しました。
かちんこちん、ぎっくしゃっくなきまずい空気が漂う第1回目の撮影で、めんどくせえからとっととくっつけちゃえよそこのおとうさんカップルをよぉ!と関係各位がどす黒く企んだものとおもわれますが、ある意味あのー、關錦鵬が『藍宇』の撮影を最初の夜の濡れ場という最大のハードル越えからスタートしたというのとなにがしか相通ずるものがあるような無いような、そんな気もしたりしなかったり。

| 22:30 | 爸爸去哪儿第三季。 | comments(8) | - |
課前預習。
2009年のきょう、7月5日。
北京地壇公園内にて劉さんアナイスさんの婚礼が執り行われました。
5月に『藍宇』で劉さんを知り、その出演作品を追っかけまくっていたその渦中の出来事でした。ラブなロックスターさんや演員さんが未婚か既婚か、ということはほかの方はいざ知らず自分にとってはそれほどの重大事では無いです。まして当時は、劉さんがはたして自分にとってラブな演員さんなのか、未だ判然としていませんでしたし。ただ、

「結婚しちゃうんだ(女と)」

と思ったことは告白しておきます。

しょおがねえだろお。
こちとら『藍宇』観てひと月半しか経ってねえ身だったしよお。
『藍宇』撮影中の胡軍さんとのらぶいレジェンドとか読みかじってほかほかしてた時分だったしよお。

ええ勿論、劉さんが男性と結婚するとは思っていませんでしたよ。でも当時は劉さんといえば私にとって藍宇以外のなにものでも無く(当時はというかいまだに)、31歳の男性としてふつうに恋愛してふつうに結婚するという彼の現実との摺り合わせがうまくできていなかった。そういう錯誤を生んでしまうところも含めて「役者」であり「役者にほれる」醍醐味なんだ、と思っていますが。

ともあれ、結婚6周年おめでとうございます。
私が『藍宇』にいかれてこのブログを始め、いろいろ頭がおかしいかんじで(ていうかいまだに)過ごしてきたこの歳月と、劉さんが結婚して家庭を築いてきた歳月がぴたりと重なるあたりがこっそり嬉しいです。
6年のあいだにはかわいいこいぬが2ひきも生まれ、6年ののちに兄こいぬ劉諾一といっしょに『爸爸去哪儿3』に出演し、かつてらぶいレジェンドで名を馳せた男とふたたび出逢って旅をする──なんていうなりゆきは、6年前のきょうの劉さんは思ってもみなかったでしょう。私だって思ってもみなかった。人生いろいろだ。そんな『爸爸去哪儿3』ですが、7月8日(水)には福建省廈門市にて新聞発布会が挙行され。


e0f855c3gw1etlz1k3e2bj20p01huajm.jpg


金と時間が有り余ってりゃあ応募したかったです。
そして10日(金)にはいよいよ放映開始。事此処に及んで海報とか動画とかむらむらするお写真などが矢継ぎ早にいろいろとでています。



e0f855c3gw1etqyzir1cdj20m80xoh1k.jpge0f855c3gw1etqyz7eusaj20m80xoh09.jpg

e0f855c3gw1eto96yb9ewj21kw2dc7m1.jpg7186f99ajw1etpc8pzlg0j20jg0t6goz.jpg7186f99ajw1etpcy1w15sj20cy0jgmzd.jpg7186f99ajw1etqir237ctj20iq0s2wii.jpg681ab3edgw1etl0qqq4jbj20cy0jgdh2.jpg0069SNmrjw1etnf4tt3u7j31kw23utmq.jpg681ab3edgw1etl0qqwihtj20cy0jgq4p.jpg7012497bjw1etpo1o6y8mj20f00qojtj.jpg



《爸爸去哪儿》第三季宣传片终极篇

《爸爸去哪儿》幕后花絮刘烨父子篇:刘诺一古灵精怪上太空
共演ぱぱのひとりクリスさんのお嬢さん、紅一点の夏天(Poppy)ちゃんにチュウを無理強いせんとする諾一。趙薇さんとこのお嬢さんといい、かわいい女子があらわれればまるで見境が無いリトルビースト諾一。呉彦祖さんとこの姫との(ぱぱ同士がゆびきりできめた)婚約はもはや破談まつがい無し(ううう
だがそんな諾一のおとうさんにしてからがこの始末だ。

《爸爸去哪儿3》刘烨刘诺一陪你倒计时


「このでっかい男の子をどうやって愛すればよいのだろう……」と悩んだ相手がのちに鼻のあたまにお花をつけていかれた踊りをおどる男になるとは、『藍宇』撮影当時の胡軍さんとて思ってもみなかった(断定

《爸爸去哪儿》第三季首播倒计时5天 胡军版

●微博フォロワーさんがお福分けしてくださった胡軍さん移動中動画→
なにがあっても箱から降りようとしない、「移動は箱でフルスロットル」とのこだわりを貫くせがれ康康をバリトンヴォイスで窘めたり、アタマをチケットでぺしっとはたいたり、シャツの裾を直してあげたりするあたりがステキなんです!


先週金曜日にちょっとびっくりしたのが人民網日本語版のこの記事。
「パパ、どこ行くの?3」が間もなく放送開始 初回は陝西省の風習を体験
第1回目のロケ地が抗日戦争の拠点でした、という記述にはびみょうに萎えはするものの、あと劉さんが「イケメン俳優」で胡軍さんが「人気俳優」な件について些か疑問は残るものの、『爸爸去哪儿3』第1回視聴にあたってはわかりやすいまとめになっているかと思います。
現地に到着して間もない5組の親子はこの状況に圧倒されつつも、壮大な光景とお祭り騒ぎの賑やかな雰囲気に染まり、最終的には扭秧歌の隊列に加わり、一緒に踊り出す姿も見られた。

染まった結果が上の動画と、いうわけだ。湖南衛視方面が狙いすまして公式に投下したこのお写真を

7186f99ajw1eto4nbbutzj20jg0cy0va.jpg

わざわざトップにもってくるエディターさんだってまつがい無く軍党同志だ!
【追記】そして7月6日、ふたたび湖南影視方面から公式に投下された紅藍CP画像になでしこ惜敗の涙も瞬時に乾く現金なわし。

d3c6afbcjw1etssx488a7j20hs0pw0uu.jpg


事ほど左様に期待ばかりが無駄にたかまるきょうこのごろ。でもじつは『爸爸去哪儿』ってそもそもどんなことをする番組なのか、あんまりよくわかっていなかったりしました。なのでただいま第二季を視聴して予習をしているところですが、これが思いのほか、はまってしまいまして。

第二季出演のおとうさんとこどもさんは以下のとおり。( )内は撮影開始当初の満年齢。
●呉鎮宇(52)+Feynman(5)
●黄磊(42)+多多(8)
●陸毅(38)+貝児(5)
●楊威(34)+陽洋(4)
●曹格(34)+Joe(5)&Grace(3)

上から3名様が演員さん。楊威さんは体操選手、曹格さんは人気歌手というラインナップです。
ひとつのロケ地で撮影したものを2回に分けて放映していくという構成で、第1回は出発前のそれぞれのご家庭の早朝の風景から始まります。眠くてなかなかベッドから出られないこどもさんを叩き起こして仕度をさせ、出発です。
ロケ地に着くと、急峻な山道をよろよろ下って村に向かいます。それだけで早くもくたくたなおとうさんたちにさらにハードなゲームをやらせ、勝った順に泊まる場所をきめさせ、ごはんも自分たちでぜんぶつくらせます。食材集めも一筋縄ではゆかぬシステムになっています(蜜蜂を飼育している小屋のなかに食材を隠しておき、おとうさんたちに手近な材料で蜂除けの防護服を手作りさせ、取りにいかせるなど)。おとうさんどうしが力を合わせてひとつの仕事をやりとげる、みたいな場面も用意されています。
当然それ以前にこどもさんが一筋縄ではゆきません。わあわあ泣いたりぐずったりわがままを言ったりつまらぬことでけんかを始めたり身勝手な行動をとったりします。それを宥め、賺し、叱り、なぐさめ、力づけ、励まし、ぎうっと抱きしめてあげるおとうさん。
そんなおとうさんだって、おもわず涙をこぼしてしまう瞬間があったり。

そのあたりが見どころのようです。

こどもさんのなかでひときわいい味を出しているのが曹格さんとこのGraceちゃんです(実際、この番組がきっかけで人気爆発みたいです)。
いちばん下っ端のくせに周りのひとらに自分を「大姐姐」と呼ばせ、そう呼んでもらえないとめっちゃ機嫌が悪くなる。長いおかっぱあたまの、よくいえば市松人形ふつうにいえばふくれまんじゅうのようでまあとうてい美少女とはいえず、歌う歌といえばレリゴー一辺倒、ときどきリアルにそのへんのおっさんみたいな顔をするので「おっさん」と呼ぶことにしました。気に入らないことがあるとすぐ泣き、着いたそうそうおうちに帰るとわめき、最初はなんだこのくそ餓鬼、と思って観ているうちにだんだん「おっさんがんばれ!」と応援してしまっているわたしどうしちゃったの?みたいな。

こどもというものはあんまり得意では無いんだけれど、こうして見ていると急転直下で変化する彼らの情緒の不安定さが愛おしく思えてきたりもします。

『爸爸去哪儿』という番組に対しては、正直あんまり良い印象を持っていませんでした。胡軍さん劉さんが出演されなかったらこれを視聴してみようと思うことも無く、いわば食わず嫌いで、その印象は改まることが無かったでしょう。諸手を挙げて支持しますとはいえない内容ではあるけれども悪いもんじゃ無い。そんなかんじです。テーマソングもすっかり覚え、サビんとこにくるといっしょに合唱したりする。この私がそんなざまとは私だって思ってもみなかった。人生いろいろでございます。






そんな、パパと子の人生いろいろが愉しめる『爸爸去哪儿3』の視聴はこちらで。→芒香tv
YouTubeでも観られます。→中国湖南卫视官方频道 China HunanTV Official Channel
| 13:08 | 爸爸去哪儿第三季。 | comments(8) | - |
| 1/2 | >>