蛇果─hebiichigo─

是我有病。

| CALENDAR  ENTRY  COMMENT  CATEGORY
ARCHIVE  LINK  PROFILE  OTHERS  RECOMMEND
偶然遇見。──第19回東京フィルメックス『8人の女と1つの舞台』と關錦鵬





数秘術によると私の運命数は「11」だったり、11を単数にばらして足した「2」だったり、いろいろです。
「11月22日」は、その「11」と「2」がダブルで重なる特別な日でした。
無論、いまから顧みればそうだったという話で、2018年11月22日にはそんなことは考えちゃいません。

第19回東京フィルメックス。
關錦鵬13年ぶりの監督作品『8人の女と1つの舞台(原題:八個女人一台戲)』が特別招待作品として上映されるということで、これは行かぬわけにはゆくまいと、11月21日のチケットを購入していました。そしたら20日になってフィルメックスさんが「【来日ゲスト追加決定】スタンリー・クワン監督来日・Q&A決定のお知らせ」というやつをぶっこんできやがりました。

あとになって知りましたが、奇しくもこの「11月20日」というのは、2001年の第2回東京フィルメックスで『藍宇』が上映された日でもありました。

監督は、私が行く21日じゃなくて翌22日の上映後に登壇されるという。
その時点で一分一秒も忽せにできないスケジュールでした。しかし2009年このかた『藍宇』に人生を変えられた『藍宇』病者にとってリアル關錦鵬監督にお逢いできる機会以上に忽せにできぬものなどありはしない。22日のチケット(すでに客席前方の数席が僅かに残っているだけだった)を秒で押さえ、21日の鑑賞は申し訳無いけど見送ってそのぶんの時間を仕事に充て、当日もぎりぎりまで仕事をし、クライアント様から校閲案件を受け取った足で有楽町朝日ホールへ向かったのでした。

ロビーでサンドウィッチなんか食べてからエレベーターホールに出て父にいつもの安否確認の電話をし、電話を切ったところへ別のクライアント様から仕事依頼の電話がかかってきた。それで、エレベーターホールにそのまま残って話をしていました。するとロビーのほうから關錦鵬監督が、アテンダントと思しき女性を伴って歩いていらした。ちょ待ておい。まだ上映も始まってないよ。Q&Aさらにその先だよ。お目にかかる気構えがまったくできていなかったのでほんとうに魂消ました。私が「ほんとうに魂消ました」という顔まるだしでぽかんと口をあけてお顔を見つめていたので監督も、ははあこいつは自分を關錦鵬だと認識して吃驚して阿呆づらを晒しているのだなとおわかりくださったのでしょう、にこっと微笑んでくれました。

長いこと、關錦鵬という方はものすごく美意識が高くて狷介な方なんだろう、と勝手に思い込んでいました。だって彼が撮る映画がみなそうだからです。たとえば私が男で見た目が2000年頃の劉ならばともかく、男でもなけりゃ2000年頃の劉でもないし前述のように阿呆づらだから、つめたくあしらわれるだろうな、みたいなことを考えていた。
まさか、破顔してくださるとは。

そのあいだにも耳元では担当さんが仕事の話を進めています。てきとうに相槌を打ちながら(話はぜんぜん聞いていない)エレベーターを待つ關錦鵬監督の背中を見つめて「千載一遇」という四字熟語を奥歯で噛み締め、「あのすいませんちょっとあとでかけ直していいですか(ふるえ声)」と言い捨てて返事も待たずに電話を切り、監督に「エクスキューズミー」と声をかけました。ここに書くのも恥ずかしいような拙いことしか言えませんでしたが、目の前の阿呆づらをした女が『藍宇』を大好きだということはご理解いただけたと思います。穏やかにうんうんと頷かれ、では映画のあとでまた、みたいなかんじで、エレベーターに乗り込んで、去ってゆかれました。


その日、私は、日本版と香港版の『藍宇』DVDを帯同していました。





だれに対して、なにに対してなのかわからないけど、一種「けじめ」みたいなかんじでこいつらを連れてゆこうと思って、こいつらにも見届けてもらおうと思って、家を出るときかばんに入れたのです。あとほら映画祭なんかだとさ、終映後にゲストでいらした監督や出演者とお話してサインもらえたりする時間があるじゃないですか。そんな事態になったならばこれに──という、ちょっといやらしい皮算用をしていたのも事実です。

エレベーターホールでのこの邂逅において、私がものすごく押しが強くてつらの皮が厚い人間だったらば、すかさずそういうお願いをしていたかも知れません。でもそんなどあつかましい、分を弁えない真似なんかできやしなかった。見えない線がかっきりと引かれ、關錦鵬監督はその線の「向こう」の人だった。そこを越えてはならない。それはもう、はっきりとわかった。
關錦鵬監督とお話をする僥倖をめぐんでくれたのも、そこに見えない線を引いたのも、この日帯同した『藍宇』だったのだろうと思います。


『8人の女と1つの舞台』は監督:關錦鵬、脚本:魏紹恩、プロダクションデザイン:張淑平という鉄壁『藍宇』チームの手になる作品で、おしゃれで綺麗でクールで小粋で憂き世のあれこれを置き去りにして没入できる、でも観終われば憂き世のあれこれのほろ苦さも登場人物たちと分かち合える、そんな映画でした。
以下は上映後に關錦鵬監督が語った言葉です。Q&Aの一部はフィルメックス公式で動画も出ているし他に文字起こししてる方もいらしたので自分がやるまでも無いと考えていましたが、私なりにこれを文字化しておくことにもなにがしかの意味があろうと思い直し、ずいぶん時間は経ってしまったけれどここに記録を残します。個々の質問はざっくりまとめました。また、通訳さんが訳した言葉をもとに、意味が通るように整理しているため、広東語・普通話による監督の発言とは一言一句同じでは無いことをどうぞご了承ください。

続きを読む >>
| 17:18 | 藍迷。 | comments(2) | trackbacks(0) |
| 1/691 | >>