蛇果─hebiichigo─

是我有病。

| CALENDAR  ENTRY  COMMENT  CATEGORY
ARCHIVE  LINK  PROFILE  OTHERS  RECOMMEND
化不可極。深不可測也。──『藍宇』其の是拾悉
『藍宇』が香港で公開されてから2016年11月22日を以てまる15年が経過したということを冬至の記事に書きましたが、その15という周年の年を経て、『藍宇』殺青(クランクアップ)から16年が経ちました本日を以て。

彌栄。


藍宇16.jpg


中国の迷様が15周年のときにお作りになったこの海報にも、2001年2月10日午後3時に終わった旨が記されています。


下のほうに過去記事をリンクしていますが、2011年このかた、どうもこの2月10日あたりというものは、自分にとってドメスティックな方面でいろいろ変化のあるシーズンみたいです。私自身は家庭を持っているわけでもなんでも無いのですが、たとえば住処を移してみたり不治の病に罹ってみたり、なにがしか自分の生活そのものをシンミリと顧みる必要に迫られる。先月末に母が転倒骨折入院手術という憂き目に逢い、独居老人となった父の世話をするべく仕事を抱えて実家と横浜を行ったり来たりしているいまも正しくそういうシーズン。

それはもしかしたら『藍宇』がとってもドメスティックな物語だからかしら──なんて思ったりします。

私自身は家庭を持っているわけでも、家庭を持つ機会に恵まれたわけでもなんでも無いのですが、たぶん、とてもドメスティックに出来てんだろうなという気がします。
それは家事全般に於いて素晴らしく有能って意味じゃあ無いの。家のなかとか部屋のなかとかふとんのなかとかに居ることに向いてるということに於いてなの。家から一歩も出ないでやれる業態に憧れて、そういう業態のひとになるべく努力したというのも畢竟、そういうことだと思うの。
そんな人間が『藍宇』という、86分に封じ込められた美しい部屋に、この際室内劇と言ってしまいますがそんなような映画にいかれてしまうのは、それはもう自然の摂理じゃ無いですか。
閉じられた部屋をひとつの宇宙として精緻に彫琢する手業に長けた關錦鵬の仕事──『ルージュ/胭脂扣』にしろ『阮玲玉』にしろ『長恨歌』にしろ『画魂』にしろ──に無闇と惹かれてしまうのは、物語そのもの以前に其処に在るのが「部屋」だから。そうして其処から出たく無いひとだから私が。
退嬰ってもんかも知れません。でもまあべつに退嬰だっても良いじゃ無いですか。


ドメスティックな物語とはいっても、陳捍東と藍宇に同性婚をしていただいてハッピーなご家庭を築いていただきたいということでは無いし、「結婚」なんて形態は永遠に取っていただかなくても良くってよと思うのあのひとたちの場合。当人たちもそんなことしたかないだろう。未来とか展望とか。長寿とか繁栄とか。血脈を繋いでいくことだとか。そんなことしたいと思ってるひとたちじゃ無かったでしょうたぶん最初から。私が勝手に思うだけだけど。


陳捍東と藍宇を演じたおふたりは、『藍宇』という美しい部屋での仕事を終えて、扉を開けて出ていって、のちにしあわせなおとうさんになりました。
16年まえのきょう、『藍宇』が殺青を迎えたときにはまだこの世に居なかったひとたちも、いまじゃこんなになってます。


7012497bjw1f9p5pm66bqj20mg0zk77d.jpg7012497bjw1f9p5pmrzsnj20no0zkgoc.jpg

ba446b47gy1fc5eq0wo7dj20zk0qotl3.jpgba446b47gy1fcjaqvekyxj20qo0qoq9g.jpg


6歳になった諾一は、自分の名前が書けるようになったようですよ。




●2011年2月10日 地久天長。──『藍色宇宙/MAKING BLUE』
●2012年2月10日 後朝。──『藍宇』其の弐拾弐
●2013年2月10日 人人平安。──『藍宇』其の燦拾貳
●2014年2月10日 搬家。──『藍宇』其の燦拾勒
●2015年2月10日 切切偲偲。──『藍宇』其の是拾
●2016年2月10日 降冬的故事。──『藍宇』其の是拾翅


| 22:39 | 藍迷。 | comments(4) | - |
| 1/673 | >>